*

“Ç”おめぇら捜査官失格!「シークレット・アイズ」(「瞳の奥の秘密」リメイク作)

“Ç”おめぇら捜査官失格!「シークレット・アイズ」(「瞳の奥の秘密」リメイク作)

シークレット・アイズ(2015)
Secret in Their Eyes(2015)

シークレットアイズ2
監督:ビリー・レイ
出演:キウェテル・イジョフォー,
ニコール・キッドマン,
ジュリア・ロバーツetc

評価:30点

アカデミー賞外国語映画賞を
受賞したアルゼンチン映画
「瞳の奥の秘密」

それをハリウッドがリメイク!
「それでも夜は明ける」の
キウェテル・イジョフォーに
ニコール・キッドマン、
ジュリア・ロバーツと
豪華キャストで描く本作は
いかに…?

「シークレット・アイズ」あらすじ

2002年に仕事仲間の娘が殺された。
捜査官レイと検事補クレアは
犯人を特定するが、闇に葬られてしまう。
それから13年後、事件は再び動き出す…

捜査官失格!

本作は非常に海外ドラマチックに
撮られている。
フラッシュバックの感じや、
ウィットに富んだギャグ感は
どこか映画から逸脱している
雰囲気がある。

そしてそれが仇になっている
気がする作品である。

まず、捜査官が間抜けなのだ!
「瞳の奥の秘密」では、
25年もの罪と再び正面から
向き合う苦悩が描かれていた。
しかし本作では、
捜査官は自分勝手に犯人を
特定し、報復を始める。

例えば、野球場で容疑者を
追いかける際、
トイレを蹴り破るシーンが
あるのだが、おいおいおい!
一般人だって入っているんだぞ!

そしてさらにお粗末さんなことに、
容疑者が2階から飛び降りたので、
捜査官も同じく飛び降りると
負傷するというこの手の話に
一番あってはならないシーンが
入っているのだ。

いやいや、コメディにしなくて良いでしょう。

このように観れば観る程、
捜査官に人生の厚みを感じない。
まるで中学生が、盗難事件の
犯人を捜すような薄っぺらい
人生しか描かれてなかった。

せめて、本作はアメリカ同時多発テロ
と関連させようとしているのだから、
登場人物の「差別意識」
掘り下げるべきだと考える。

野球場を使いこなせていない

もう一つ、元ネタにもあった
野球場のシーンに文句がある。

それは、野球場という設定を
全く使いこなせていないのだ!
野球場のようなスタジアムの
最大の特徴は、不特定多数の
人が集まっているところにある。

黒澤明の「野良犬」では、
大勢の観客の中から、
バレずに犯人を特定しようと
放送を使ったスリルを用意
していた。

また、デ・パルマの
「スネーク・アイズ」
冒頭でスタジアムを
13分間も長回しで
魅せることで緊張感を
表現していた。

本作は、野球場を
単なる場所として
しか使っていないのだ!

だから、別に野球場である
必要もない。
なぜ、わざわざ野球場に
行かねばならないのかが
しっかり説明されていないのだ。

うーん、時間差捜査もので
「64-ロクヨン-」を観た
あとだけに苦しい作品でした。

関連記事

“Ç”映画化決定!就活生震撼のホラー小説「何者」

映画化決定!「何者」 先日我が法政大学の月刊誌を読んだ。 毎度、この時期の「法大生に読まれて

続きを読む

【ネタバレなし】「インフェルノ」トム・ハンクスが何故かジェイソン・ボーンに…シリーズ嫌いほど楽しめる??

インフェルノ(2016) INFERNO(2016) 監督:ロン・ハワード 出演:トム・ハ

続きを読む

“Ç”ジジイコネクション「CANAILLES CONNECTION」

監督:Reshef Levi 出演:サッソン・ガーベイ、 パトリック・スチュアートetc Xメン

続きを読む

“Ç”イーストウッドが叩きつけるイラク戦争「アメリカン・スナイパー」音響編集賞受賞

アカデミー賞賑わすイーストウッド新作「アメリカン・スナイパー」観てきた! 久しぶりにTOH

続きを読む

“Ç”【ジャック・リヴェット追悼】幻の12時間40分「アウトワン」#1オイディプス王とバカ

アウトワン(1971) OUT1(1971) 監督:ジャック・リヴェット 出演:ジャン=ピ

続きを読む

“Ç”「神様メール」公開記念、猿と人間の情事特集!

ゴリラとドヌーヴがLOVEる? 「神様メール」今月公開 今月5/27(金)より、 ヨーロッ

続きを読む

“Ç”ヒップホップの歴史を変えたN.W.Aの仁義なき戦い「ストレイト・アウタ・コンプトン」

ストレイト・アウタ・コンプトン STRAIGHT OUTTA COMPTON 監督:F・ゲイ

続きを読む

【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「アンビリーバブル・トゥルース」ハーバードに行く?行かない?

アンビリーバブル・トゥルース(1989) THE UNBELIEVABLE TRUTH(1989)

続きを読む

“Ç”東京国際映画祭スプラッシュ部門作品賞受賞「ケンとカズ」

第28回東京国際映画祭受賞結果発表! 東京グランプリ:「ニーゼ」 ブラジルの女医を描いた

続きを読む

「家族の肖像」ヴィスコンティ睡魔の名作とのことだが、、、

家族の肖像(1974) 伊題:Gruppo di famiglia in un interno

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑