*

【解説】「オン・ザ・ミルキー・ロード」はクストリッツァ版「この世界の片隅に」であり「ダンケルク」だ!

【解説】「オン・ザ・ミルキー・ロード」はクストリッツァ版「この世界の片隅に」であり「ダンケルク」だ!

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016)
ON THE MILKY ROAD(2016)


監督:エミール・クストリッツァ
出演:エミール・クストリッツァ、
モニカ・ベルッチ、
プレグラグ・ミキ・マノジョロビッチetc

評価:75点

エミール・クストリッツァ…「黒猫・白猫」「アンダーグラウンド」で欧米だけでなく日本人もロマのUNZA♪UNZA♪ミュージックに熱狂させたことで有名なユーゴスラビア出身の監督だ。そんなエミール・クストリッツァ監督が、サッカー選手ドキュメンタリー「マラドーナ」以来9年ぶりに新作を日本に放った。その名も「オン・ザ・ミルキー・ロード」。日本でもクストリッツァ人気は高く、毎年のようにクストリッツァの特集上映が開催され、今年も「アンダーグラウンド」の5時間テレビ版を上映したというのに、東京都内ではTOHOシネマズシャンテのみ(YEBISU GARDEN CINEMAでも上映しないらしい)の上映という哀しい状況だが、ブンブン有給取って観てきました。果たして…

「オン・ザ・ミルキー・ロード」あらすじ

戦時中のとある村。ミルク配達員の男コスタは、謎の美少女に惹かれる。そして、逃避行が幕を開けるのであった…

クストリッツァ版「この世界の片隅に」

これはクストリッツァ版「この世界の片隅に」であり「ダンケルク」であった。

まず、本作を語る前にクストリッツァ監督の出身国であるユーゴスラビアについて知る必要がある。ユーゴスラビアと言えば、7つの国境、6つの共和国、5つの言語に3つの宗教、2つの文字と複雑な背景を持っていた今は亡き国で、常に激しい紛争で荒れていたことで有名だ。

クストリッツァ監督は伝家の宝刀UNZA♪ミュージックとシュルレアリスムを使い、自身を主演に怒りをぶつけた。

冒頭、アヒル軍団がブタの鮮血に飛び込むシーンから、「一見統率取れている純白なユーゴスラビアは血で血を洗うカオスなヤバイ国だったんだぜ!」というメッセージが聞こえてくる。

本作は牛乳配達員(エミール・クストリッツァ)がモニカ・ベルッチ扮する無軌道な謎の美女と逃避行するという内容だが、人間よりも動物にフォーカスが当たっている。

ハクソー・リッジ」や「ダンケルク」さながらの爆撃の中(今年屈指の爆破描写)を、羊やロバ、蝶などが健気に生きる様子を徹底的に見せる。まさに「この世界の片隅に」で表現されていた、「地獄の人間界と紙一重で存在する自然界の天国」が効果的に演出されていた。しかし「この世界の片隅に」とは違い、この映画の天国は激しく粉砕されていく為、ヒリヒリする程痛い。「この世界の片隅に」以上に、動物の「生と死」が強調されている。

蛇が牛乳配達員がこぼした牛乳をすする。鳥は人間どもが引き起こした戦火を気にせず自由に大空を羽ばたく。この健気さを観ると、永遠と戦争しては休戦しを繰り返す人間どもの活動がバカらしく思えてくる。そして動物たちの「自由」まで浸食する人間どもが哀れに思えてくる。CGや特撮でホンモノの動物に残虐行為はしていないものの、強烈で凄惨な人間・動物殺戮描写を演出することで、観客に「痛み」を与えるのだ。

今まで、クストリッツァ監督はにユーゴスラビアの愚かないがみ合いや戦い、移民の辛さをロマの音楽に合わせて描いてきた。今回、クストリッツァ監督自身が主演し、今までにない容赦しない演出に監督の「怒り」を感じ取った。人種のいがみ合いで国すら亡くなってしまった哀しみ。陽気なサウンドの裏側に、強烈な哀しみが込められていたのだ。

まあ「アンダーグラウンド」が凄すぎた為、それを超えるには至らない作品ですが、一見の価値ある作品と言えよう。是非、TOHOシネマズシャンテへ行ってみてください!

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER2049(2017) 監督:ド

続きを読む

「聖の青春」村山聖VS羽生善治の静かな闘いを疑似体験

聖の青春(2016) 監督:森義隆 出演:松山ケンイチ、 東出昌大、染谷将太etc

続きを読む

【NETFLIX】「キャッチボール屋」伝説的大崎章を観てみた…

キャッチボール屋(2006) 監督:大崎章 出演:大森南朋、 庵野秀明、内田春菊etc

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑦】「男はつらいよ 奮闘篇」珍しい!おつむの弱い女性が寅ガール!

男はつらいよ 奮闘篇(1971) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 田中邦衛, ミヤコ蝶々

続きを読む

【ネタバレなし解説】『マイティ・ソー:バトルロイヤル』はソー映画最高傑作

マイティ・ソー:バトルロイヤル(2017) THOR:RAGNAROK(2017) 監督:タ

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑯】「男はつらいよ 葛飾立志篇」考古学チームVS朝日印刷チーム

男はつらいよ 葛飾立志篇(1975) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,桜田淳子

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑨】 「男はつらいよ 柴又慕情」ペプシの主張が激しい

男はつらいよ 柴又慕情(1972) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,宮口精二,

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉝】「男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎」タコ社長の娘登場

男はつらいよ 夜霧にむせぶ寅次郎(1984) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 渡瀬恒彦,

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉓】「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」満男の作文事件勃発

男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,布施

続きを読む

【寅さんフルマラソン①】「男はつらいよ」寅次郎、縁談邪魔するの巻き

男はつらいよ(1969) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 倍賞千恵子、前田吟、 津坂匡章

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『グッバイ・クリストファー・ロビン』くまのプーさんには黒歴史が…あった…

グッバイ・クリストファー・ロビン(2017) Goodbye Chr

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみた

【炎上】抗争勃発『カメラを止めるな!』盗作疑惑問題について考えてみ

【酷評】『銀魂2 掟は破るためにこそある』斬りたくないが斬るでごわす!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018) 監督:福田雄一 出

『劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人』これぞ正しい夏休み映画!スポーツ観戦感覚で観れます♩

劇場版 七つの大罪 天空の囚われ人(2018) 監督:西片康人

【ネタバレ考察】『ペンギン・ハイウェイ』ボインボインの陽のもとに

ペンギン・ハイウェイ(2018) Penguin Highway(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑