*

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

「東京流れ者」感想!ダミアン・チャゼル激白「ラ・ラ・ランド」に影響を与えた邦画

東京流れ者(1966)
TOKYO WANDERER(1966)


監督:鈴木清順
出演:渡哲也、
松原智恵子、川地民夫etc

評価:80点

先日、
アカデミー賞作品賞
大本命の「ラ・ラ・ランド」の試写会で
ダミアン・チャゼル監督が、
本作に影響を与えた作品として
鈴木清順監督の「東京流れ者」を
挙げていた。

ホンマかいな?
ということで、DVDを
買って早速観てみることにしました…

「東京流れ者」あらすじ

結婚しやくざを辞める
決意をした哲也だったが、
手形延期を巡って、
組織の抗争に巻き込まれるのだった…

日本のオマージュ技術の高さ

冒頭でも語ったとおり、
なんとダミアン・チャゼル監督が、
「ラ・ラ・ランド」に
影響与えた作品に鈴木清順の
「東京流れ者」を挙げていたので
観たのだが、これが確かに納得なのだ。

どこが?については
実際に観て比較してほしいのだが、
今回確信に変わったことは、
日本の方が1950年代
ハリウッドミュージカル

引用が上手かったりする。

本作に限らず、
クレイジーキャッツ作品や
「君も出世ができる」
など
ハリボテでカラフルな世界に、
頭を空っぽにして楽しめる娯楽を
今観ても古びない斬新さで描いている点、
下手にノスタルジー路線の
「ワン・フロム・ザ・ハート」や
ニューヨーク・ニューヨーク
より上手である。

鈴木清順の美的センス炸裂

「東京流れ者」に関しては、
銃の撃ち方こそ
テキトーデタラメなのに、
ここまでクールで引き込まれて、
何よりもハリウッド
アクションさながらの
高揚感を得られるのが凄い!
しかも、雪の線路や
ハリボテのホールと
いったありえない場所での戦闘は、
ハリウッドも真似できまい。
日本の誇れるアクションと言えよう。

例えば雪の線路での決闘シーン。
雪の平原を渡哲也と敵が歩くのだが、
何故かそこに似つかわしくない程、
「酒」と書かれた赤提灯が
掛かっている。
そして、二人が雪の平原を
歩いて行き、線路にたどり着く。
そして列車が迫っていく中
二人が銃を撃ち合う。
あまりにどうかしている。

ストーリーはあってないようなものだが、
ダミアン・チャゼルが
惚れるの納得な作品でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞外国語映画賞アイルランド代表「VIVA」

第88回アカデミー賞ノミネートショートリスト発表! 先日、次のアカデミー賞のノミネート候補が9

続きを読む

【ネタバレ解説】「手紙は憶えている」アトム・エゴヤン遂に場外ホームラン!

手紙は憶えている(2015) REMEMBER(2015) 監督:アトム・エゴヤン 出演:

続きを読む

“Ç”フランス映画祭2016,ドヌーヴ、ドパルデュー、リヴィエットetc

フランス映画祭2016開幕 今年もやってきました、 フランス映画祭の季節。 来月の6/24(金

続きを読む

「八重子のハミング」高橋洋子が怪演!介護問題とカフカの「変身」意外な共通点

八重子のハミング(2017) 監督:佐々部清 出演:升毅、高橋洋子、 文音etc 評

続きを読む

“Ç”「黒崎くんの言いなりになんてならない」セクゾ中島健人VS千葉雄大夢のプロレス対決

黒崎くんの言いなりになんてならない(2015) 監督:月川翔 出演:中島健人、小松菜奈、千葉

続きを読む

“Ç”悩める就活生よコレを観よ「はじまりのうた」

3年生の熱い就活に贈る「はじまりのうた」 昨日から、ルール変更後初の就活シーズンが幕を 明けまし

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015外洋画部門1位は「ミニオンズ」を破り…

ブンブン映画ベストテン2015外洋画 今年は、「マッド・マックス」に「ターミネーター」、 「

続きを読む

「マイ・インターン」仙人過ぎるデニーロに男は惚れる…

マイン・インターン(2015) The Intern(2015) 監督:ナンシー・マイヤーズ

続きを読む

“Ç”モーリタニア映画観ます?TIMBUKTU「禁じられた歌声」で12月日本公開

TIMBUKTU(2014) 監督:アブデラマン・シサコ 出演:Ibrahim Ahmed,

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑