*

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」ジャック・リヴェットはラノベっぽい映画を撮る

セリーヌとジュリーは舟でゆく(1974)
CELINE ET JULIE VONT EN BATEAU(1974)


監督:ジャック・リヴェット
出演:ジュリエット・ベルト、
ドミニク・ラブリエetc

評価:90点

今年は12時間の怪作「アウトワン」がアンスティチュフランセで上映されたり、新文芸坐で激レアな作品(「デュエル」など)が上映されたりと、ジャック・リヴェットにフォーカスが当たっている年である。ただ、意外にもジャック・リヴェット過去作はTSUTAYAに置いてあり、今回、「セリーヌとジュリーは舟でゆく」を観てみた。

「セリーヌとジュリーは舟でゆく」あらすじ

ジュリーが魔法の本を読んでいると、なんとも奇抜な衣裳のセリーヌが前を通り過ぎる。彼女がスカーフを落としたもんだから、ジュリーは彼女を追いかけると、お屋敷に到着する。お屋敷の扉を抜けると、時間を超越することができる。ジュリーとセリーヌは次第に、お屋敷が抱える、少女毒殺事件の結末を変えようと何度もタイムワープをするが…

ジャック・リヴェットが贈る「不思議の国のアリス」

「ある日、ジュリーが本を読んでいると、目の前に奇抜な女性が急ぎ足でジュリーの前を通り過ぎていった。」

完全に「不思議の国のアリス」のプロットである。本作は、長い、即興、そしてぶっ飛んでいる映画を作ることでお馴染み、ジャック・リヴェットが、「不思議の国のアリス」を換骨奪胎させてみた作品である。「不思議の国のアリス」の引用は映画史が始まってから幾度となく行われてきて、陳腐化が激しい。今となっては、中学生、高校生がネット上で小説を書く際にも引用されるほどだ。そして上記のあらすじを読んで分かるとおり、本作は「ラノベか!」と突っ込みたくなるほど、日本に住んでいる者にとって既視感ありありの内容となっている。そう、ジャック・リヴェットの「セリーヌとジュリーは舟でゆく」は、日本人の若者が大好きな「不思議の国のアリス」と「タイムリープ」ものを合体させた話だったのだ。

しかしながら、監督はジャック・リヴェット。美しくもぶっ飛んでいた。

まず、本作が作られたのがカウンターカルチャー、ヒッピー万歳な1970年代ということもあり、ディズニーアニメ「ふしぎの国のアリス」に負けんじとサイケデリックである。ど派手なファッションのセリーヌとジュリー。恐らくゲリラ撮影であろう、ホームビデオ感覚でフランスの街を軽やかに走り回る。彼女の会話と、周りの人の会話が噛み合っていない。図書館で本を引き裂く。アナーキーの極みだ。

そして、荒ぶる彼女たちがたどり着く屋敷の扉が開いた時、彼女は時を超える。本気なのかジョークなのか、少女毒殺事件を救おうと何度も時を超える。そして、意味深なタイトルの意味が分かり、解体されまくっている「不思議の国のアリス」の世界が綺麗な円環構造に収まった時にブンブンの心は多幸感に包まれた。

今となっては、ラノベでよく見かける話だが、1970年代にこの内容を、しかもドキュメンタリータッチで作ったジャック・リヴェットが凄いと感じた。数十年早い内容の映画ではあるが、これは紛れもない傑作。

タイムリープ系ラノベ好き、「不思議の国のアリス」好きはもちろん。「ひなぎく」のようにファッショナブルでぶっ飛んだ映画を嗜みたい方にもぴったりな作品と言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」音楽ドキュメンタリー史上最大の悲劇

ザ・ローリング・ストーンズ/ ギミー・シェルター(1970) GIMME SHELTER(197

続きを読む

「ブロンド少女は過激に美しく」は官能ではない!もう一つの「裏窓」だ!

ブロンド少女は過激に美しく(2009) 原題:SINGULARIDADES DE UMA RAPA

続きを読む

“Ç”キスマイ玉森裕太が有川浩映画に関西弁で挑戦「レインツリーの国」

レインツリーの国 監督:三宅喜重 出演:玉森裕太、西内まりやetc 評価:75点

続きを読む

フランス映画「はなればなれに(1964)」

監督:ジャン=リュック・ゴダール 主演:アンナ・カリーナ、ダニエル・ジラールetc

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞受賞「ケンとカズ」

第28回東京国際映画祭受賞結果発表! 東京グランプリ:「ニーゼ」 ブラジルの女医を描いた

続きを読む

“Ç”「神のゆらぎ」グザヴィエドランの演じたエホバの証人とは?

神のゆらぎ(2013) Milaculum(2013) 監督:ダニエル・グルー 出演:グザヴィエ・

続きを読む

「海は燃えている」アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞ノミネート経済難民の真実

海は燃えている  イタリア最南端の小さな島(2016) Fuocoammare(2016)

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「貞子VS伽椰子」白石晃士の本気!総選恐を制した貞子は…

貞子VS伽椰子(2016) 監督:白石晃士 出演:山本美月、玉城ティナetc 評価

続きを読む

“Ç”アンドロイド、平田オリザ、深田晃司「さようなら」

さようなら 監督:深田晃司 出演:ブライアリー・ロング、新井浩文、ジェミノイドF、村田牧子e

続きを読む

“Ç”スタローン好演「ロッキー」新章「クリード チャンプを継ぐ男」

クリード チャンプを継ぐ男(CREED) 監督:ライアン・クーグラー 出演:シルベスター・ス

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein B

【絶賛】『バーフバリ 王の凱旋』前作未見でもノープロブレム 地を這ってでもこの映画を観てくれ!

バーフバリ 王の凱旋(2017) Baahubali 2: The

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑