*

【カンヌ国際映画祭特集】「掟 Tilaï」審査員特別賞グランプリ受賞のブルキナファソ映画

【カンヌ国際映画祭特集】「掟 Tilaï」審査員特別賞グランプリ受賞のブルキナファソ映画

掟(1990)
Tilaï(1990)


監督:イドリッサ・ウエドラオゴ
出演:ラスマネ・ウエドラオゴ、
イナ・シセetc

評価:75点

今年もカンヌ国際映画祭のシーズンがやってまいりました。今年は5/17~5/28に行われます。ってことで、当ブログもカンヌ国際映画祭関連作品を紹介しようと、歴代の受賞作品リストを眺めていたところ、面白い作品を見つけました。それは「掟」。なんとブルキナファソの映画です。

ブルキナファソはアフリカ西部に位置する国で、国名は「高潔な人の祖国」という意味を持っています。
調べて観たところ、一つの国の中にモシ人、プル人、ボボ人など様々な民族が入り乱れ、また度重なる軍事クーデターで情勢が不安定な国とのこと。

果たしてそんなブルキナファソの映画はどういったものなのだろうか?

「掟」あらすじ

数年放浪していた青年サガが村に帰ってきた。しかし、村人の様子はおかしい。歓迎ムードではない。実は青年の恋人ノグマは村長の命令で別の人と結婚させられていたのだ。村長の隙を見て再び情事に励むサガとノグマだったが…

人生初ブルキナファソ映画

カンヌ国際映画祭で、小栗康平の「死の棘」と同時に審査員特別グランプリを受賞したブルキナファソ映画。

アフリカ映画はなかなか日本で観ることができない。南アフリカ共和国なら「第9地区」「ジャッジ・ドレッド」等、近年見かける。
しかし、ブルキナファソと聞くとピンとこない。しかし、今回観たブルキナファソ映画「掟」は非常に面白かった。

放浪の旅から帰ってきた男は村の異変に気付く。なんだか、ヨソヨソしい。
自分の恋人が村長命令で、夫人になっていたのだ。

恋人も嫌々承諾したと聞いて怒りに燃える男は、こっそり恋人と常時を交わすのだが、案の定バレる。

スレイマン・シセのマリ映画「ひかり」もそうだが、アフリカの部族は村長ないし部族長が絶対的な権限を持っており、日本やアメリカなんかとは違って、ボスの逆鱗に触れた際の制裁がエゲツない。

アメリカの部族と聞くと、陽気だったり、怒りのデス・ロードのように荒ぶっているイメージが強いが、この「掟」の部族はネチネチ、ネチネチと非常に嫌らしいイジメをしてくる。

「死の棘」さながらイヤーな傑作であった。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”まさかの実写版…しかし、あれは偽物だ!「パディントン」2016/1/15日本公開決定!

みんなはこのキャラクターを 知ってるかい? 小さい頃、ママに読んでもらったこと であろ

続きを読む

【追悼・鈴木清順】「ピストル・オペラ」変態映画の美学

ピストル・オペラ(2001) PISTOL OPERA(2001) 監督:鈴木清順 出演:

続きを読む

【したコメ】「全力スマッシュ」あの嘔吐物はホンモノDEATH!

全力スマッシュ(2015) FULL STRIKE(2015) 監督:デレク・クォック、ヘン

続きを読む

地球の急ぎ方~北欧編:魔女の宅急便の舞台!ガムラスタンへ行ってみた なんとノーベル博物館もあるぞ~

北欧卒業旅行記: ガムラスタン(GAMLA STAN) 先日、卒業旅行で スウェーデン・ス

続きを読む

“Ç”最低映画の祭典第36回ラジー賞受賞結果速報

第36回ラジー賞受賞発表! 皆さん、明日は待望のアカデミー賞 授賞式ですが、何か忘れていませ

続きを読む

【ジャック・リヴェット追悼】アウトワン#最終章 長かった…

アウトワン(1971) OUT1(1971) 監督:ジャック・リヴェット 出演:ジャン=ピ

続きを読む

「Ma Loute」ブルーノ・デュモンの歪んだ観光客像

北欧旅行で観た映画7: Ma Loute(2016) 監督:ブルーノ・デュモン 出演:ファ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録12「アクエリアス」ただの立ち退きバトル映画ではありません!

アクエリアス(2016) AQUARIUS(2016) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリ

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ジャームッシュの「コーヒー&シガレッツ」が凄い!

コーヒー&シガレッツ(2003) COFFEE AND CIGARETTES(2003) 監

続きを読む

アレクサンダー・ペイン新作『ダウンサイジング』が完全『ウルトラQ 1/8計画』だった件

アレクサンダー・ペイン新作 Downsizing製作中 IMDbを読んでいたら、「ネブラスカ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑