*

“Ç”鬱病を知る「ツレがうつになりまして。」

“Ç”鬱病を知る「ツレがうつになりまして。」

ツレがうつになりまして。


監督:佐々部清
出演:宮崎あおい、堺雅人、吹越満etc

40点

↑今回から点数表示されますよー

「鬱病」
グローバル化で高速且つ質の高い仕事が
求められている現代、
誰しもが陥ってしまう病、
いわば現代病である。

今回、漫画家の細川貂々
夫である望月昭
闘病生活を描いている。
そして、ライトな映画作りにも関わらず、
実は鬱病の下調べを入念に行っていることがわかる作品であった。
まず、鬱病になる過程。身体の不調、
鬱病と診断される直前の不自然な動きは
鬱病寸前を体験している私からみても「本物」であった。
職場にぐずぐずしていこうとしない、
溜息の描写が特にリアルであった。

まあ、幸運なわけで…

ただし、この話は非常にシリアスな内容を
ポップに描いているが
故に生じる弊害があり、
観終わった後振り返ると、
このケースはいかに幸運であったかが伺える。
まず通常、夫が鬱状態でも
退職できない理由として収入が挙げられる。
夫退職した場合、
失業保険を使っても家族を養うことは困難である。

また、宮崎あおい演じる奥さんは漫画家、
しかも連載打ち切り寸前の漫画家という
非常に収入が安定しない状況である。

奥さんが、
私がなんとかするから退職しろ、
さもなければ離婚する
」と言って、
満を持した夫は退職するわけだが、
奥さんが新しい仕事を得られなければ、
どっちにしても離婚していた可能性が高い。
故に、どうしても夢物語のイメージが強くなってしまう。

吹越満の無駄キャラ感

ツレがうつになりまして
↑ブンブンイラスト書いてみたのだが、
残念な感じに…

そして、これに拍車をかけたのが
吹越満扮する杉浦という
患者のポジションだ。

病院で、ツレに絡む同じく
鬱病患者の設定だが、
明らかに不審者である。
突然、怪しい動きで近づきツレに
語りかける気味の悪さが際立ちます。
さらに、彼は登場するたびにツレに
絡み去って行くだけの、
物語に影響を全く及ぼさない人物として
機能しており、無駄な人物配置が伺える。

ゼミメンバー内で、鬱病の多様性を
示す描写ではと分析がなされたが、
その場合ツレが「鬱病座談会」のような
場所に行き、他の鬱病患者からの意見を
聞くという描き方の方が自然だと言える。

同じくライトな病気映画
きっと、星のせいじゃない。」では、
ひねくれた難病患者が主人公と
トリッキーな内容になっているが、
きちんと座談会で病気の多様性を表現していた。

闘病ものにおける「座談会」シーンの使いやすさ

「座談会」シーンの使いやすいところは、
物語に不必要なキャラクター、
しかし描きたいときに有効なところにある。
「座談会」だけの出演にしても、
観客は「座談会だけの関係」と受け流すことが容易だ。
恐らく、「ツレがうつになりまして。」
ではキャスティングの段階で吹越満という
凄腕俳優を選んだところに問題がありそうだ。

また、原作を忠実に映画化する際に
必要だった人物だったのかもしれない。
ただ、この場合、「杉浦」という人物の
描写を細かく演出する必要があった。
確かに、宮崎あおいも堺雅人も
吹越満も演技は上手いが上記のように、
ストーリーで観ると非常に厳しい
評価をせざる得ない作品と言える。
しかしながら、「鬱病」という現代の病の実態を
世に広めた点は素晴らしいと言える。
「ツレがうつになりまして。」予告編

関連記事

【Netflix】ナイジェリア映画「オクラを買いにいかせたら(GONE TOO FAR!)」が大大大傑作だった件

オクラを買いにいかせたら(2013) GONE TOO FAR!(2013) 監督:Dest

続きを読む

“Ç”「サイレント・ハート」デンマークの巨匠ビレ・アウグスト手製の「おくりびと」

サイレント・ハート(2014) STILLE HJERTE(2014) 監督:ビレ・アウグスト 出

続きを読む

“Ç”アメリカの碇シンジ「エンダーのゲーム」

エヴァンゲリオンに影響与えた?「エンダーのゲーム」 エヴァンゲリオンの新作が制作進んでいる、 公

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家邦画部門~

1.鴛鴦歌合戦 学校の映画の授業で先生が「笑えるけど泣ける」と絶賛していた。 タイトルは厳つ

続きを読む

デンマークの実写版マインスイーパー「ヒトラーの忘れもの(TIFFタイトル:地雷と少年兵)」

東京国際映画祭開幕!! 遂にやってきました東京国際映画祭! ブンブンも六本木にやってきました

続きを読む

“Ç”見逃したアノ映画はココで観られるぞ!

早稲田松竹5/9(土)~5/15(金)のラインナップ ミニシアターがどんどんシネコンに淘汰 され

続きを読む

「100人の子供たちが列車を待っている」映画の、教育の素晴らしき教科書

100人の子供たちが列車を待っている(1988) CIEN NINOS ESPERANDO UN

続きを読む

“Ç”乱暴連合軍VS最終兵器!泣ける老人ホーム大運動会「エクスペンダブルズ3」

今年のしたまちコメディ映画祭 映画秘宝祭が「エクスペンダブルズ3」 とのことだったので行こう

続きを読む

“Ç”盗撮魔な放校教師、10年後の欲情「ローリング」

ローリング(ROLLING) 監督:冨永昌敬 出演:三浦大貴、柳英里紗etc 評価:8

続きを読む

12.17 Sat公開「幸せなひとりぼっち」スウェーデン映画史上3位の大ヒット!スターウォーズを倒した老人映画

幸せなひとりぼっち(2015) En man som heter Ove(2015) 監督:

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ファントム・スレッド』PTA版『召使』はダイヤのマチ針で貴方を刺す

ファントム・スレッド(2017) Phantom Thread(20

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑