*

【東京フィルメックス】『タングスィール』0地点でライフルをぶっ放す男。そこに黒澤映画の愛があった

【東京フィルメックス】『タングスィール』0地点でライフルをぶっ放す男。そこに黒澤映画の愛があった

タングスィール(1973)
Tangsir


監督:アミール・ナデリ
出演:Behrouz Vossoughi, Parviz Fanizadeh, Jafar Vali etc

評価:75点

映画祭というと、どうしても新作に目が行きがちだが、DVD化もされていなければ製作国ですら観ることが困難な旧作と出会えるチャンスの場所だったりする。今回、東京フィルメックスでは、イラン映画の巨匠アミール・ナデリの特集が組まれていた。イラン映画というと、アッバス・キアロスタミ、ジャファール・パナヒ、アスガー・ファルファディを思い浮かべる。

現に、このアミール・ナデリ監督作品で日本で比較的簡単に鑑賞できるのは西島秀俊主演の『CUT』ぐらいだ。イラン映画にハズレなしというのが持論なので、ブンブン『ハーモニカ』と『タングスィール』、そして彼が脚本を手がけた『華氏451』を観て観ることにしました。

今日紹介する『タングスィール』は、ギリギリまで東京国際映画祭で上映するか分からなかった作品だ。データ輸送にトラブルが生じた為、結局上映が決まったのが開催1週間前。その為、当日の来場者は朝日ホールの4割程でしたが、イランフィルムセンターが断片を修復して、それをプログラマー市山尚三をはじめとする東京フィルメックススタッフが頑張って持ってきただけあって実に面白い作品でありました。Q&Aでアミール・ナデリ監督に質問もできましたので、これから語っていきます。

『タングスィール』あらすじ

Sadegh Choobackの同名小説の映画化。タングスィール人のザール・ママドは、布売りに金を貸したが一向に返してくれない。毎日のように取り立てにやってくるザールを布売りは疎ましく思っている。終いには町の人一丸となってザールを追い出そうとする。怒りに満ち溢れたザールはライフル銃を手に取り、家族に別れを告げる。そして、復讐の鬼として町に繰り出す…

若きアミール・ナデリが黒澤明に捧げた愛の映画

本作は、黒澤明の『七人の侍』『蜘蛛巣城』に影響を受けたアミール・ナデリ監督が26歳で製作したアクション映画だ。本作と、この直後に撮った『ハーモニカ』は、その過激な内容から公開直後に上映禁止になった。しかしながら、イラン国民の中でカルト的人気となり、イラン革命のアイコン的作品となった。そんな作品『タングスィール』は、監督が豪語するのも納得、実に黒澤明な世界だった。

主人公のザールはタングスィール人。タングスィール人とはイラン南部に住む人々のことを示す。この映画の町の人々は口を揃えて「タングスィール人は純粋だ」とバカにしている。ザールは布商人に金を貸したが長らく返してもらっていない。毎日町に通い、返金を求めても明日きやがれ!と追い出されてしまう。やがて喧嘩が激しくなり、町人が一丸となってザールを追い出してしまう。

信仰心強いザールであったが、神は現実問題を救ってはくれない。宗教家は私たち家族を救ってはくれないと心が折れ、銃を取る。そして布商人を射殺してヴィジランティズムに目覚める。風紀を守る警察官的役割の馬乗りに追われるザール。しかし、ザールが逃げる轍を、悪い町商人に搾取されていた人々は勇気付けられる。そして、タングスィール人である馬乗り警官の心も揺り動かしていく。

ザールは、10m先の敵を撃つようなライフル銃を、敵の胸にあて至近距離で撃つ独特な処刑を行う。これについて監督に質問してみました。すると、監督は次のように解凍してくれました。

「まず、ザールは苦しんでいます。その苦しみを、相手に感じてもらうためにライフル銃を至近距離で撃たせました。そしてライフル銃を至近距離で撃つ時に《間》が生まれます。これはクロサワ映画から学びました。」

なるほど、アミール・ナデリ監督は黒澤明をはじめ、日本の時代劇が持つ《タメ》のアクションを通じて、泣きっ面に蜂で苦しむザールの心情を表現していたのだ。ガンアクションというとどうしても人の命が軽くなりがちだ。バンバン軽快に銃が飛び交い、バッタバッタと人が倒れていく。また、銃弾は速すぎて肉眼では捉えられない。銃声が鳴った次の瞬間には、決着がついている。

刀でのアクションは、銃弾に比べて動きが遅い。それだけに、刀が振られる一挙動一挙動に感情が宿りやすい。そして、眼前で人が斬られ血を流す。生の重みを感じながら、侍は敵をなぎ殺す。このサムライ映画ならではの、命の重さを《至近距離で撃つライフル銃》という形で継承した。そして、搾取される側が一人のヒーローによって立ち上がる様の高揚感を『七人の侍』から引き継いだ。

その結果、遠く離れたイランの時代劇にも関わらず、まるで自分の話のようにのめりこみ、拳をあげたくなるほどザールを応援したくなった。『ハーモニカ』も含め、アミール・ナデリ監督が弱冠26歳で撮ったこの2本は上映禁止になるのも納得な激アツドラマでありました。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”【速報】第72回ヴェネチア映画祭受賞発表、金獅子賞はベネズエラ映画「DESDE ALLÁ(デスデ・アジャ)」

第72回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 コンペティション部門 金獅子賞Leone d'Or

続きを読む

【ネタバレ解説】『触手』は悦楽に溺れたメキシコ社会を反映したエロ映画だ!

触手(2016) 英題:THE UNTAMED 原題:La region salvaje

続きを読む

【ネタバレ】『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』トム・クルーズかく語りき《カメラを止めるな!》

ミッション:インポッシブル フォールアウト(2018) Mission: Impossible F

続きを読む

【備忘録】神ラインナップな第23回釜山国際映画祭で観たい作品リスト

今年は第23回釜山国際映画祭に行きます! 10/4(木)~10/13(土)まで韓国・釜山で

続きを読む

【東京フィルメックス】『盆唄』ダークホース!故郷を失った者が壮大な時の円環の中で唄を継承する大傑作

盆唄(2018) BON-UTA 監督:中江裕司 評価:80点 『ナビィの恋』で有名

続きを読む

“Ç”「ピンク・フラミンゴ」ジョン・ウォーターズ絶賛、サイケな映画「THE FORBIDDEN ROOM」

ジョン・ウォーターズの2015年ベストテン 先日、「ピンク・フラミンゴ」や「シリアル・ママ」の

続きを読む

【ネタバレ】『ゲティ家の身代金』人類は堅牢なATMに闘いを挑んだ…

ゲティ家の身代金(2017) All the Money in the World(2017)

続きを読む

『名探偵コナン ゼロの執行人』これは、、、『ワイルド・スピード ICE BREAK』では?

名探偵コナン ゼロの執行人(2018) 監督:立川譲 出演:高山みなみ、山崎和佳奈、小山力也

続きを読む

【ブンブン速報】金獅子賞は「立ち去った女」ラヴ・ディアス4時間弱映画第73回ヴェネチア国際映画祭受賞結果はコチラ! 

第73回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 コンペティション部門 金獅子賞Leone d'Or

続きを読む

【釜山国際映画祭】『The Prey』日本公開希望!カンボジアから出てきた極上ガン=カタ映画

The Prey(2018) 監督:Jimmy Henderson 出演:Byron Bis

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【Netflixネタバレ考察】『ROMA/ローマ』タイトルから読み解く《家政婦は見た》

ROMA/ローマ(2018) ROMA 監督:アルフォンソ・キ

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか…

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ!

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT T

『北(ノルテ)-歴史の終わり』ラヴ・ディアスのクリスマス映画はいつもとは違う!

北(ノルテ)-歴史の終わり(2013) Norte, the End

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑