*

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991)
La vie des morts(1991)


監督:アルノー・デプレシャン
出演:ティボール・ド・モンタレンベール、
レシュ・レボビッチ、マリアンヌ・ドニクールetc

評価:55点

アルノー・デプレシャンデビュー作『二十歳の死』。たった50分の中に複雑な人間模様を描き切ったことで、プルミエ・プラン映画祭最優秀ヨーロッパ短篇映画脚本賞受賞、同年ジャン・ヴィゴ賞受賞。90年代デプレシャンブームのきっかけとなった作品だ。TSUTAYA渋谷店でVHSがあったので借りて観てみました。

『二十歳の死』あらすじ

パトリックが散弾銃で自殺した。家族は葬式の為に集まる。パトリックの死により、家族は自分の人生を彷徨う…

パトリック、人生やめるってよ

本作の原題は《La vie des morts(死の人生)》となっている。映画を観ると、そこにある《死》はたった一つにも関わらず、原題では《死》が複数形になっている。何故、《La vie de la mort》ではないのか。これは、パトリックの死を通じて、死んだような人生が亡霊のように画面を彷徨う様子を描いたものだからだ。

本作は、『桐島、部活やめるってよ』の桐島同様、パトリックをマクガフィンとしている。パトリックの死は重要ではなく、パトリックの死を通じて移ろいゆく人々の心が重要なのだ。だから、パトリックは劇中ほとんど登場しない。血の痕跡から、彼の残像が伺える程度である。

パトリックの死により、家族の死んだような人生が紐解かれる。パスカルは、浴室で嘔吐する。そして母親と口論を始める。「死んだ人より、生きている人のことを気にして!」と苛立ちを露わにする。パトリックの母は、彼の自殺の原因は自分にあると考え、「私は殺人者だ」と嘆く。

劇中無数に散乱する《叫び》。乱雑かつ、そこには映画というものがない。しかしながら、次第に、パトリックの生前には虚無=死が広がっており、パトリックの死を通じて人々がその虚無と向かい合ってなんとか、その先の世界へ行こうとしていることが分かる。

デプレシャン映画が苦手な私にとって、彼の作家性の原石である本作は当然ながら苦手だった。しかしながら、デビュー作にして、それも50分の作品にも関わらず、無数の人物使って、《La vie des morts》という絵画を紡ぎ出したデプレシャンは相当なテクニシャンだと感じた。

関連記事

【速報】第68回ベルリン国際映画祭受賞結果 ウェス・アンダーソン2作品連続受賞

第68回ベルリン国際映画祭受賞結果 金熊賞:Touch Me Not 監督:Adina Pi

続きを読む

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 濱口竜介だけじゃない!シネフィル燃えるオールスター感謝祭だ

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 今年もこの季節がやってきました。カンヌ国際映画祭。今

続きを読む

映画芸術2017ベスト&ワースト映画! ワーストは「三度目の殺人」 そしてベストは石井裕也のアレだった件

2017年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術のベストテン及びワー

続きを読む

【解説】『BPM ビート・パー・ミニット』日本のアクティヴィストに観て欲しい!

BPM ビート・パー・ミニット(2017) 120 battements par minute(2

続きを読む

シネフィル必見最強のVOD《MUBI》は難易度高いが挑戦する価値あり!

シネフィル必見最強のVOD《mubi》を使ってみた 『スリー・ビルボード』公開のこのタイミングで、

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊱】「男はつらいよ 柴又より愛をこめて」ボンド要素はありませぬ

男はつらいよ 柴又より愛をこめて(1985) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 川谷拓三,

続きを読む

『ランペイジ 巨獣大乱闘』おさるのジョージ シカゴへ行く

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018) RAMPAGE(2018) 監督:ブラッド・ペイトン

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【Netflix】『クッキング・ハイ』テレビでもYoutubeでもできない究極の料理番組だ!

クッキング・ハイ:マリファナ料理対決 COOKING ON HIGH Twitterで今話題

続きを読む

【後半ネタバレあり】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は教職課程必修科目だ!

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017) 監督:湯浅弘章 出演:南沙良、蒔田彩珠

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑