*

【ネタバレ】「ドクター・ストレンジ」深みがない「魔法少女まどか☆マギカ」(VFXは10兆点!)

【ネタバレ】「ドクター・ストレンジ」深みがない「魔法少女まどか☆マギカ」(VFXは10兆点!)

ドクター・ストレンジ(2016)
Doctor Strange(2016)


監督:スコット・デリクソン
出演:ベネディクト・カンバーバッチ、
マッツ・ミケルセン、
レイチェル・マクアダムス、
ティルダ・スウィントンetc

評価:75点

「アベンジャーズ:インフィニティー・ウォー」
に参戦が決まった、アベンジャーズ
新メンバー「ドクター・ストレンジ」の
単体映画が遂に昨日公開となりました!

「インセプション」の数倍、
街がグッチョングッチョンに
なっている予告編を
魅せられてテンションアゲアゲ
な状態で観たのだが果たして…

※今回はネタバレなしで
書くの無理だったので、
全力でネタバレします。
なので、未見の方は
さっさとこのページを
閉じてIMAXで観るのじゃ!!!!

「ドクター・ストレンジ」あらすじ

天才神経外科医のスティーブン・ストレンジは
不慮の事故で神の手の機能を
失ってしまう。
なんとしてでも手を
治したい彼は、
カトマンズの寺院に向かうのだが…

VFX,,,10兆点!

まず第89回アカデミー賞視覚効果賞に
ノミネートした作品群を観て欲しい。
1.「バーニング・オーシャン」
2.「ドクター・ストレンジ」
3.「ジャングル・ブック」
4.「ローグ・ワン」
5.「Kubo and the Two Strings」

主役の男の子以外全部CGだと
言われている「ジャングル・ブック」や
南国での闘い描写が凄い
「ローグ・ワン」。

オリガミの質感に拘った
「Kubo and the Two Strings」など
強豪揃いである。

しかし、本作を観たら、
流石に「ドクター・ストレンジ」が
受賞するだろう
と思う程メチャクチャ凄かった。

予告編の比じゃないほど、
画面がグチャグチャに動く。
現実と異次元入り乱れる
サイケデリックな映像の
連続にクラクラする。

しかし、
「インディペンデンス・デイ:リサージェンス」
とは違い、しっかりドクター・ストレンジたち
がどういうアクションをしているのかを
観客に理解できるよう画面作りを
している。

一昔前、それこそ
「スター・ウォーズ エピソードⅠ:
ファントム・メナス」
の時代
は全部グリーンバック合成にしたが故に、
リアリティがなく酷評されたが、
この「ドクター・ストレンジ」は、
魔法がテーマだけにどこまでが
リアルかどこまでが虚構かが、
分からなくなる程、
VFXとセット、ロケを絶妙に
合成し、それも2010年代に
出来る技総てねじ込み、
且つ観客が消化不良にならない
レベルの大衆性を持たせた
このバランス感覚は10兆点
に値するだろう。

↑今年はなんと
「GOG:Vol.2」が上映するぞ!

マーベル映画の最高VFXは
個人的に
「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」
だと思っているのだが、
それを超えました!!!!!!!!!!!

ラストバトルシーンの演出

本作終盤、香港を舞台に
マッツ・ミケルセン扮する
カエシリウスの攻撃を
ドクター・ストレンジが
時間魔法で食い止めよう
とする場面。

ここで掛かっている音楽の
雰囲気と、映像の作り方が、
クリストファー・ノーランも
オールタイムベストに入れる
「コヤニスカッツィ」

にそっくりなのだ。

「コヤニスカッツィ」とは
フランシス・フォード・コッポラ製作の
実験映画で、80分間
文明の神秘的な映像を
フィリップ・グラスの
ドープな音楽で
台詞もナレーションもなく
コラージュにした作品で
一度観たら忘れられない
代物。

これを見事にアクションに
取り込んだ点、
特に逆再生で動く
世界での攻防は
どうやって
撮り合成したのか気になるほど
凄まじかった。

でもストーリーがねぇ…

ただ、これだけ冒険している作品なのだが、
ストーリー面はちょっと小物。
というよりか事務作業っぽいのだ。

だいだい、20分ぐらいドクター・ストレンジ
を修行させて…おっと、ここで
悪役の行動も魅せなきゃね…
ネパール、ニューヨーク、
ロンドン、香港、行くとこ一杯
あるから手短に…おっとギャグも
入れなきゃ!みたいな
製作者側の2時間以内に
収めよう魂胆が見え見え過ぎて、
エイジ・オブ・ウルトロン」や
シビル・ウォー
のような次に何が起こるか
分からないわくわく感が全然ないのが
玉に瑕でした。

それでも、
戦闘中にワープで病院に行き、
自分の怪我を治し、
幽体離脱をしながら敵と
戦うシーンの意外性は面白かったし、
インディペンデンス・デイ:
リサージェンス
」に
比べたらしっかりした話なんだけれど、
やっぱりヒーローとしての葛藤も
なく、ドクター・ストレンジが
持ち前の高慢さで猪突猛進
ヒーローになるのは
個人的にダメでした。
期待しすぎた分、ちょっと残念
だったな~m(_ _)m

まあ、深みのない
「魔法少女まどか☆マギカ」だと思って
(夢を叶えに、怪しい者と契約したら
騒動に巻き込まれ、時間や時空を
超越する存在になる話という
点では共通する)
IMAXで楽しむのが良い作品と言えよう!

お願いだから
アカデミー賞視覚効果賞
は獲ってね♡

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”【ネタバレ】「ヒメアノ~ル」濱田岳以外キチガイ!V6森田剛がぁぁぁあああ!

ヒメアノ~ル(2016) 監督:吉田恵輔 出演:濱田岳、森田剛、ムロツヨシ、 佐津川愛美e

続きを読む

【3/31「ジャッキー」公開記念】パブロ・ラライン監督作「NO」を紹介!

NO(2012) 監督:パブロ・ラライン 出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、 アルフレド・

続きを読む

“Ç”正統派直球勝負「シンデレラ」

シンデレラ(CINDERELLA) 監督:ケネス・ブラナー 出演:リリー・ジェームズ、ケイト

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉟】「男はつらいよ 寅次郎恋愛塾」東大生の情事サポート

男はつらいよ 寅次郎恋愛塾(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 平田満,初井言榮,

続きを読む

「バイオハザード:ザ・ファイナル」発声上映希望な程ギャグ映画、ミラ・ジョヴォヴィッチ強すぎww

バイオハザード:ザ・ファイナル(2016) Resident Evil: Final Chapte

続きを読む

【ネタバレなし】「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」最高の戦争映画!

ローグ・ワン/ スター・ウォーズ・ストーリー(2016) Rogue One: A Star W

続きを読む

“Ç”バードマンも観たぜ「ワイルド・スタイル」

シネマライズで上映中「ワイルド・スタイル」 3/21(土)から渋谷シネマライズで、 絶賛上映

続きを読む

“Ç”2015年下半期期待の新作洋画1

ようやく公開される傑作たち 日本はとにかく、洋画の公開が遅い。 下手すれば他国よりも一年近く 待たね

続きを読む

【酷評/ネタバレ解説】「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が劣化版「君の名は。」ですらなかった10の理由

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017) 監督:武内宣之 声の出演:広瀬す

続きを読む

“Ç”「シン・シティ」続編、仏語吹き替えで観るブン

先日の続き。 「シン・シティ:A DAME TO KILL FOR」 を観てきたぞ! 3D映画っ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SH

【寅さんフルマラソン㊶】「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」ウィーン旅行敢行編

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989) 監督:山田洋次 出演

【ハル・ハートリー特集】『ヘンリー・フール』ポエムを魅せないポエム映画

ヘンリー・フール(1997) HENRY FOOL(1997)

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑