*

「ホドロフスキーの虹泥棒」アラビアのロレンスの2人が28年後ゲテモノ映画で再会ww

「ホドロフスキーの虹泥棒」アラビアのロレンスの2人が28年後ゲテモノ映画で再会ww

ホドロフスキーの虹泥棒(1990)
The Rainbow Thief(1990)


監督:アレハンドロ・ホドロフスキー
出演:ピーター・オトゥール、
オマー・シャリフetc

評価:60点

日本はとにかく映画の公開が遅い。
スノーデン」や
「ドクター・ストレンジ」といった
メジャー級作品ですら、アジア一遅い
公開といっても過言ではないほど遅い。
下手すると、海外でDVDが発売されてから
劇場公開というケースもある。

しかし、アップリンクの浅井隆の
活動をTwitterでみていると、
配給の大変さがよく分かる。

今回26年も未公開だった
「ホドロフスキーの虹泥棒」
がアップリンクで上映できたのも
浅井隆の長年の努力のお陰だ。

彼は、「ホドロフスキーのDUNE」
頃にホドロフスキーとコンタクトを取り、
親密になった結果、日本国内では
独占的にホドロフスキー映画を
配給できるようになった。
また、彼の新作「エンドレス・ポエトリー」
のクラウド・ファンディングにも
力を貸し、仲を深めた結果、
ホドロフスキー監修の
ディレクターズ・カット版を
上映できることになったのだ。

映画配給も「人対人」の関係あってこそ
上映できることを浅井さんの生き様から
痛感させられる。

ってことで、観てきましたよ
「ホドロフスキーの虹泥棒」

「ホドロフスキーの虹泥棒」あらすじ

ダルメシアンにしか興味の無い富豪が
昏睡状態に陥った。
一族は相続について話し合うが、
気がかりは変人の甥に
メレアーグラに遺産が渡るのでは
ということだった。

それを耳にしたコソ泥のディマは
メレアーグラと地下水道で暮らし、
富豪が亡くなるのを待つ。
そして5年後…

「アラビアのロレンス」の二人がゲテモノに!

本作でまず注目すべきところは、
「アラビアのロレンス」で
ロレンスを演じたピーター・オトゥールと
ハリト族の“シャリーフ・アリ”役の
オマー・シャリフ
が、「エル・トポ」
ホーリー・マウンテン」でお馴染み
カルトの帝王の映画で再会している点だ。

とは言え、この「ホドロフスキーの虹泥棒」は
ホドロフスキー監督の作品の中では
大衆向けのわかりやすい娯楽映画である。

のみ市に行くと常に何かを盗む。
バーに行っても「ツケで!」と全く
金を払おうとしないクズなコソ泥が
富豪の遺産が手に入りそうな男の
面倒を見ることで、ちゃっかり
頂こうとするのだが、
どうも上手くいかなくて~
というスタンダードな物語。

しかしながら、
やっぱりホドロフスキーらしさはあり、
毎度お馴染み小人が暴れるシーンはあるは、
下水道シーンはドロッドロのグチャグチャ。
富豪の宴会シーンの猥雑さが半端なかったりと
観る人を選ぶのは確か。

そんな中で、ピーター・オトゥールと
オマー・シャリフが「アラビアのロレンス」
以上にイキイキと演じている姿はやはり
異様としか言いようがない。

なるほど、これは日本未公開なのも
無理はないなと感じましたw

特撮に注目

「ホドロフスキーの虹泥棒」にしかないような
演出もある。それはやたらと凝った特撮である。
大嵐で、街が洪水になるシーンや
それに伴い荒れ狂う下水道の
シーンはどうやって撮ったのだろうと
思うほど激しい。

しかも、汚いようで非常にクールな
セット造型だったりするので凄い!

まるで、おもちゃ箱をひっくり返したような
遊び心ある演出・特撮の数々に
インスピレーション受けること間違いなし!

是非劇場でウォッチしてみてください!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

東京国際映画祭グランプリ作品「ニーゼと光のアトリエ」2016/12/17公開

ニーゼと光のアトリエ (NISE-THE HEART OF MADNESS) 監督:ホベルト

続きを読む

“Ç”ベルリン国際映画祭金熊賞受賞パナヒ最新作「人生タクシー」東京フィルメックスにて

タクシー(TAXI) 監督:ジャファル・パナヒ 出演:ジャファル・パナヒetc 評価:

続きを読む

“Ç”残酷な双子が恐ろしい…「悪童日記」

悪童日記(LE GRAND CAHIER) 監督:ヤーノシュ・サース 出演:ギーマント兄弟、

続きを読む

“Ç”「アウトサイダー」を観てパリ同時多発テロFBトリコロール問題を語る

アウトサイダー(THE OUTSIDERS) 監督:フランシス・フォード・コッポラ 出演:C・ト

続きを読む

“Ç”悲報・フランス映画社破産‼︎

1950年代の映画黄金期以降、 年々興行収入が減り続ける日本の 映画産業(アメリカもそうだが)。

続きを読む

“Ç”大島渚特集②大阪のヤクザ「太陽の墓場」

太陽の墓場 監督:大島渚 出演:炎加世子、津川雅彦etc 評価:65点 昨日紹介

続きを読む

“Ç”【ネタバレ】原作比較「クリーピー 偽りの隣人」香川照之がマジで怖い!しかし…

クリーピー 偽りの隣人(2016) CREEPY(2016) 監督:黒沢清 出演:西島秀俊

続きを読む

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

木と市長と文化会館(1992) L'ARBRE, LE MAIRE ET LA MEDIATH

続きを読む

“Ç”NETFLIXで観る第88回アカデミー賞「ニーナ・シモン 魂の歌」

ニーナ・シモン 魂の歌(2015) WHAT HAPPENED, MISS SIMONE?(201

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「ヘイトフル・エイト」オマージュはアルトマンではなく「遊星からの物体X」??

ヘイトフル・エイト(2015) HATEFUL EIGHT(2015) 監督:クエンティン・

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER204

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑