*

「セントラル・インテリジェンス」ロック様の笑顔が怖いwwww

「セントラル・インテリジェンス」ロック様の笑顔が怖いwwww

セントラル・インテリジェンス(2016)
CENTRAL INTELLIGENCE(2016)


監督:ローソン・マーシャル・サーバー
出演:ドウェイン・ジョンソン、
ケビン・ハート、エイミー・ライアンetc

評価:80点

北欧旅行の帰りの飛行機で観た作品。
やはり飛行機の機内エンターテイメント
には必ずこの手のライトなコメディが
あるので、ブンブンのような
飛行機に乗っている間とことん
映画を観まくる勢にとって
ありがたいところ。

さらに今回観たこの
「セントラル・インテリジェンス」は
あの「ザ・ロック」ことドウェイン・
ジョンソンのアクション・コメディ

なので、まずハズすわけがない。

恐らく日本公開はなし、
ビデオスルーだと思われるが、
ノリノリで紹介していくぞ!!

「セントラル・インテリジェンス」あらすじ

高校時代、おデブなボンクラだった
クラスメイトと久しぶりに再会したら、
ムキムキマッチョな
ロック様になっていた!

衝撃を受けるケビンだったが、
さらなるディープインパクトが!
なんとロック様は
殺人容疑でFBIに追われる
身でもあったのだ。
騒動に巻き込まれたケビンは
無事生還できるのだろうか?

変貌しすぎだろww

まず、本作は冒頭から
抱腹絶倒だ。
%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b9
ビフォーの姿がこちらです。
シャワールームでノリノリ歌い
踊っていたら、チャラ男に
連行され、バスケの試合会場で
サラされるのだ。
%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b92
ケビン(左)もドンビキである。

それが20年後…
%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b93
あーっと驚くムキムキマッチョマン
に大変貌!こちらがアフターの
姿です。

しかもFBIに追われているんだぜ☆
と笑顔で言われたら、恐怖以外の
何者でもありませんw

「モトトモ」だからという心の
隙間に入り込んでドンドン
騒動に巻き込まれていくケビン。
%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b94
%e3%82%bb%e3%83%b3%e3%83%88%e3%83%a9%e3%83%ab%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%83%86%e3%83%aa%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%83%b3%e3%82%b95
コメディとは思えないほどの、
ロック様の機敏な格闘術に
ケビンも観客も唖然だw

いやーここまでロック様が
楽しそうに演技をしているのを
観ると元気を貰える。
「ラッシュアワー」シリーズの
ようにくだらないバディもの
だけれども、アクションや
コメディシーンに一切の
妥協を許さず、とことん
エクストリームさを
追求しているので、
観終わった後の満足感は
MAXレベルです。

日本だと、なかなかこの手の
コメディが公開されないの
ですが、アメリカのアクションコメディ
は決して軽い気持ちで作ることなく、
役者スタッフ一同楽しみながらも
究極の娯楽を作り出しているので
積極的に日本公開
して欲しいところ。

せめて、DVDだけでも早く
リリースして欲しいな~

第10回したまちコメディ映画祭で上映決定!

第10回したまちコメディ映画祭in台東で本作「セントラル・インテリジェンス」の上映が決定しました。2017/09/16(Sat.)に東京国立博物館 平成館にて上映されます。これでドウェイン・ジョンソンのイカレ具合が日本でも堪能できますね♪

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”「FOUJITA」公開記念!小栗康平監督作「死の棘」を観る

死の棘(THE STRING OF DEATH) 監督:小栗康平 出演:松坂慶子、岸部一徳e

続きを読む

“Ç”トロント国際映画祭観客賞受賞!フリッツル事件に基づく「ルーム」原作の翻訳が凄い!

部屋 著者:エマ・ドナヒュー 翻訳:土屋京子 年が明けて映画ファンが一番気になるのは、

続きを読む

“Ç”【解説】「グランドフィナーレ」、フランチェスコ・ロージに捧げてる!?

グランドフィナーレ(2015) YOUTH(2015) 監督:パオロ・ソレンティーノ 出演

続きを読む

“Ç”シネコンより爆音な映画館知りたい?「百円の恋」

アップリンクすげ〜   アップリンクで、昨年留学につき見逃した 「百円の恋」を観てき

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「繻子の靴」オリヴェイラが描く7時間のクローデル劇

繻子の靴(1985) O Sapato de Cetim(1985) 監督:マノエル・ド・オ

続きを読む

“Ç”任天堂映画、事業参入するってよ記念「スーパーマリオ 魔界帝国の女神」

スーパーマリオ 魔界帝国の女神(1993) Super Mario Bros.(1993) 監督:

続きを読む

“Ç”「悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル」激しくヤバイ映画なのに環境問題に熱い

悪魔の毒々モンスター 新世紀絶叫バトル(2000) CITIZEN TOXIE: THE TOXIC

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『カサバ 町』ヌリ・ビルゲ・ジェイランの長編デビュー作

カサバ 町(1997) KASABA(1997) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:C

続きを読む

“Ç”【試写会】9/22公開「真田十勇士」堤幸彦は日本のエメリッヒだったw

真田十勇士(2016) 監督:堤幸彦 出演:中村勘九郎、松坂桃李、 大島優子、松平健、大竹しのぶ

続きを読む

“Ç”チェコの特撮王カレル・ゼマン「悪魔の発明」

チェコアニメーションと言えば? チェコ映画...映画オタクがぱっと浮かべるのは ヤン・シュヴァン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑