*

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017)
原題:方繡英
英題:Mrs. Fang


監督:ワン・ビン
出演:ファンさんとその家族

評価:65点

東京フィルメックスに行ってきました。私のお目当は何と言っても王兵(ワン・ビン)の『ファンさん』だ!王兵といえば、基本的に2時間半コースが当たり前で海外のジャーナリストが潜入出来ないディープな中国のアンダーグラウンドを映し出すことで有名だ。ブンブンは昔NHKで9時間中国の廃墟を追った『鉄西区』を観てから、彼の作品に嵌まり、昨年Festival Scopeで観た2時間半も中国の服製造現場を追った『苦い銭』(日本公開は2018年1月)はその年のベストテンに選んだほどだ。

しかし、今回は90分を切っている。内容はアルツハイマーのおばちゃんが他界するまでの数日。王兵監督にしては、ありきたりなテーマかつ、果たして90分で描ききれるの?と不安でした。

『ファンさん』概要

ロカルノ国際映画祭金豹賞受賞作品。アルツハイマーで亡くなるファンさん最期の数週間をワン・ビンが追ったドキュメンタリー

睡魔との闘い

相変わらずガツンとくる一本。そして、王兵映画にしては珍しく寝る損マンデラしてしまった作品でもあった。

いきなり強烈なシーンから開幕。2015年、アルツハイマー歴8年のファンさんが家の中で訳も分からず立っているところから始まる。家族にも無視されているような扱いが映し出される。

そしていきなり、舞台は1年後の2016年に!なんとファンさんは寝たきり植物人間状態になっているではないか!この変わり様に唖然とした。

私の祖父がアルツハイマーで昨年亡くなっただけに尚更、哀しくなった。

ファンさんが危篤になり、ようやく家族が集まる、ダルそうにする者、熱心に介抱する者、山田洋次や小津安二郎映画のような人間ドラマが等身大で迫ってくる。

それを、全く語らないファンの眼は喜怒哀楽走馬灯のように見ている。ファンさんのHPは1。眠ったらこの世とバイバイな状態でファンさんが必死にカメラを家族を凝視する様子はアクション映画のようだった。

と共に、長回しのリズムに睡魔が襲ってきて、ウトウトしてしまいました。寝る損マンデラ!ファンさん、王兵監督すまない(泣

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”【ネタバレ解説】「ヘイル、シーザー!」コーエン兄弟1950年代内幕もの完全再現

ヘイル、シーザー!(2016) HAIL,CAESAR(2016) 監督:コーエン兄弟 出演:ジ

続きを読む

“Ç”第73回ヴェネチア国際映画祭コンペ作品解説!トム・フォード参戦

第73回ヴェネチア国際映画祭作品リスト次々発表 ベルリン、カンヌと並ぶ世界三大映画祭の

続きを読む

【ゼミレポート】「リザとキツネと恋する死者たち」変な日本文化の新しい映画文法

リザとキツネと恋する死者たち(2014) Liza, a rokatunder(2014) 監督:

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2017】旧作邦画部門第1位は『乱』遂に黒澤明と和解

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作邦画編) 今年の旧作邦画は、観逃した新鋭監督初期作。

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「家宝」オリヴェイラお得意のびっくりエンディング映画

家宝(2002) O PRINCIPIO DA INCERTEZA(2002) 監督:マノエ

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2017】ワースト部門第1位は『ゲームセンターCX THE MOVIE』人生ワースト映画認定

2017年ブンブン映画ワーストテン ワーストテン。映画ファンの間で意見の対立が起きる部門だ。T

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~脚本・脚色賞~「スポットライト」&「マネー・ショート」

脚本賞 ・マット・チャーマン&コーエン兄弟「ブリッジ・オブ・スパイ」 ・ジョナサン・ヘルマン

続きを読む

【ネタバレなし】「HiGH AND LOW THE MOVIE2 END OF SKY」これぞ日本が誇るアクション映画だ!

HiGH AND LOW THE MOVIE2 END OF SKY(2017) 監督:久保茂

続きを読む

“Ç”妄想男子を苛立たせる!?エイリアンのセクシーウォーク映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」

アンダー・ザ・スキン 種の捕食(UNDER THE SKIN) 監督:ジョナサン・グレイザー 出

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑