*

【ネタバレなし解説】「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」はもう一つの「フォースの覚醒」であり「ローガン」だった!

【ネタバレなし解説】「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」はもう一つの「フォースの覚醒」であり「ローガン」だった!

パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊(2017)
Pirates of the Caribbean:
Dead men tell no tales(2017)


監督:ヨアヒム・ローニング、
エスペン・サンドベリetc
出演:ジョニー・デップ、ハビエル・バルデム、
オーランド・ブルームetc

評価:45点

海賊王になれず、借金王になりはててしまったジョニー・デップを支える福祉事業こと「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズの新作がいよいよ公開されました。

個人的に、このシリーズ苦手でジョニー・デップ扮するジャック・スパロウに全く魅力を感じない(ファンの方すみません)のだが、本作を監督したのが、アカデミー賞外国語映画賞にノミネートされた「コン・ティキ」のヨアヒム・ローニングだと聞いて興味を抱きました。

「コン・ティキ」は海洋冒険物で、筏を使ってサンサンと日が照りつける美しき海を航海する演出が素敵な作品です。

なので、もしかしたら傑作になっているのかも知れないと思ってTOHOシネマズ海老名に行ってきました!朝早い回にも関わらず満席でしたねー

「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」あらすじ

消えたと噂される「ジャック・スパロウ」を探している少年がいた。彼の名前はヘンリー・ターナー。彼は父であるウィル・ターナーの呪いを解くためにジャック・スパロウを探していたのだ。そんな中、もう一人魔の三角水域からジャック・スパロウを探す男がいた…

もう一つの「フォースの覚醒」であり「ローガン」であった

なんか、観ていて展開が既視感しかなかった。正直、またしても退屈であった。なんだろう、なんだろうと観ている最中、心のモヤモヤを探っていく中で、二つの作品が浮かび上がった。それは「フォースの覚醒」と「ローガン」です。プロットは完全に「フォースの覚醒」。消えた主人公を追っていく、そしてようやく出会えたと思ったら、想像とかけ離れたダメ男になっていたという流れは全くもって一緒です。そして、「フォースの覚醒」とは違い本作ではしっかりと主役であるジャック・スパロウも活躍するのですが、これが「あれっ!こんな人だっけ」と思うほどボロボロのヨロヨロなのです。案だけ海賊王として、仲間を従えていたのに、今や仲間は雀の涙ほど。しかも、海賊船はおんぼろで、強奪行為も上手くいかない。オマケに酒と女に明け暮れ、千鳥足気味で愚痴を言いまくる。全くもってのクズ野郎です。1作目、2作目のジャック・スパロウも確かに、千鳥足気味ではあったが、それでもカリスマ性があった。しかし、本作はただただ、今にも死にそうな状態で、ジャック・スパロウに恨みを持つ謎の軍団から逃げて逃げて逃げまくるのです。もうお気づきでしょう。「ローガン」ですね。

ただ、両二作は楽しかったのですが、本作は「トランスフォーマー」同様。アクションにメリハリがないため、途中で興醒めし、飽きてしまう作品でした。確かに、町での銀行強盗シーンは面白かったのですが、メインの海上戦になればなるほど、ドンドンどうでもよくなってしまう。「コン・ティキ」の熱い航海アクションはどこへいった?と思いました。

ジョニー・デップの伝記映画として観ると面白いよ!

ただ、本作は決定的にシリーズ過去作(4作目は未見なので分かりませんが)と比べると新しい面白さが加味されていました。それは、本作のジャック・スパロウの生き様と現実のジョニー・デップの生き様が見事にシンクロしているところにあります。ジョニー・デップは、ハリウッドで最も稼いでいる俳優の一人である一方、浪費家でもあり、今年破産したことで話題になっている。

本来3作目で終わるはずだった「パイレーツ・オブ・カリビアン」シリーズが続いていることは、つまり海賊王になれず、借金王に成り果てたジョニー・デップを支える福祉事業といっても過言ではありません。そんなシリーズの5作目が、上記のようにかつてはカリスマ海賊であったジャック・スパロウの成れの果てを描いている。金にも運にも、仲間にも見捨てられた男が再び、苦しみながら立ち上がる話なので、現実とリンクしていて段々面白くなってきます。現に原題の副題は「Dead men tell no tales(死人に口なし)」となっており、ジョニー・デップ主演作の「デッドマン」を思わせたりもします。

ブンブンも中盤ぐらいから、アクションではなくドラマの裏の部分を妄想しながら観るようにしていってそこそこ楽しめました。

ブロトピ:今日の趣味日記
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

「KUBO/クボ 二本の弦の秘密」アカデミー賞2部門ノミネート!これは日本愛溢れる折り紙版スターウォーズだ!

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016) KUBO AND THE TWO STRINGS(20

続きを読む

【ネタバレ/解説】「SING/シング 字幕版」きみはコアラのムーンを月夜に沈めたくなるフレンズなんだね♪

SING/シング(2016) 監督:ガース・ジェニングス 声の出演:マシュー・マコノヒー、

続きを読む

“Ç”性転換ロックシンガー、ベルリンを語る「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」

クールで壮絶な映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」ついに鑑賞! アメリカのカルト映画

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想2:外国語映画賞、長編アニメ

外国語映画賞ノミネート一覧 「イーダ(ポーランド)」 「TIMBKTU(モーリタニア)」

続きを読む

“Ç”マッツ・ミケルセン出演の人食い映画「フレッシュ・デリ」が泣ける件について。

フレッシュ・デリ(2003) DE GRONNE SLAGTERE(2003) 監督:アナス・トマ

続きを読む

【ネタバレなし】「お嬢さん」話題騒然18禁官能ミステリーはニホンゴが重要!

お嬢さん(2016) THE HANDMAIDEN(2016) 監督:パク・チャヌク 出演

続きを読む

“Ç”【ネタバレなし】「君の名は。」新海誠、伸びしろ深海レベル!

君の名は。(2016) Your name.(2016) 監督:新海誠 出演:神木隆之介、

続きを読む

“Ç”「ピース オブ ケイク」多部未華子×綾野剛のラブはNOT朝飯前?

ピース オブ ケイク(2015) 監督:田口トモロヲ 出演:多部未華子、綾野剛、 松坂桃李

続きを読む

“Ç”ソフィア・コッポラ初監督作「ヴァージン・スーサイズ」

ヴァージン・スーサイズ(THE VIRGIN SUICIDES) 監督:ソフィア・コッポラ

続きを読む

【クラシック】「ひまわり」あのひまわり畑はウクライナ撮影

ひまわり(1970) I GIRASOLI(1970) 監督:ヴィットリオ・デ・シーカ 出

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし解説】『全員死刑』を今、映画館で観なければいけない5の理由

全員死刑(2017) 監督:小林勇貴 出演:間宮祥太朗,毎熊克

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑