*

「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」ショーン・エリスが放つ銃撃戦の美学

「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」ショーン・エリスが放つ銃撃戦の美学

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦(2016)
ANTHROPOID(2016)


監督:ショーン・エリス
出演:キリアン・マーフィー、
ジェイミー・ドーナンetc

評価:75点

ブンブンシネマランキング2015旧作洋画7位を獲得した「メトロマニラ 世界で最も危険な街」(NETFLIXにて配信中)のショーン・エリス最新作。注目のアイルランド人俳優キリアン・マーフィ(「28日後…」「インセプション」etc)とジェイミー・ドーナン(「マリー・アントワネット」、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」etc)を起用し描くナチス高官暗殺事件の映画化。

日本では「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」(原題はエンスラポイド作戦から取り「ANTHROPOID」)と凄い邦題で8/12に公開だが、今回、マルタ行きの飛行機で観てきました。

「ハイドリヒを撃て!」あらすじ

1942年、チェコを支配していたナチスドイツのハイドリヒ暗殺を目指しエンスラポイド作戦を計画する。厳重な監視下で、若者達が着々と準備を整えていく…

リアリズムのショーン・エリス節炸裂!

ショーン・エリス監督は、リアリズムとアクションのバランス感覚に優れており、「メトロマニラ 世界で最も危険な街 」同様、
まるで観客も激動の渦中に放り込まれたようなスリルを味わうことができる。

物語前半、少し冗長に作戦の準備を整えていく。ナチスや密告者にいつバレるか分からないハラハラドキドキを誘う。若者たちは、決して
ヒットマンとかジェームズ・ボンドのようなプロではない。やはりボスキャラことハイドリヒ暗殺となると冷や汗がでてしまう。

暗殺当日、広場に若者が集まり、今か今かとハイドリヒの車を待つのだが、この暗殺時刻数分前の焦らし方、若者たちが焦りのあまりに見せる隙にハラハラドキドキさせられる。もう無理なんじゃないかと不安にさせられる。

本作は凄いところは、映画的ハラハラドキドキ感を演出しつつも、リアリズムを共存させているところにある。この手の映画は敵(この場合SS側)が、あたかも強そうに描き人間味を失いがちだが、どちらも銃弾を外したり、痛みを感じつつ攻防させるので、非常に人間臭い戦いが観られる。

特に教会でのバトルは、銃撃戦なのにしっかり心理戦に仕上げているので好きだ。

角に回り込めば背中を取れるのでは?相手の手榴弾をとっさに返していく仕草。熱い熱いバトルにのめり込みました。

この夏の戦争映画は、「ハイドリヒを撃て!『ナチの野獣』暗殺作戦」で決まりだ!

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【寅さんフルマラソン⑫】「男はつらいよ 私の寅さん」これぞ日本のホームアローン!

男はつらいよ 私の寅さん(1973) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 前田武彦, 津川雅

続きを読む

「乱」黒澤明映画苦手なブンブンが興奮した日本のリア王

乱(1985) 監督:黒澤明 本多猪四郎(演出補佐) 出演:仲代達矢、 寺尾聰、根津甚八

続きを読む

【ネタバレ/解説】吉田大八監督「美しい星」は三島由紀夫の原作必読の怪作だった!

美しい星(2017) 監督:吉田大八 出演:リリー・フランキー、亀梨和也、 橋本愛、中嶋朋

続きを読む

「ザ・ローリング・ストーンズ/ギミー・シェルター」音楽ドキュメンタリー史上最大の悲劇

ザ・ローリング・ストーンズ/ ギミー・シェルター(1970) GIMME SHELTER(197

続きを読む

【実話】4月公開「バーニング・オーシャン」メキシコ湾原油流出事故驚異の再現!

バーニング・オーシャン(2016) DEEPWATER HORIZON(2016) 監督:ピ

続きを読む

『死んだってへっちゃらさ』クレール・ドゥニ幻の作品を新文芸座で!

死んだってへっちゃらさ(1990) S'EN FOUT LA MORT(1990) 監督:ク

続きを読む

【したコメ】「IT/イット “それ”が見えたら、終わり。」は何故ヒットしたのか?

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017) IT(2017) 監督:アンディ・ム

続きを読む

【ネタバレ/解説】「ジーサンズ はじめての強盗」タイトルに騙されるな!サイコーの社会派老人ムービー

ジーサンズ はじめての強盗(2016) GOING IN STYLE(2016) 監督:ザッ

続きを読む

【ネタバレ解説】「バンコクナイツ」オザワは何故銃を買ったのか問題についての考察

バンコクナイツ解説 先日、空族の話題作 「バンコクナイツ」を観て 絶賛したブンブン。 (

続きを読む

3/25公開のパキスタン映画「娘よ」が「怒りのデス・ロード」過ぎた件

娘よ(2014) 原題:DUKHTAR 英題:Daughter 監督:アフィア・ナサニエル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑