*

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

アメリカン・ハニー(2016)
AMERICAN HONEY(2016)


監督:アンドレア・アーノルド
出演:サシャ・レーン、
シャイア・ラブーフetc

評価:85点

アンドレア・アーノルドという監督をご存じだろうか?
日本では、「フィッシュ・タンク」ぐらいしか紹介されていないイギリス出身の女性監督です。日本でこそ無名に近いものの、彼女のキャリアは凄まじく、「Wasp」でアカデミー賞短編実写映画賞を受賞。また4本長編映画を製作しているのだが、そのうち3本はカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している。今回紹介するのは、昨年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した「アメリカン・ハニー(AMERICAN HONEY)」。「ムーンライト」等で近年、注目されているA24製作ということもあり期待度MAXで観ました。

「アメリカン・ハニー」あらすじ

ネグレクトぎみな家庭で育つスターは、ある日スーパーで見かけたイケメンに一目惚れする。彼に導かれるように家出したスターは、彼の所属する雑誌の訪問販売集団と共にアメリカ横断の冒険へと出る…

友情・努力・勝利の傑作!

「フィッシュ・タンク」で、閉ざされた世界を描いたアンドレア・アーノルド監督は今回、開かれた世界を舞台に少女の成長を描く。予告編でも分かる通り、あまりにも美しい陽光と大地によるコントラスト、そしてそれを盛り上げるドープな音楽で観る者を魅了する。しかし、本作はそれだけではなく、「フィッシュ・タンク」からパワーアップした少女の熱き成長物語を2時間42分という長い時間を掛けて濃密に描き出している。

経済学に、「貧困から脱出する方法に『移動』がある」という理論があります。少女は、現在の凄惨な家庭を抜け出したい一心で家出をし、移動式雑誌訪問販売グループに同行する。彼女の最初の目的は「移動」なので、グループがチャラいながらも必死に雑誌を売っていることに興味を示さないし、嫌悪感を示す。そして、ボスとの予定に遅れたり、営業先で客と喧嘩をしてしまう。

そこからジャンプ漫画、いやワンピースのように熱い、友情・努力・勝利のドラマが展開する。ボスがスターに、「やる気あんの?」「アタイらは、マジでビジネスしてるの?わかる?MAKE THE MONEYなんだ!」と叱咤。現実をしったスターは、イケメン君や周りを観察し、コミュニケーション技術、営業スキルを磨いていく。雑誌なんかそう簡単に売れず、大変だが段々とスキルが上達していき、少女から垢抜けた女性へとスターは変貌していく。

熱い!ブンブンの魂をグァングァンと揺れ動かしてくる。

脚本も凄い!

また、本作は非常にユニークな脚本になっている。移動式雑誌訪問販売グループの営業シーンのテクニカルな話法はもちろん、何故少女は親に「スター」というあだ名を付けられたのかという細かいところまで面白い。ユーモアにもエッジが利いている。そして、グループが大切にしている音楽を使ったコミュニケーションにも痺れる。何故、未だに日本公開が決まらないかが分からない程凄まじい。

シン・シャカイジンのバイブル

何故、本作がブンブンの心を鷲掴みにしたのか?当然上記のような理由もあるが、なんといっても主人公であるスターが、社会人1年目のブンブンと重なるところがあるからだと思う。新しい組織に入るということは、その組織の文化に歩み寄ること。自分の感性では、「えっ!」と拒絶したくなる文化もあるかもしれない。それでも歩み寄って自分を成長させていかねばならない。だからこそ、主人公スターが成長していった軌跡、スターの後ろ姿に「カッコイイ!」と憧れを抱く。

これは映画館で観たかった!上記のように、本当に日本ではアンドレア・アーノルド監督は冷遇されているので、今のところ日本公開未定です。もしどうしても観たい方がいましたら、Amazon等で輸入することをオススメします。そこまで難しい会話は出てこないので、英語字幕を付ければ理解に苦しむことはないでしょう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”【Bunkamura ル・シネマ特集】「ふたりのベロニカ」赤と緑が美しい…

ふたりのベロニカ(1991) La Double Vie de Véronique(1991)

続きを読む

“Ç”第66回ベルリン国際映画祭(2016)コンペティション出品作品発表

第66回ベルリン国際映画祭 開催期間:2016/2/11~2016/2/21 コーエン兄

続きを読む

“Ç”「下町の太陽」日本映画監督協会劇場で山田洋次に訊く撮影秘話!

下町の太陽(1961) 監督:山田洋次 出演:倍賞千恵子、勝呂誉 評価:80点

続きを読む

「不安と魂/不安は魂を食い尽くす」ファスビンダー幻のカルト映画アテネフランセで観てきた

不安と魂/ 不安は魂を食い尽くす(1974) Angst essen Seele auf

続きを読む

“Ç”【閲覧注意】アイスランドのペニス博物館物語「最後の1本」

アイスランドのペニス博物館 ブンブン、この前アイスランドに 行ってきました! 世界には「失

続きを読む

“Ç”「シェル・コレクター」リリー・フランキーが盲目の貝収集家に!

シェル・コレクター(2016) THE SHELL COLLECTER(2016) 監督:坪田義

続きを読む

“Ç”マイルドヤンキー向けだがおもろい!「ガールズ・ステップ」

ガールズ・ステップ 監督:川村泰祐 出演:小野花梨、石井杏奈、上原実矩、遊馬萌弥etc

続きを読む

「ジョン・ウィック:チャプター2」公開記念!キアヌ・リーヴス暴れる前作ってどんな話?

ジョン・ウィック(2014) JOHN WICK(2014) 監督:チャド・スタエルスキー

続きを読む

“Ç”銀世界の誘拐事件「白い沈黙」日本10月公開

白い沈黙(THE CAPTIVE) 監督:アトム・エゴヤン 出演:ライアン・レイノルズ、

続きを読む

「レディー・チャタレー」カイエ・ドゥ・シネマ激推しの官能文芸映画

レディー・チャタレー(2006) LADY CHATTERLEY(2006) 監督:パスカル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『ラジオ・コバニ』シリア 半端ないって※アップリンクで上映中

ラジオ・コバニ(2016) RADIO KOBANI(2016)

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑