*

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

“Ç”【レポート】ヒップホップ誕生の歴史

ポピュラー音楽論のレポート

 去年、「ポピュラー音楽論」って授業で書いたレポートが
出土したのでここに思い出として残しておきます。
 ヒップホップの歴史を書いてA+貰った、
理系の学部からは激怒モンの内容ですが
暇つぶしにどうぞw
 ただし、音楽系のレポート課題で剽窃は
しないでください…

1.ヒップホップとは

 ヒップホップとは1970年代以降アメリカ、
ブロンクスから始まった音楽ジャンルである。
元々、ヒップホップとはDJ、ラップ、
ブレイクダンス、スプレー缶で描く絵などで
表現されるグラフィティをまとめた文化用語であった。

 1970年代、アメリカはヴェトナム戦争の泥沼化、
公民権運動、オイルショックによる不景気により
経済が悪化していた。人々は社会の不安に対する
一抹の安らぎを音楽やダンスに捧げ、
マンハッタン島の各地で様々な
音楽ジャンルが誕生していた。

 例えば、ミッドタウンではディスコが、
ダウンタウンではパンクが流行していた。
上記の流行と同じ時期にシンセサイザー
と呼ばれる電子楽器の低価格が進み、
DJは音楽を流すだけでなく作ることで技術を
向上させていった。ブロンクスでは当時、
不況による黒人の失業者が多発し暴動、強奪が多発。
人々は治安の悪い地域でのストレスを
ブロックパーティーで解消していた。
そのブロックパーティーでDJを務めていた
クール・ハークがある発見をする。

2.クール・ハークの発見

 その発見とは来場者が特定の箇所で
踊ると盛り上がる現象である。
ドラムのソロが挿入される箇所がまさ
に盛り上がるポイントである。
その箇所をリズム・ブレイクと呼ぶ。
クール・ハークは短いリズム・ブレイクを
いかにして長くするかを考え、
レコードを二台のターンテーブルにそれぞれ
同じレコードを用意し、
交互にリズム・ブレイクを流す
ループの技術を編み出した。
丁度その頃、ミキサーという、ターンテーブルから
ターンテーブルまで滑らかに音を移せる
機械が発明された時期でもあり、
DJたちは日々創造的かつ独創的な
運用方法開発に熱中していた注1
が故にヒップホップ創世の勢いを加速させた。
そして次第にリズム・ブレイクだけを使って
曲が成り立つ理論がDJの間で広まり、
彼らは中古レコードという鉱脈から
盛り上がるリズム・ブレイクを探すようになった。
そして、リズム・ブレイクによる音楽が流行すると共に、
音楽中にラップやダンスを競い合い、
ヒップホップの四要素が形成されていった。
やがてさらに機材が発達し、サンプラと
呼ばれる自由に音を抽出できる機材が登場すると、
リズム・ブレイク以外の箇所からDJは音を
抽出するようになった。そして、DJが作り出す
抽出音上でラップを歌い、その詩の抽出した
音に乗せられるか、心地よい韻を生み出し観客の
賛同を得られるかといったテクニックを競い合う
言葉遊びとしてのヒップホップが誕生した。
そのネタとして、例えば白人社会への抗議や自分の不幸話があった。

3.チョー近代的な音楽

 ヒップホップが従来の音楽ジャンルと違う点は、
受動的か能動的かにある。従来の音楽は
アーティストの作った作品を鑑賞する、
いわばアーティストの作品を観客が受容するだけであった。
 例えばビートルズやザ・ローリング・ストーンズは
観客に一方的に音楽を提供するだけで、
観客は彼らの曲全域を受容するだけであった。
 それに対し、ヒップホップはアーティストの
音楽を解体、再構成し、新たな音楽を作る
二次創作色が強い音楽ジャンルであり、
従来の音楽の歴史や伝統に対する
ポストモダン、つまり新しい音楽の
あり方を発見した運動と言える。

 

→NEXT:ヒップホップが「悪」のシンボルになったワケ


ページ: 1 2 3

関連記事

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

【酷評/ネタバレ解説】「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が劣化版「君の名は。」ですらなかった10の理由

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017) 監督:武内宣之 声の出演:広瀬す

続きを読む

“Ç”デッドプールと一緒にクリムトを取り返そう!「黄金のアデーレ 名画の帰還」

黄金のアデーレ 名画の帰還 Woman in Gold 監督:サイモン・カーティス 出演:

続きを読む

“Ç”「心が叫びたがってるんだ。」学園生活の難所を「あの花」スタッフがアニメ化!

心が叫びたがってるんだ。 Beautiful World Beautiful World 監督:

続きを読む

“Ç”キログラム原器のトランスポーター「1001グラム ハカリしれない愛のこと」

1001グラム ハカリしれない愛のこと(1001 grams) 監督:ベント・ハーメル 出演

続きを読む

【尾道映画特集】「あの、夏の日 – とんでろ じいちゃん」子供映画に見えて…ドラッグ映画だ(汗

あの、夏の日 - とんでろ じいちゃん(1999) 監督:大林宣彦 出演:小林桂樹, 厚木

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想7:美術、衣装デザイン、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

美術賞ノミネート一覧 ・「イミテーション・ゲーム」 ・「ターナー、光より愛を求めて」 ・「イン

続きを読む

“Ç”【ネタバレ&解説】「ピンクとグレー」NEWS加藤シゲアキの小説×行定勲 実は中島裕翔は…

ピンクとグレー(2016) 監督:行定勲 出演:中島裕翔、菅田将暉、夏帆、柳楽優弥、マキタス

続きを読む

“Ç”日本公開決定!?「きっと、星のせいじゃない。」

異色の難病もの「きっと、星のせいじゃない。」 監督:ジョシュ・ボーン 出演:シェレン・ウッドレイ

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑬】「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」吉永小百合リベンジマッチ

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清,高田敏江, 宮口精

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑