*

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

アメリカン・ハニー(2016)
AMERICAN HONEY(2016)


監督:アンドレア・アーノルド
出演:サシャ・レーン、
シャイア・ラブーフetc

評価:85点

アンドレア・アーノルドという監督をご存じだろうか?
日本では、「フィッシュ・タンク」ぐらいしか紹介されていないイギリス出身の女性監督です。日本でこそ無名に近いものの、彼女のキャリアは凄まじく、「Wasp」でアカデミー賞短編実写映画賞を受賞。また4本長編映画を製作しているのだが、そのうち3本はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している。今回紹介するのは、昨年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した「アメリカン・ハニー(AMERICAN HONEY)」。「ムーンライト」等で近年、注目されているA24製作ということもあり期待度MAXで観ました。

「アメリカン・ハニー」あらすじ

ネグレクトぎみな家庭で育つスターは、ある日スーパーで見かけたイケメンに一目惚れする。彼に導かれるように家出したスターは、彼の所属する雑誌の訪問販売集団と共にアメリカ横断の冒険へと出る…

友情・努力・勝利の傑作!

「フィッシュ・タンク」で、閉ざされた世界を描いたアンドレア・アーノルド監督は今回、開かれた世界を舞台に少女の成長を描く。予告編でも分かる通り、あまりにも美しい陽光と大地によるコントラスト、そしてそれを盛り上げるドープな音楽で観る者を魅了する。しかし、本作はそれだけではなく、「フィッシュ・タンク」からパワーアップした少女の熱き成長物語を2時間42分という長い時間を掛けて濃密に描き出している。

経済学に、「貧困から脱出する方法に『移動』がある」という理論があります。少女は、現在の凄惨な家庭を抜け出したい一心で家出をし、移動式雑誌訪問販売グループに同行する。彼女の最初の目的は「移動」なので、グループがチャラいながらも必死に雑誌を売っていることに興味を示さないし、嫌悪感を示す。そして、ボスとの予定に遅れたり、営業先で客と喧嘩をしてしまう。

そこからジャンプ漫画、いやワンピースのように熱い、友情・努力・勝利のドラマが展開する。ボスがスターに、「やる気あんの?」「アタイらは、マジでビジネスしてるの?わかる?MAKE THE MONEYなんだ!」と叱咤。現実をしったスターは、イケメン君や周りを観察し、コミュニケーション技術、営業スキルを磨いていく。雑誌なんかそう簡単に売れず、大変だが段々とスキルが上達していき、少女から垢抜けた女性へとスターは変貌していく。

熱い!ブンブンの魂をグァングァンと揺れ動かしてくる。

脚本も凄い!

また、本作は非常にユニークな脚本になっている。移動式雑誌訪問販売グループの営業シーンのテクニカルな話法はもちろん、何故少女は親に「スター」というあだ名を付けられたのかという細かいところまで面白い。ユーモアにもエッジが利いている。そして、グループが大切にしている音楽を使ったコミュニケーションにも痺れる。何故、未だに日本公開が決まらないかが分からない程凄まじい。

シン・シャカイジンのバイブル

何故、本作がブンブンの心を鷲掴みにしたのか?当然上記のような理由もあるが、なんといっても主人公であるスターが、社会人1年目のブンブンと重なるところがあるからだと思う。新しい組織に入るということは、その組織の文化に歩み寄ること。自分の感性では、「えっ!」と拒絶したくなる文化もあるかもしれない。それでも歩み寄って自分を成長させていかねばならない。だからこそ、主人公スターが成長していった軌跡、スターの後ろ姿に「カッコイイ!」と憧れを抱く。

これは映画館で観たかった!上記のように、本当に日本ではアンドレア・アーノルド監督は冷遇されているので、今のところ日本公開未定です。もしどうしても観たい方がいましたら、Amazon等で輸入することをオススメします。そこまで難しい会話は出てこないので、英語字幕を付ければ理解に苦しむことはないでしょう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【どいらじ】たんたんさんにステイサム映画「ブリッツ」をオススメされたので観てみた。

ブリッツ(2011) BLITZ(2011) 監督:エリオット・レスター 出演:ジェイソン

続きを読む

“Ç”夏休み中盤、旅に出たくなる映画5選!「イントゥ・ザ・ワイルド」等

夏休みこそ観たい ロードムービー 夏休みも中盤、皆さんいかが お過ごしでしょうか?

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑭】「男はつらいよ 寅次郎子守唄」労災勃発!イクメン爆誕!

男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 月亭八方、春川ます

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~衣装デザイン、メイキャップ&ヘアスタイリング賞~

衣裳デザイン賞 ・サンディ・パウエル「キャロル」 ・サンディ・パウエル「シンデレラ」 ・パ

続きを読む

【寅さんフルマラソン④】「新・男はつらいよ」小林俊一版!ハワイ事件勃発

新・男はつらいよ(1970) 監督:小林俊一 出演:渥美清,倍賞千恵子, 横内正, 財津

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「秘密 THE TOP SECRET」大友啓史、原作はBLのようですよ…

秘密 THE TOP SECRET(2016) 監督:大友啓史 出演:生田斗真、岡田将生、松

続きを読む

“Ç”あの山崎貴の会心の一撃作「ALWAYS 三丁目の夕日」

ALWAYS 三丁目の夕日 監督:山崎貴 出演:吉岡秀隆、堤真一、薬師丸ひろ子etc

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

“Ç”スナイパーは誕生日に…「シュナイダーVSバックス」東京国際映画祭最終回

シュナイダーVSバックス SCHNEIDER VS. BAX 監督:アレックス・ファン・ヴァ

続きを読む

アメリカン佐村河内事件「ビッグ・アイズ」ボローニャのシネコンCINEMA CAPITOLにて

CINEMA CAPITOLに潜入! イタリア、ボローニャのシネコン CINEMA CAPI

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【どいらじ】たんたんさんにステイサム映画「ブリッツ」をオススメされたので観てみた。

ブリッツ(2011) BLITZ(2011) 監督:エリオット

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表!1位は「バンコクナイツ」

チェ・ブンブン上半期ベストテン2017発表! 下半期も始まって1

【寅さんフルマラソン⑮】「男はつらいよ 寅次郎相合い傘」メロン事件勃発

男はつらいよ 寅次郎相合い傘(1975) 監督:山田洋次, 出

「おとなの恋の測り方」の元ネタ「Corazón de León」を観てみた!

Corazón de León 監督:Marcos Carnev

【最終回】#45社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~

社会人になって思ったこと~時間とお金の関係~ 4月から社会人として新

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑