*

『火花』映画監督の才能あるお笑い芸人・板尾創路

公開日: : 最終更新日:2017/12/19 2017映画, 映画, , , , , , , , ,

『火花』映画監督の才能あるお笑い芸人・板尾創路

火花(2017)


監督:板尾創路
出演:菅田将暉、桐谷健太、木村文乃etc

評価:80点

お笑い芸人「ピース」の又吉直樹の芥川賞受賞作品『火花』。昨年、Netflixでドラマ化されて話題になったが、今度は板尾創路の手で映画化された。板尾創路が映画?と思うかも知れないが、実は『板尾創路の脱獄王』『月光ノ仮面』についで監督3作目なのだ。果たしてどんな作品になっているのだろうか…

『火花』あらすじ

売れないお笑い芸人・徳永は営業先で同じく売れない芸人神谷と出会う。本能的に生きる神谷に惹かれる徳永。そんな二人の10年に及ぶ芸人ライフが描かれる…

板尾創路の才能に注目せよ!

お笑い芸人又吉直樹の芥川賞受賞作を映画化。正直、観る前まで不安だった。映画ファンの評判が微妙だったのもあるが、なんといっても原作自体がネタ的に面白くないからだ。凡庸な芸人苦労物語を、言葉選びの妙による力技で書いたものにしか見えない。確かに、全編に渡り、火花の仄かな熱さは感じても、これが芥川賞か、、、と思ってしまった。

だからこそ、映画版に不安を感じた。しかし、板尾創路はやはり映画を撮るセンスがあったのだ、私が高校時代沖縄国際映画祭で『月光ノ仮面』を観た時あまりの凄まじさに当時の年間ベストに入れた思い出がある。デビュー作の『板尾創路の脱獄王』も面白かった。

今回、板尾創路は徹底的に映画ならではの表現から文学を語ろうとしている。

「漫才はボケの積み重ねだ」とネタ見せの際、審査員に言われる。映画はまさしく、それを踏襲し、テレビで見る漫才のような抱腹絶倒感はない、小ボケ、底辺漫才の痛々しいボケをモザイクのように散りばめていく。そして、原作の終始漂う暑苦しさを、オレンジトーンの画に落とし込んでいく。例え、場面がクリスマスだろうと春だろうと御構い無しにオレンジトーンを仕掛けることで雰囲気、空間を作り出していく。

そして、『ラ・ラ・ランド』よりも、『EDEN』よりも痛々しく地を這い蹲り生きる漫才師に心がキューと締め付けられる。

監督も芸人だけに、漫才の審査が観客と審査員とで乖離する嫌な感じ、つまらないクソ野郎がバラエティ番組で成功し切歯扼腕する様子が生々しい。

これは、まさかのベストテン入りか!
、、、と思ったのだが、終盤の大団円となる漫才シーンがあまりに露骨過ぎてドン引きしてしまった。あそこまで執拗に、過剰にやったら、ドラえもんのアレの二番煎じにしか見えないやろうが!

あれさえ良ければホームランだったのになぁと歯ぎしりを立てた私でした。

ただ、板尾創路は映画監督として、少なくとも松本人志よりは腕があるので、気が向いた時にまた新作に挑戦してほしいなー

P.S.今年は菅田将暉に男優賞をあげないとダメな年だ。『帝一の國』『あゝ荒野』と凄い演技を魅せてくれた。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

第1回アカデミー賞作品賞受賞作「つばさ」を観てみた

つばさ(1927) 監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:クララ・ボウ、 チャールズ・ロ

続きを読む

“Ç”日本のアクションもここまでがんばれる…が「劇場版MOZU」

劇場版MOZU 監督:羽住英一郎 出演:西島秀俊、香川照之、ビートたけしetc 評価:

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】「ワイルド・アット・ハート」赤の使い方について考察してみた

ワイルド・アット・ハート(1990) Wild at Heart(1990) 監督:デヴィッ

続きを読む

【衝撃】「かもめ食堂」ビジネスとしてヤバすぎる5つのポイント

かもめ食堂(2016) ruokala lokki(2016) 監督:荻上直子 出演:小林

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「七夜待」河瀬直美、異国の文化に土足で上がり込むの巻

七夜待(2008) Nanayomachi(2008) 監督:河瀬直美 出演:長谷川京子、

続きを読む

“Ç”玉森 裕太好きの妹のに「レインツリーの国」前売りを買う兄ブンブン

帰国したら妹が... 留学から帰国して、色んなものが変わった。 ブンブンの通う大学近くに、サ

続きを読む

“Ç”【ネタバレ注意復習編】「シン・ゴジラ」1巡目でブンブンが気づいたこと

全力ネタバレ謎解き回です! 昨日、「シン・ゴジラ」の 未鑑賞者向け紹介記事を 書いたのだが

続きを読む

“Ç”日本を超えた映画館で「アクトレス~女たちの舞台~」:日本2015年秋公開予定

皆さん、 あけましておめでとうございます! 2014年、どんなステキな映画に 巡り会えたか

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

“Ç”【ホントウにあったシビルウォーな話】「カルテル・ランド」麻薬戦争の実態

カルテル・ランド(2015) CARTEL LAND(2015) 監督:マシュー・ハイネマン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:

【ネタバレ解説】『わたしたちの家』は新手の『漂流教室』だ!

わたしたちの家(2017) 監督:清原惟 出演:河西和香、安野

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑