*

【ネタバレなし】『ラブレス』ズビャギンツェフ最新作はマジでLOVELESSだった

【ネタバレなし】『ラブレス』ズビャギンツェフ最新作はマジでLOVELESSだった

ラブレス(2017)
英題:LOVELESS
原題:Нелюбовь


監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
出演:マリアナ・スピヴァク、
アレクセイ・ロズィンetc

評価:75点

キリル文字の方が読みやすい名前No.1(ブンブン調べ)のアンドレイ・ズビャギンツェフАндре́й Звя́гинцев監督最新作。日本公開4/7(土)ですが試写会で一足早く拝見してきました。

『ラブレス』あらすじ

ボリスとイニヤは離婚を決めている。既に二人には新しいパートナーがおり、一刻も早く事務処理を終わらせて別れたがっている。そんな中、息子が疾走する事件が発生。ボリスとイニヤは警察や地元のボランティア団体に相談して捜索するのだが…

マジでLOVELESSだった

このタイトルに偽りなし。愛のない世界の地獄が描かれていた。

互いに不倫をしていて、離婚も決まっている夫婦。対面するなり激しい口喧嘩が繰り広げられる。そして、離婚後の息子を誰が引き取るかでヒートアップ。互いに押し付けあう。悲しみにくれる息子。息子が涙を魅せているのに、父は仕事、別の女とのセックスに忙しく、母はスマホ、別の男とのセックスに忙しい。誰も息子を必要としていない。怒りと悲しみと憎しみに暮れる息子は復讐するかのように、、、消えた。

こうあらすじを聞くと、息子の失踪をきっかけにLOVELESSな関係が癒されていく話に見えるかもしれない。しかし、相手はズビャギンツェフだ。そんな展開になる訳がない。

徹底的にLOVELESSな溝を深めに深める。思わず笑ってしまうレベルで、夫婦のエゴが対立し混沌を極めていくのだ。

それを、ズビャギンツェフの右腕カメラマンであるミハイル・クリチマンの舐めるようなカメラワーク。アンドレイ・ポンクラトフのもはやSF映画さながらのインテリア配置で汚く廃墟な世界の中にある《美》が切り取られる。廃墟フェチ、長回しフェチにとっては発狂レベルだ。さらに、『メン・イン・キャット』のガルペリン兄弟による緊迫したサウンドが映画を盛り上げ私の心をがっつり掴み離さない。

作品を経るごとにブラックユーモアレベルと凶悪さが増すズビャギンツェフ作品ではあるが、今回は集大成といえよう。

日本公開は4/7ヒューマントラストシネマ有楽町他にて。
是非劇場で、特に音響の良い映画館でウォッチしてみてください。

余談:狂気の抽選大会

今回の試写会は原宿クエストとのコラボで、上映後には111名に当たる商品券の抽選会が行われた。『ラブレス』を観た後に明るく行われた抽選会には狂気を感じました。とはいえ1000円券を頂いたので、私とダチはお蕎麦屋でせいろを有り難く頂きました。

ズビャギンツェフ映画記事

“Ç”「Leviathan」日本公開記念。ズビャギンツェフデビュー作「父、帰る」
“Ç”カンヌ映画祭脚本賞受賞!俺ん家守れ!「裁かれるは善人のみ」10月31日日本公開!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

『イカロス』ダークホース!アカデミー賞ドキュメンタリー賞受賞のネットフリックス映画

イカロス(2017) ICARUS(2017) 監督:ブライアン・フォーゲル 評価:7

続きを読む

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 濱口竜介だけじゃない!シネフィル燃えるオールスター感謝祭だ

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 今年もこの季節がやってきました。カンヌ国際映画祭。今

続きを読む

【絶賛】『8年越しの花嫁 奇跡の実話』侮るなかれ!瀬々敬久が放つ大傑作!

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017) 監督:瀬々敬久 出演:佐藤健、土屋太鳳、薬師丸ひろ子

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊶】「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」ウィーン旅行敢行編

男はつらいよ 寅次郎心の旅路(1989) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 淡路恵子、 倍

続きを読む

シネフィル必見最強のVOD《MUBI》は難易度高いが挑戦する価値あり!

シネフィル必見最強のVOD《mubi》を使ってみた 『スリー・ビルボード』公開のこのタイミングで、

続きを読む

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

『ヴァレリアン』リュック・ベッソンはホドロフスキーとメビウスに近づきたい!

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017) 英題:Valerian and the City of

続きを読む

【ネタバレ】『羊の木』はおもてなし課から出向した錦戸亮のエクストリームおもてなし映画だ!

羊の木(2018) 監督:吉田大八 出演:錦戸亮,木村文乃, 北村一輝,優香, 市川実日

続きを読む

【ネタバレ解説】『ダウンサイズ』期待したものはないが期待以上の面白さはある

ダウンサイズ(2017) Downsizing(2017) 監督:アレクサンダー・ペイン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑