*

「ピートと秘密の友達」タイミングが悪すぎたオオカミ少年もの

「ピートと秘密の友達」タイミングが悪すぎたオオカミ少年もの

ピートと秘密の友達(2016)

ピートと秘密の友達
監督:デヴィッド・ロウリー
出演:ブライス・ダラス・ハワード,
オークス・フェグリー,
ロバート・レッドフォードetc

評価:50点

今年は何故か、
「アーロと少年」
「ターザン:REBORN」
「ジャングル・ブック」

と野生児ものが流行っている
らしい。
そして、ディズニーは
なんと今年2度目の
野生児ものを
ぷっぱなした。

それが「ピートと秘密の友達」である。
「セインツ-約束の果て-」
デヴィッド・ロウリーが
メガホンを取り描く
この野生児ものはいかに…

「ピートと秘密の友達」あらすじ

森にドライブ中、事故で家族を
失ったピートは森の中で
6年間ドラゴンのエリオット
と暮らしていた。

そんなある日、森林伐採により
人間に見つかってしまい…

スピルバーグのぬくもりを感じる

本作は1970~1980年代の
ファンタジー映画
へ愛を捧げた作品だ。

怪物を通じて描かれる家族愛、
そして怪物と心を通わせていく
人々、そうスティーヴン・
スピルバーグが「未知との遭遇」
「ET」で描いてきたぬくもりを
2016年に再生させようとした
話なのだ。

主人公ピートの悲劇的すぎる
事故、あまりにも美しくも
残酷な描写から始まり
つかみは抜群。

これはまさかの傑作かと思われたのだが…

ドラゴンが苦手&既視感

ブンブンの心が全然引き込まれなかったのだ。
原因は2つある。

1つはドラゴンのエリオットの
造型が微妙過ぎた点にある。
ディズニーにしては珍しく、
可愛さも気持ち悪さも吹っ切れる
ことのない中途半端な
このエリオットという
キャラクターに全く興味が
抱けなかったのが大きい。

透明化能力も、
エリオットらしい、
エリオットだからこそ持っている魔法
みたいな必然性を感じ取ることが
出来ずにただただ宙ぶらりんに
なっている印象を受けた。

また、火を吐く描写も
人々に恐怖を植え付けるには
中途半端で、
「アイアン・ジャイアント」や
「ヒックとドラゴン」
を観ている
身としては受け入れがたいものだった。

2つ目は既視感である。
タイミングの問題もあるのだが、
「ジャングル・ブック」等の
そこら辺の野生児ものと
大差ない。独自性が希薄だった
ことも大きい。

決して悪くはないのだが、
全てがどこかで観たような
シチュエーションのつぎはぎで、
観ていて正直退屈してしまった。

なので、個人的に
全然嵌まらなくガッカリした作品でした。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”幻のベルイマン・カルト映画「仮面/ペルソナ」を観る

仮面/ペルソナ(PERSONA) 監督:イングマール・ベルイマン 出演:ビビ・アンデショーン

続きを読む

【ベネチア映画祭特集】「或る人々」ヴェネチア映画祭有力候補コンチャロフスキーの旧作

或る人々(1987) SHY PEOPLE(1987) 監督:アンドレイ・コンチャロフスキー 出演

続きを読む

“Ç”【緊急特集】SMAP解散するってよ!映画で観るSMAPの歩み

まさかのSMAP解散 1988年から活動を始め、 もはや日本を代表とする アイドルであるSMAP。

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集③「神」

パラダイス:神(PARADIES: GLAUBE) 監督:ウルリヒ・ザイドル 出演:マリア・

続きを読む

“Ç”自宅ヴェネチア映画祭③「BLANKA ブランカ」日本人初!長谷井宏紀、ソッリーゾ賞受賞!

Blanka 監督:長谷井宏紀 出演:Cydel Gabutero, Peter Millari

続きを読む

“Ç”【朗報】今年の”したこめ”ラインナップが凄い

今年も映画の街浅草で映画祭! 今年も、浅草・上野でブンブンが応援する 「したまちコメディ

続きを読む

“Ç”「新・のび太の日本誕生」公開直前!「映画ドラえもん のび太の恐竜」を観てみた

映画 ドラえもん のび太の恐竜(1980) 監督:福冨博 声の出演:大山のぶ代, 小原乃梨

続きを読む

“Ç”ボンドより愛をこめて「キングスマン」

キングスマン(KINGSMAN THE SECRET SERVICE) 監督:マシュー・ヴォー

続きを読む

“Ç”【監督舞台挨拶潜入】「LISTEN-リッスン-」音のない音楽を聴く

LISTEN-リッスン-(2016) 監督:牧原依里 出演:雫境、米内山明宏etc 評

続きを読む

“Ç”AKIRAのあれはこれがモチーフ「ブリキの太鼓」

ブリキの太鼓 (Die Blechtrommel) 監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 大学4年生の映画オタク。 年間500本、映画

【大学卒業記念】「横道世之介」から法政大学ライフを振り返る回

横道世之介(2013) 監督:沖田修一 出演:高良健吾,吉高由

「モアナと伝説の海」を観ると益々「怒りのデス・ロード」が好きになった件

モアナと伝説の海 吹き替え版(2016) MOANA 監督:ロ

#30【大学1・2年】大学4年までに単位は取り終えろ!文系の為の単位ゲット術

チェ・ブンブン直伝単位取得術 春から法政の方々、 そうでない新

「僕たちは世界を変えることができない。」大学卒業間際だからこそ心にくる映画

僕たちは世界を変えることができない。 But, we wanna b

【ネタバレ/解説】「SING/シング 字幕版」きみはコアラのムーンを月夜に沈めたくなるフレンズなんだね♪

SING/シング(2016) 監督:ガース・ジェニングス 声の

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑