*

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

東京流れ者(1966)
TOKYO WANDERER(1966)


監督:鈴木清順
出演:渡哲也、
松原智恵子、川地民夫etc

評価:80点

先日、
アカデミー賞作品賞
大本命の「ラ・ラ・ランド」の試写会で
ダミアン・チャゼル監督が、
本作に影響を与えた作品として
鈴木清順監督の「東京流れ者」を
挙げていた。

ホンマかいな?
ということで、DVDを
買って早速観てみることにしました…

「東京流れ者」あらすじ

結婚しやくざを辞める
決意をした哲也だったが、
手形延期を巡って、
組織の抗争に巻き込まれるのだった…

日本のオマージュ技術の高さ

冒頭でも語ったとおり、
なんとダミアン・チャゼル監督が、
「ラ・ラ・ランド」に
影響与えた作品に鈴木清順の
「東京流れ者」を挙げていたので
観たのだが、これが確かに納得なのだ。

どこが?については
実際に観て比較してほしいのだが、
今回確信に変わったことは、
日本の方が1950年代
ハリウッドミュージカル

引用が上手かったりする。

本作に限らず、
クレイジーキャッツ作品や
「君も出世ができる」
など
ハリボテでカラフルな世界に、
頭を空っぽにして楽しめる娯楽を
今観ても古びない斬新さで描いている点、
下手にノスタルジー路線の
「ワン・フロム・ザ・ハート」や
ニューヨーク・ニューヨーク
より上手である。

鈴木清順の美的センス炸裂

「東京流れ者」に関しては、
銃の撃ち方こそ
テキトーデタラメなのに、
ここまでクールで引き込まれて、
何よりもハリウッド
アクションさながらの
高揚感を得られるのが凄い!
しかも、雪の線路や
ハリボテのホールと
いったありえない場所での戦闘は、
ハリウッドも真似できまい。
日本の誇れるアクションと言えよう。

例えば雪の線路での決闘シーン。
雪の平原を渡哲也と敵が歩くのだが、
何故かそこに似つかわしくない程、
「酒」と書かれた赤提灯が
掛かっている。
そして、二人が雪の平原を
歩いて行き、線路にたどり着く。
そして列車が迫っていく中
二人が銃を撃ち合う。
あまりにどうかしている。

ストーリーはあってないようなものだが、
ダミアン・チャゼルが
惚れるの納得な作品でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”非意識高い系向け英語リスニング教材「TED2」

テッド2(TED2) 監督:セス・マクファーレン 出演:セス・マクファーレン、マーク・ウ

続きを読む

“Ç”最低映画の祭典第36回ラジー賞受賞結果速報

第36回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

“Ç”「ディーパンの闘い」カンヌでパルムドールを獲った移民ドラマ

ディーパンの闘い(2015) DHEEPAN(2015) 監督:ジャック・オーディアル 出

続きを読む

“Ç”やくざ、三つ星シェフ目指す「二ツ星の料理人」ブラッドリークーパー、病み役多しw

二ツ星の料理人(2015) BURNT(2015) 監督:ジョン・ウェルズ 出演:ブラッドリー・ク

続きを読む

“Ç”NETFLIX限定ヒッグス粒子を追い求める人々に迫る「PARTICLE FEVER」

PARTICLE FEVER(2014) 監督:マーク・レヴィンソン 出演:ニーマ・アルカニ=ハメ

続きを読む

ハリウッドセレブがドロドロリン「マップ・トゥ・ザ・スターズ」プラハのミニシアターKINO ATLASにて

監督:デヴィッド・クローネンバーグ 出演:ジュリアン・ムーア、 ミア・ワシコウスカetc

続きを読む

“Ç”韓国のこの恋愛映画が凄い!「ビューティー・インサイド」目覚めると他人に…

ビューティー・インサイド(2015) 監督:ペク 出演:ハン・ヒョジョ、パク・ソジュン、

続きを読む

”Ç”こんな映画観たことない「この空の花 長岡花火物語」

この空の花 長岡花火物語 監督:大林宣彦 出演:松雪泰子、高嶋政宏、猪股南etc 評価

続きを読む

【ネタバレ解説】「おとなの恋の測り方」大ヒットの秘訣はリアルな逆身長差カップル像にあり!

おとなの恋の測り方(2016) un homme à la hauteur(2016) 監督

続きを読む

“Ç”エクストリーム中絶「4ヶ月、3週と2日」

4ヶ月、3週と2日(4 luni, 3 saptamâni si 2 zile) 監督:クリスチャ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑