*

2016年ブンブンワースト映画ランキング&部門賞 1位は「RANMARU」

2016年ブンブンワースト映画ランキング&部門賞 1位は「RANMARU」

2016年ブンブン映画ランキング
(ワースト映画部門)


今年は計543本もの映画を
観ました。
内訳は
日本映画140本(新作:79本 旧作:61本)
外国映画403本(新作:146本 旧作:257本)
です。

劇場鑑賞作品が多いこともあり、
今年の映画でとんでもない
ダメダメ映画と出会いました。

これも一期一会だw
2015年ワーストランキング

※青下線をクリックすると各作品のレビューが観られます。

1.RANMARU(2016)


鑑賞環境:TOHOシネマズ流山おおたかの森

シネフィルの宿敵・堤幸彦
最新作は逆ベクトルに
最高傑作だった。

よくこれで劇場公開できた
と思う程、映画として
終わっている。
もはや芸術品である。

「八つ墓村」「犬神家の一族」
「マッド・マックス/
怒りのデス・ロード」等の
傑作に対するあまりの粗相。

狂言回しのヒロインがキチガイ
過ぎてドンビキする展開。
すべてが後出しじゃんけん的に
ネタばらししていく展開に
観ていて辟易辟易だ。

これに比べたら「真田十勇士」は
アカデミー賞作品賞ものである。
生涯ワーストレベルに
酷い作品であった。

2.就活戦線異状あり(2010)


鑑賞環境:DVD(TSUTAYA渋谷店よりレンタル)

果たして、これは誰が得する
映画なのだろうか?
とにかく、就職活動を
ナメすぎである。

企業の悪事を正す方法として、
「就職活動で最終面接まで行き、
社長に直談判する」
というアイデア自体面倒だし
人生を無駄にしている。

それでもって、
忽那椎名扮する
主人公はいとも
簡単に経営陣に論破される。

とにかくダサすぎるし、
忽那椎名にとっても、
キャリアアップに繋がる
役とも思えない。

「就活戦線異状あり」には
疑問とフラストレーション
しかありませんでした。

3.ブレア・ウィッチ(2016)

鑑賞環境:TOHOシネマズ 
市川コルトンプラザ

POVホラーの先駆けと言われる
「ブレア・ウィッチ・プロジェクト」
の続編だが、原点回帰しようとした
結果、ホラーとしてお粗末さんな
作品へと変わり果てた。

とにかく、怖がらせる手段が
「わっ!」と人や魔女が飛び出る
ぐらいしかなく、
苛立ちしか感じない。

また、カメラワークも見辛く、
ドント・ブリーズ」や
エンフィールド事件」とは
雲泥の差でした。

4.真田十勇士(2016)

鑑賞環境:試写会

堤幸彦監督の本作は、
「RANMARU」や
「20世紀少年」
と比べると
まだ面白い。
冒頭のアニメパートは
個人的に楽しめた。

…しかし、いかせん
本作は「嘘」の扱いが
あまりに軽薄で、
あまりにも全てが
ご都合主義だ。

あんな土壇場で、
あんな軽く
「嘘ってことにしようぜ」
と語る佐助は
周囲の神経逆立てるのは
免れないであろう。

また「スティング」っぽい
どんでん返しが非常に
蛇足でどうしようもなかった。

5.テラフォーマーズ(2016)

鑑賞環境:試写会

アイスランドロケも全く活かされず、
「ブレードランナー」「エイリアン」に
対し酷いオマージュを捧げ、
近所の団地での喧嘩のような
スケールの小ささで送る
本作は失笑なくして観ることが
できない。

疑問なのは、何故テラフォーマーズは
地球人を追い詰めても、
1対1の戦いに持ち込むのか、
地球人の会話を全部聞いてから
バトルに移すのか?

「バトルシップ」に次ぐ
良心的なテラフォーマーズ
に癒やしを感じました。

映画としては本当に酷いのだが、
ここまでいくと少し萌えを
感じたりする。

→NEXT:6~10位

ページ: 1 2 3

関連記事

“Ç”トーキョーノーザンライツフェスティバル2月開催、ブンブンのオススメは「ビートルズ」!

トーキョーノーザンライツフェスティバル2016来月開幕 来月2/6(土)~2/12(金)に渋谷ユー

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野由記子、 大沢まりをetc

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2017】旧作邦画部門第1位は『乱』遂に黒澤明と和解

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作邦画編) 今年の旧作邦画は、観逃した新鋭監督初期作。

続きを読む

【ネタバレ考察】『悪魔の季節』ラヴ・ディアス版『ラ・ラ・ランド』に籠められた憤怒

悪魔の季節(2018) 原題:Ang panahon ng halimaw 英題:Season

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

“Ç”2015年カンヌ映画祭受賞結果パルムドールは「Dheepan」是枝受賞ならず

第68回カンヌ映画祭は新人がかっさらう回 朝4時からパソコンの生中継映像の授賞式を観てびっくり!

続きを読む

第90回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~

第90回アカデミー賞受賞予想⑥~脚本・脚色賞~ 今回は、アカデミー賞作品賞を決めると言われる脚本・

続きを読む

【悲報】第29回東京国際映画祭チケット騒動顛末、果たしてブンブンは何枚取れたか?

東京国際映画祭チケット騒動勃発! 当ブログでも特集記事を 組むほど楽しみにしている 第

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑