*

【若干ネタバレ】「相棒 劇場版IV」演出ミス多くないか…

【若干ネタバレ】「相棒 劇場版IV」演出ミス多くないか…

相棒 劇場版IV
首都クライシス 人質は50万人!
特命係 最後の決断(2017)


監督:橋本一
出演:水谷豊、反町隆史、
鈴木杏樹、仲間由紀恵etc

評価:40点

大人気テレビドラマの映画版4弾。
なんだかんだいって2作目から観ており、
3作目からは劇場で観ていたりする。
ってことで、4作目も
映画館でウォッチしてきたぞ!

「相棒 劇場版Ⅳ」あらすじ

7年前、イギリスの日本領事館で
毒殺事件が起き、唯一の
生き残りの少女は誘拐される。
そして、7年後
大人になった少女を人質に
犯罪組織「バーズ」は
日本政府に身代金を
要求する…

描写がかなり甘い!

「相棒」シリーズは
大衆映画として
安定した伏線回収とクールなアクション
そして丁寧な種明かしをしてくれる。
しかもテレビ版を観ていなくても、
初見でも楽しめる作品になっているので
嬉しい。

今回もその辺のところの演出は
申し分なかったのだが、
いかんせん細かい演出ミスが
かなり気になってしまう作品であった。

とある事情で、
警察の電波が使えないという
設定をしておきながら、
何故か繋がる仲間由紀恵扮する
警察署の人間の携帯電話。

また
安易に情報危機をデバイスに
繋げてしまう
警察の杜撰さも気になる。
特に拾った謎のUSBを
安易に作戦本部のPCに
繋いでしまう様子は
流石に酷いのではと感じてしまう。
少しは疑ってほしいものだ。

そして、ガンエフェクト処理関連が甘く、
銃でドアノブを破壊しておきながら、
次のシーンではドアが無傷
だったりするところも
気になってしまった。

極めつけは、ラストの
敵が毒物を散布しようとしたところを
特殊部隊が銃で敵を撃って
阻止しようとするシーン。

あの血糊の付け方だと、
いかにも毒物が漏れ出し
バッドエンドになってしまっている
ように見えてしまう。

そこはフィクションとして、
血糊は控えめにしてはと
思ってしまった。

それでも展開は飽きることなく、
邦画特有の冗長な演出も
少なめなので楽しめた。
安定の面白さはあり、
コミカルでアクションもよく、
連携プレーもしっかり魅せてくれるのだが、
脇の甘さが玉に瑕な一本といえよう。

P.S.
水谷豊といえば、今や
特命係の杉下右京の
イメージが強いが、

実は1976年に
「青春の殺人者」
恐ろしい親殺しの
役を演じていましたw

ブンブンはそのイメージが
強いので未だに
右京さんはサイコパスで
実は…と妄想してしまうので
あったww

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

”Ç”アイルランドのアニメってどんなん?「Song of the Sea~海の歌」

Song of the Sea~海の歌 監督:トム・ムーア 出演:デヴィッド・ラウル、ブレン

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ランキング2015家邦画部門、1位は邦画なのに日本未公開のあの作品

ブンブン映画ベストテン2015家邦画 今年は巨匠のちょっぴり隠れた名作に 恵まれた。黒澤明、

続きを読む

【ネタバレ】「五日物語」クリーチャーが生きている!血がドクドク湧き出る暗黒寓話

五日物語 3つの王国と3人の女(2015) Il racconto dei racconti(20

続きを読む

【ゼミレポート】「リザとキツネと恋する死者たち」変な日本文化の新しい映画文法

リザとキツネと恋する死者たち(2014) Liza, a rokatunder(2014) 監督:

続きを読む

“Ç”【カンヌ映画祭特集】ちゃんと推理します「プティ・カンカン(後編)」

プティ・カンカン(2014) P'TIT QUINQUIN(2014) 監督:ブルーノ・デュモン

続きを読む

第1回アカデミー賞作品賞受賞作「つばさ」を観てみた

つばさ(1927) 監督:ウィリアム・A・ウェルマン 出演:クララ・ボウ、 チャールズ・ロ

続きを読む

【若干ネタバレ】「RANMARU 神の舌を持つ男(中略)鬼灯デスロード編」堤幸彦最低駄作な10のポイント

RANMARU 神の舌を持つ男(中略) 鬼灯デスロード編(2016) 監督:堤幸彦 出演:

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想7:美術、衣装デザイン、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

美術賞ノミネート一覧 ・「イミテーション・ゲーム」 ・「ターナー、光より愛を求めて」 ・「イン

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録11「ノクトラマ/夜行少年たち」問題児ボネロさんのクールすぎるテロ!

ノクトラマ/夜行少年たち(2016) NOCTURAMA(2016) 監督:ベルトラン・ボネ

続きを読む

【ネタバレなし】TIFF2016鑑賞記録4「メッセージ」ヴィルヌーヴのばかうけ映画はSFではない??

メッセージ(2016) ARRIVAL(2016) 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:エイ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑