*

2016年11月イメージフォーラム公開!ユーゴスラビアの闇を描く「灼熱」

2016年11月イメージフォーラム公開!ユーゴスラビアの闇を描く「灼熱」

灼熱(ZVIZDAN)

灼熱の太陽 映画
監督:ダリボル・マタニッチ
出演:ティハナ・ラゾヴィッチ、ゴーラン・マルコヴィッチ、
ニヴェス・イヴァンコヴィッチ

評価:80点

本年度カンヌ映画祭「ある視点」審査員賞
受賞したクロアチア映画「灼熱」。
1991年クロアチアがユーゴスラビア脱退を
宣言したことからセルビア人と喧嘩になり
クロアチア紛争が発生した。
その問題の年から10年ごと2011年までの
3つの愛の物語を同じ俳優に演じさせた
ことが話題となった。

ユーゴスラビアの厳しい歴史を世界に伝える
映画監督は「アンダーグラウンド」の
エミール・クリストリッツァ

「ノー・マンズ・ランド」のダニス・タノヴィッチ
がいるが、新しい語り手ダリボル・マタニッチ
はどんなテクニックで表現しているのだろうか?
今回は結構ネタバレしますので了承ください。

傷跡は人々の心の奥底に…

この作品は先述のの通り、
1991年、2001年、2011年の3つの時代に
またがっている。

一つ目はクロアチアとセルビアとクロアチアの
国境を舞台にロミオとジュリエット状態になる話である。
セルビア人の女の子はトランペット弾きの青年が好きで
クロアチアの演奏会に行くが、
凶暴な父親が引き戻しにやってくる。

国境での激闘の末青年は国境兵に殺されてしまう。

この話が2話目以降に影響を与える。
その殺された青年が、今度はセルビアで
少女とおばさんの暮らす家の修理にやってくる
話だ。残念ながら、ブンブンはどっちが
どの民族かは分からなかったが、
おばあちゃんが青年と娘を結婚させようと
企んでいるのを見ると、
青年は1991年の話の立場と逆転している。

青年も少女のことを気にしているが、
少女は過去の侵略により青年の民族に
対し憎しみを抱いている。

紛争から10年廃墟となった、土地に
はびこる「憎しみ」がよく描けている
証拠である。

そして3話目2011年。
すっかりクロアチアとセルビアの
国境は復興しているが、
それでも憎しみは言えてないことを
表しているパートである。

青年はかつての恋人と仲直りしようとするが、
できずに野外クラブに身を投じる。
この時の恋人が放つ
「セルビア人の家に住みやがって!」
という言葉に込められた憎しみに胸を打たれる。

チェコ映画「ひなぎく」でラスト、
「踏みにじられたサラダだけをかわいそうと思わない者に
捧げる」
と語られるが、
まさにこの映画が言わんとしている、
見かけだけの復興にだけが復興ではなく
人々の心は被災したままだということに
直結していると言える。

説明は少なく、日本人にはわかり辛い
ヨーロッパ向けの作品だが、
ユーゴスラビアの歴史に興味ある方
必見の作品である。

※日本公開は2016年11月
渋谷イメージフォーラムにて!

関連記事

“Ç”【ネタバレ】パルムドール監督ケン・ローチの作品「天使の分け前」が衝撃的な件

天使の分け前(2012) The Angels' Share(2012) 監督:ケン・ローチ

続きを読む

“Ç”暑苦しい檀一雄の半生「火宅の人」

火宅の人 監督:深作欣二 出演:緒形拳、いしだあゆみ、原田美枝子etc 学校の授業で、

続きを読む

“Ç”ボンボンが主役じゃないロードムービー「わたしに会うまでの1600キロ」

わたしに会うまでの1600キロ(WILD) 監督:ジャン=マルク・ヴァレ 出演:リース・ウィ

続きを読む

地球の急ぎ方~北欧編:魔女の宅急便の舞台!ガムラスタンへ行ってみた なんとノーベル博物館もあるぞ~

北欧卒業旅行記: ガムラスタン(GAMLA STAN) 先日、卒業旅行で スウェーデン・ス

続きを読む

“Ç”最低映画の祭典第36回ラジー賞受賞結果速報

第36回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

“Ç”アレッ、カレルさんですか?「フォックスキャッチャー」

Foxcatcher 監督:ベネット・ミラー 出演:スティーブ・カレル、 チャニン

続きを読む

“Ç”【ネタバレ注意復習編】「シン・ゴジラ」1巡目でブンブンが気づいたこと

全力ネタバレ謎解き回です! 昨日、「シン・ゴジラ」の 未鑑賞者向け紹介記事を 書いたのだが

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「美しき仕事」観た者の人生観を変える一本

美しき仕事(1999) 仏題:BEAU TRAVAIL 英題:GOOD WORK 監督:クレー

続きを読む

“Ç”【酷評】カンヌに媚び過ぎ「海街diary」

海街diary 監督:是枝裕和 出演:綾瀬はるか、長澤まさみ、広瀬すずetc 今年のカ

続きを読む

“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集

大人気コラムの舞台「くらら劇場」閉館 当ブログで半年以上に 渡りBuzzっている カルト記

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑