*

“Ç”性転換ロックシンガー、ベルリンを語る「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」

“Ç”性転換ロックシンガー、ベルリンを語る「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」

クールで壮絶な映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」ついに鑑賞!


アメリカのカルト映画入門ガイドブック
「101 CULT MOVIES:YOU MUST SEE BEFORE YOU DIE」
にも掲載され、TSUTAYAでも時折ポップ紹介がある
ロック映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」
をようやく観ました。
うぉ!冒頭から凄まじいかっちょええ映画でしたw

ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ
(HEDWIG AND THE ANGRY INCH)

hedwig and the angry inch
監督:ジョン・キャメロン・ミッチェル
出演:ジョン・キャメロン・ミッチェル、ミリアム・ショアetc

ブロードウェイ俳優ジョン・キャメロン・ミッチェルが、
作曲家スティーブン・トラスクと共に生み出し、
ブロードウェイを湧かせた同名のロックオペラ
を映画化。

東ドイツで生まれ、アメリカ亡命作戦の為に
性転換手術をし、アメリカ軍人の愛人に
なるように仕向けたが失敗し、
股間に「怒りの1インチ」を宿してしまった
男ヘドウィッグがロックスターを目指し
奮闘する波乱の人生を描いた物語である。

ロックオペラの醍醐味



1960~70年代にザ・フーというバンドが実験的に
音楽アルバムにストーリー性を持たせたことが
ロックオペラの始まりで、「Tommy」「四重人格」が
映画化になるほどの話題を呼び次々と作られる
ようになった。

音楽的な特徴として、カッコいい音楽
に込められた社会批判をメロディーに
隠さず、音楽のクールさに浸りつつも
歌詞のメッセージを観客に突きつける。

例えば「ジーザス・クライスト・スーパースター
なんて、曲のタイトルに「スーパースター」
なんて付けていて、
Who are you? What have you sacrificed?
とキリストがいままで何人も犠牲者を
出していることを告発する
熱狂的なキリスト教信者から
叩かれそうな(実際叩かれた)
歌詞になっている。

洋楽にも関わらず、
日本人でも考えさせられる歌詞がそこにある。

ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチの場合

unnamed (23)
unnamed (24)
このロックオペラが盛んだった時期は
主に1970年代。
もう時代遅れ感ある1990年代後半に
突如現れたこの作品。

全く古くささを感じない。
冒頭から引き込まれる傑作でした。
激しいコスチューム、ケバい化粧の
主人公がライブで東西冷戦を語る!
自分の波乱な物語を語る!
unnamed (24)
この作品は、ストーリーに主人公の人生を
託すのではなく、キチンと曲中にぶち込む。
だから、冒頭から「誰かに裏切られたの?」
「東西冷戦と性問題どう関係あるの?」
といった疑問を観客に持たせて、
ストーリーを時系列バラバラにヒントを
与えつつ解き明かしていく。

カッコいい音楽に惹かれ、一見気づかないが
相当緻密な脚本。
いわば、夏目漱石の「こころ」をロックオペラに
した感じだ!

曲もどれもブンブン好みの曲。
初めて「さらば青春の光」を
観たような興奮がそこにありました。

なんか久しぶりにこの手の映画を観て気分
高揚してきたぞ(*^_^*)
「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」予告編

関連記事

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ちゃんと推理します「プティ・カンカン(後編)」

プティ・カンカン(2014) P'TIT QUINQUIN(2014) 監督:ブルーノ・デュ

続きを読む

“Ç”「ライト/オフ」ジェームズ・ワン製作、この夏最後の肝試しデートムービー

ライト/オフ(2016) LIGHTS OUT(2016) 監督:デヴィッド・F・サンドバー

続きを読む

「人生フルーツ」東海テレビ制作!ただの菜園ドキュメンタリーではないぞ!

人生フルーツ(2016) LIFE IN FRUITS(2016) 監督:伏原健之 出演:

続きを読む

“Ç”「悪魔のかつら屋」尺の伸ばし方がえぐい!タイトル通りの話です

悪魔のかつら屋(1967) THE GRUESOME TWOSOME(1967) 監督:ハー

続きを読む

“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集

大人気コラムの舞台「くらら劇場」閉館 当ブログで半年以上に 渡りBuzzっている カルト記

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録14「14の夜」レンタルビデオ屋のワクワク味わえる足立紳監督デビュー作

14の夜(2016) 監督:足立紳 出演:犬飼直紀、光石研、濱田マリetc 評価:80

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録8『鳥類学者』そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016) O Ornitologo(2016) 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲ

続きを読む

サマソニで読む「恋愛論」TOKIO激戦の巻

昨日、家族とサマーソニック2014に行ったんだ。何故かって?母と妹のボディガードだw 家族の目当

続きを読む

【4/21「美女と野獣」公開記念】1946年ジャン・コクトー版を観てみた

美女と野獣(1946) La Belle et la Bête(1946) 監督:ジャン・コ

続きを読む

“Ç”ビル・マーレイ最高の演技!!「ヴィンセントが教えてくれたこと」

ヴィンセントが教えてくれたこと(St.Vincent) 監督:セオドア・メルフィ 出演:ビル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑