*

“Ç”【続編出るってよ】「ちはやふる 下の句」103分の密度がヤバイ!

“Ç”【続編出るってよ】「ちはやふる 下の句」103分の密度がヤバイ!

ちはやふる 下の句(2016)

ちはやふる 下の句
監督:小泉徳宏
出演:広瀬鈴、
野村周平、真剣佑、上白石萌音、矢本悠馬、
森永悠希、松岡茉優

※前作「上の句」の感想はこちら

評価:100点

4/29、GW初日
映画人にとって
あまりにもカオスな
映画公開日となった。

「シビル・ウォー」
「ちはやふる 下の句」

という神作が公開し、
どちらを観るか頭を悩ませている
裏で、試写会が大荒れ!
多くの映画ブロガーが苦言を呈し、
「進撃の巨人」以上に大炎上!
ワーナーが必死に消火する
事態となった「テラフォーマーズ」。
そして、一見ガス・ヴァン・サント監督、
マシュー・マコノヒーと渡辺謙が共演し
傑作に見えるが、カンヌで大炎上した
「追憶の森」が公開という
熱い、熱すぎるGWが始まったのであります。

ブンブンは、妹に誘われて
「ちはやふる 下の句」を観にいったぞ!
正直、去年の「ソロモンの偽証
「進撃の巨人」事件で、
2部構成ものの後編に不安がよぎった。
ましてや監督は、
「カノジョは嘘を愛しすぎている」
という作品を撮っており、
これがブンブン大嫌いな作品だからだ。

不安を胸に観たら…これが
大団円なのでした…

「ちはやふる 下の句」あらすじ

綿谷新がカルタをやめた!
真相を確かめに千早と太一は彼に
会いに行くが、新は師を失い
カルタへのソウルを失っていた。
二人は、いつか再び新がカルタ魂を
取り戻すと信じ、全国大会を目指す。
一方もう一人、新の引退を
悔やむ人物がいた…

えっ103分?

昨年の「進撃の巨人」の
後編が87分
尚且つ内容がスカスカだったため
ブンブンをはじめ
ネット上で大炎上をした。

この手の2部構成は、
ただでさえお客に
2倍の金を積ませて
観させている為、
映画の上映時間が短いだけで
危険度が増す。

ニンフォマニアック
「セデック・バレ」の
ように2時間以上重厚に
描いてほしいという気持ちが
どうしても出てきてしまう。

それ故に、「ちはやふる 下の句」が
103分。新との関係と、新キャラとの
戦いを103分にまとめられるわけがない!
と思っていたのだが、不可能を可能にした
コヤツは!!!!!

なんと、本作は一切無駄なく
重要な二つのエッセンスを
描きつつも、脇役の深みまでも
重厚に描いているのだ!

ここでは、2人紹介したい。
まず「机くん」だ!
本作では、顔全体から成長が
観られるのだ!
あんなに根暗でジコチューだった
机くんが、凜々しくチームに
貢献する。自ら「俺を捨て駒として
使ってくれ」とまで言うのだ!
SUGEEEぜ!かっこいいぜ!
しかも本作で、初めて彼が
勝つシーンがあるのだが、
これが本当に泣けてくる。
よくぞ、監督103分という短い時間で
机くんというモブキャラ、非モテキャラに
全力で魂を注いだと尊敬尊敬である。
Processed with Moldiv
遊戯王に例えると、ここまで
表情が凜々しく立派な男になります。

そして二人目が、「上の句」の
敵キャラクター北央学園の須藤暁人だ。

前作で非常に清水尋也の演技が上手く、
また「観たい!」と思っていたのだが、
まさか本当に出てくるとは思っても
いなかった。

しかも、今回は千早のメンターとして
しっかり機能させている。
ドSキャラだが、本作の彼の台詞には
前作では少なかった人生の重みを
含ませてきて、これが味わい深い。
また会えてよかったゾ!

小泉徳宏に脚本賞を!!

他にも、近江神宮参拝後のシーン。
引きの音で、先生が太一一行に
「神様の通り道だから道を空けなさい」
といい、道を空けると
今回の神的強さを誇るクイーンが
現れるところや、
決して「好き」って単語を使わない、
千早、太一、新の三つ巴の
恋愛描写。

本気で、カルタとはなにか?
「ちはやふる」とは何かを考えた
物語運びとなっている。
小泉徳宏は是非ともどこかで
脚本賞を与えて欲しい。
だれもあげないのなら私が
あげたいと思うほど感動した。

こういった作品を作ってくれて
本当にありがとうである(*^_^*)

Perfumeの「FLASH」もいいぞ

Perfumeによる主題歌「FLASH」
がこれまた聴かせるんだよね~
中田ヤスタカ作詞なのだが、
彼もまた「ちはやふる」とは何か?
「カルタ」とは何か?をガチで考えていて、
カルタが詠まれる数秒前の刹那、
カルタを取ろうとする刹那の
アクション。を「鼓動」や「火花」
といった重くずっしりとした
単語と「Flash」や「Lightning Game」
といったスピーディさを匂わす
英語の使い分けで見事に
表現しきっていた。
今年、最強の歌詞とも言えよう。
(Perfume「FLASH」の歌詞はこちら)

映画も主題歌の文字通り
『ちはやぶり』ました!
なんと、続編が決まったとの
ことなので
遂に明らかになる
真剣佑扮する新の
実力を、
首を長~くして
待つとしよう。

というわけで、GWは是非
「シビル・ウォー」と
「ちはやふる 下の句」を
お楽しみください!!!!

関連記事

【ネタバレなし】「映画 聲の形」1巻完全再現、地獄絵図と西宮役・早見沙織の演技に注目

映画 聲の形(2016) THE SHAPE OF VOICE(2016) 監督:山田尚子

続きを読む

【TAFF】「ぼくの名前はズッキーニ」アカデミー賞にノミネートされたスイスアニメ

ズッキーニと呼ばれて(2016) 英題:My Life as Courgette 原題:Ma V

続きを読む

【ネタバレなし】「ミッドナイト・スペシャル(Midnight Special)」アート系B級映画の新鋭J・ニコルズが撮る「未知との遭遇」

北欧で観た映画2: ミッドナイト・スペシャル(2016) Midnight Special(20

続きを読む

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2016) Everybody Wa

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】「ワイルド・アット・ハート」赤の使い方について考察してみた

ワイルド・アット・ハート(1990) Wild at Heart(1990) 監督:デヴィッ

続きを読む

【Netflix】『フープ・ドリームス』スラムのガキから王になれ!バスケ嫌いも熱狂のドキュメンタリー

フープ・ドリームス(1994) HOOP DREAMS(1994) 監督:スティーヴ・ジェー

続きを読む

東野圭吾×阿部寛「疾風ロンド」研究者として失格じゃ!!!!!!

疾風ロンド(2016) 監督:吉田照幸 出演:阿部寛、大島優子、大倉忠義、 ムロツヨシet

続きを読む

【エンドレス・ポエトリー公開記念】「TUSK」ホドロフスキー幻の象映画

TUSK(1980) 監督:アレハンドロ・ホドロフスキー 出演: Cyrielle Clai

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑭】「男はつらいよ 寅次郎子守唄」労災勃発!イクメン爆誕!

男はつらいよ 寅次郎子守唄(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 月亭八方、春川ます

続きを読む

“Ç”「ブルックリン」留学経験者が語る2つの故郷

ブルックリン(2015) BROOKLYN(2015) 監督:ジョン・クローリー 出演:シ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑