*

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974)
CELINE ET JULIE VONT EN BATEAU(1974)


監督:ジャック・リヴェット
出演:ジュリエット・ベルト、
ドミニク・ラブリエetc

評価:90点

今年は12時間の怪作「アウトワン」がアンスティチュフランセで上映されたり、新文芸坐で激レアな作品(「デュエル」など)が上映されたりと、ジャック・リヴェットにフォーカスが当たっている年である。ただ、意外にもジャック・リヴェット過去作はTSUTAYAに置いてあり、今回、「セリーヌとジュリーは舟でゆく」を観てみた。

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」あらすじ

ジュリーが魔法の本を読んでいると、なんとも奇抜な衣裳のセリーヌが前を通り過ぎる。彼女がスカーフを落としたもんだから、ジュリーは彼女を追いかけると、お屋敷に到着する。お屋敷の扉を抜けると、時間を超越することができる。ジュリーとセリーヌは次第に、お屋敷が抱える、少女毒殺事件の結末を変えようと何度もタイムワープをするが…

ジャック・リヴェットが贈る「不思議の国のアリス」

「ある日、ジュリーが本を読んでいると、目の前に奇抜な女性が急ぎ足でジュリーの前を通り過ぎていった。」

完全に「不思議の国のアリス」のプロットである。本作は、長い、即興、そしてぶっ飛んでいる映画を作ることでお馴染み、ジャック・リヴェットが、「不思議の国のアリス」を換骨奪胎させてみた作品である。「不思議の国のアリス」の引用は映画史が始まってから幾度となく行われてきて、陳腐化が激しい。今となっては、中学生、高校生がネット上で小説を書く際にも引用されるほどだ。そして上記のあらすじを読んで分かるとおり、本作は「ラノベか!」と突っ込みたくなるほど、日本に住んでいる者にとって既視感ありありの内容となっている。そう、ジャック・リヴェットの「セリーヌとジュリーは舟でゆく」は、日本人の若者が大好きな「不思議の国のアリス」と「タイムリープ」ものを合体させた話だったのだ。

しかしながら、監督はジャック・リヴェット。美しくもぶっ飛んでいた。

まず、本作が作られたのがカウンターカルチャー、ヒッピー万歳な1970年代ということもあり、ディズニーアニメ「ふしぎの国のアリス」に負けんじとサイケデリックである。ど派手なファッションのセリーヌとジュリー。恐らくゲリラ撮影であろう、ホームビデオ感覚でフランスの街を軽やかに走り回る。彼女の会話と、周りの人の会話が噛み合っていない。図書館で本を引き裂く。アナーキーの極みだ。

そして、荒ぶる彼女たちがたどり着く屋敷の扉が開いた時、彼女は時を超える。本気なのかジョークなのか、少女毒殺事件を救おうと何度も時を超える。そして、意味深なタイトルの意味が分かり、解体されまくっている「不思議の国のアリス」の世界が綺麗な円環構造に収まった時にブンブンの心は多幸感に包まれた。

今となっては、ラノベでよく見かける話だが、1970年代にこの内容を、しかもドキュメンタリータッチで作ったジャック・リヴェットが凄いと感じた。数十年早い内容の映画ではあるが、これは紛れもない傑作。

タイムリープ系ラノベ好き、「不思議の国のアリス」好きはもちろん。「ひなぎく」のようにファッショナブルでぶっ飛んだ映画を嗜みたい方にもぴったりな作品と言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

”Ç”こんな映画観たことない「この空の花 長岡花火物語」

この空の花 長岡花火物語 監督:大林宣彦 出演:松雪泰子、高嶋政宏、猪股南etc 評価

続きを読む

“Ç”12thラテン・ビート映画祭に潜入!「ザ・クラブ(EL CLUB)」チリの新鋭暴れる!

第12回ラテン・ビート映画祭に行ったぞ! 映画オタク歴8年目にしてようやく 最近インディーズ

続きを読む

【続編ネタバレなし】「T2 トレインスポッティング」わーい!すごーい!たーのしー!

T2 トレインスポッティング(2017) T2 Trainspotting(2017) 監督

続きを読む

“Ç”超トリッキーな少女マンガもの「orange」

orange 監督:橋本光二郎 出演:土屋太鳳、山崎賢人、竜星涼、山崎紘菜、桜田通etc

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想7:美術、衣装デザイン、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

美術賞ノミネート一覧 ・「イミテーション・ゲーム」 ・「ターナー、光より愛を求めて」 ・「イン

続きを読む

【ネタバレなし】TIFF2016鑑賞記録4「メッセージ」ヴィルヌーヴのばかうけ映画はSFではない??

メッセージ(2016) ARRIVAL(2016) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:エイ

続きを読む

“Ç”第89回キネマ旬報ベストテン発表!日本映画編 1位は案の上「恋人たち」

2015年第89回キネマ旬報ベストテン日本映画部門 さて、映画ファン毎年お待ちかね、 キネマ

続きを読む

3面スクリーンの映画館ScreenX爆誕記念!今こそ観たい「西部開拓史」

3面スクリーンの映画館ScreenX爆誕! 7/1(土)よりお台場「ユナイテッド・シネマ アク

続きを読む

【小話】ブンブン直伝、シネフィルのための語学力向上法

映画オフ会でこんな質問が! どうも、チェ・ブンブンです。 最近、社会人間際なので、 会社以外で

続きを読む

“Ç”200頭の犬に追いかけられたら…「ホワイト・ゴッド 少女と犬の狂詩曲(ラプソティ)」

「WHITE GOD」 監督:Kornel Mundruczó 出演:Zsófia Psot

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑