*

“Ç”第88回アカデミー賞予想~撮影賞&編集賞~ルベツキ前代未聞3年連続受賞!?

“Ç”第88回アカデミー賞予想~撮影賞&編集賞~ルベツキ前代未聞3年連続受賞!?

撮影賞

アカデミー賞 撮影賞
・エド・ラチマン「キャロル」
・ロバート・リチャードソン「ヘイトフル・エイト」
・ジョン・シール「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」
・エマニュエル・ルベツキ「レヴェナント:蘇りし者」
・ロジャー・ディーキンズ「ボーダーライン」

予想:エマニュエル・ルベツキ
「レヴェナント:蘇りし者」

上半期までは、「マッド・マックス/
怒りのデス・ロード」優勢だったのだが、
「レヴェナント:蘇りし者」が
いまグイグイ来ている。
というのも「ゼロ・グラビティ」
「バードマン」とあまりに凄すぎる
カメラワークを魅せる
天才撮影師エマニュエル・ルベツキ
が担当しているからだ。
酷寒の地で、マジック・アワーを
使って早撮り、しかも
俳優の顔面近くにて猛スピードで
追い回す彼のキャリア、
最高レベルのテクニックが
使われているとのこと。

実は、本作は1971年に
「Man in the Wild」という
タイトルで映画化されており、
全く同じ事をしているので
ルベツキは1971年版と
闘ったといえよう。

もしルベツキが受賞したら、
2年連続受賞の
レオン・シャムロイ
(1944:ウィルソン
1945:哀愁の湖)、
ジョン・トール
(1994:レジェンド・オブ・フォール
1995:ブレイブ・ハート)
を超えることとなる。

ちなみに、この賞最多受賞者は
レオン・シャムロイ
(1942:海の征服者
1944:ウィルソン
1945:哀愁の湖
1963:クレオパトラ)、
ジョセフ・ルッテンバーグ
(1938:グレート・ワルツ
1942:ミニヴァー夫人
1956:傷だらけの栄光
1958:恋の手ほどき)
の2人4作品受賞である。

編集賞

アカデミー賞編集賞
・ハンク・コーウィン「マネー・ショート 華麗なる大逆転」
・マーガレット・シクセル「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」
・ステファン・ミリオン「レヴェナント:蘇りし者」
・トム・マカーデル「スポットライト 世紀のスクープ」
・マリアン・ブランドン他「スター・ウォーズ:フォースの覚醒」

予想:マーガレット・シクセル
「マッド・マックス/怒りのデス・ロード」

撮影賞を獲れなかった反動で
こっちはマッド・マックス勢が獲るであろう。
あんだけ情報量の多い、
戦闘シーンをよくぞつなぎ合わせた!
流石に「レヴェナント:蘇りし者」でも
編集ではコイツに勝てないだろう。

「スター・ウォーズ」?
あんたの出る幕ではない…

関連項目

第88回アカデミー賞予想 作品賞&監督賞
第88回アカデミー賞予想 外国語映画賞&長編ドキュメンタリー賞
第88回アカデミー賞予想 男優賞
第88回アカデミー賞予想 女優賞
第88回アカデミー賞予想 脚本&脚色賞
第88回アカデミー賞予想 長編アニメ賞&美術賞
第88回アカデミー賞予想 作曲&歌曲賞

関連記事

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

「チリの闘い」アジェンデ政権崩壊から観る今の国際戦略

チリの闘い(1975) La batalla de Chile(1975) 監督:パトリシオ

続きを読む

【ネタバレなし 】「本能寺ホテル」綾瀬はるかと濱田岳の良さを存分に発揮!万城目学さん涙目

本能寺ホテル(2017) 監督:鈴木雅之 出演:綾瀬はるか、 濱田岳、堤真一etc

続きを読む

“Ç”ダルデンヌ最高傑作!「サンドラの週末」

deux jours, une nuit 監督:ダルデンヌ兄弟 出演:マリオン・コティヤール

続きを読む

“Ç”奇人ボビー・フィッシャーをスパイダーマンが好演「完全なるチェックメイト」

完全なるチェックメイト(PAWN SACRIFICE) 監督:エドワード・ズウィック 出演:

続きを読む

【ヴェネチア映画祭】「エル・クラン」アルモドバルは後輩育成もできるぞ!

エル・クラン(2015) EL CLAN(2015) 監督:パブロ・トラペロ 出演:ギレル

続きを読む

【注目】緊急企画チェ・ブンブンのオールタイムワースト映画10本発表

【注目】緊急企画チェ・ブンブンのオールタイムワースト映画10本発表 現在公開中の実写版『鋼の錬

続きを読む

”Ç”捕食されるぞ!ゲスの極み、恐竜に「ジュラシック・ワールド」

ジュラシック・ワールド(Jurassic World) 監督:コリン・トレボロウ 出演:クリ

続きを読む

“Ç”【渋谷シネクイント休館】「シング・ストリート」楽曲の魅力に迫る

シング・ストリート 未来へのうた(2015) Sing Street(2015) 監督:ジョン・カ

続きを読む

“Ç”ジミヘンの知られざる半生「JIMI:栄光への軌跡」

JIMI:栄光への軌跡(JIMI:ALL IS MY SIDE) 監督:ジョン・リドリー 出

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑