*

【若干ネタバレ】「相棒 劇場版IV」演出ミス多くないか…

【若干ネタバレ】「相棒 劇場版IV」演出ミス多くないか…

相棒 劇場版IV
首都クライシス 人質は50万人!
特命係 最後の決断(2017)


監督:橋本一
出演:水谷豊、反町隆史、
鈴木杏樹、仲間由紀恵etc

評価:40点

大人気テレビドラマの映画版4弾。
なんだかんだいって2作目から観ており、
3作目からは劇場で観ていたりする。
ってことで、4作目も
映画館でウォッチしてきたぞ!

「相棒 劇場版Ⅳ」あらすじ

7年前、イギリスの日本領事館で
毒殺事件が起き、唯一の
生き残りの少女は誘拐される。
そして、7年後
大人になった少女を人質に
犯罪組織「バーズ」は
日本政府に身代金を
要求する…

描写がかなり甘い!

「相棒」シリーズは
大衆映画として
安定した伏線回収とクールなアクション
そして丁寧な種明かしをしてくれる。
しかもテレビ版を観ていなくても、
初見でも楽しめる作品になっているので
嬉しい。

今回もその辺のところの演出は
申し分なかったのだが、
いかんせん細かい演出ミスが
かなり気になってしまう作品であった。

とある事情で、
警察の電波が使えないという
設定をしておきながら、
何故か繋がる仲間由紀恵扮する
警察署の人間の携帯電話。

また
安易に情報危機をデバイスに
繋げてしまう
警察の杜撰さも気になる。
特に拾った謎のUSBを
安易に作戦本部のPCに
繋いでしまう様子は
流石に酷いのではと感じてしまう。
少しは疑ってほしいものだ。

そして、ガンエフェクト処理関連が甘く、
銃でドアノブを破壊しておきながら、
次のシーンではドアが無傷
だったりするところも
気になってしまった。

極めつけは、ラストの
敵が毒物を散布しようとしたところを
特殊部隊が銃で敵を撃って
阻止しようとするシーン。

あの血糊の付け方だと、
いかにも毒物が漏れ出し
バッドエンドになってしまっている
ように見えてしまう。

そこはフィクションとして、
血糊は控えめにしてはと
思ってしまった。

それでも展開は飽きることなく、
邦画特有の冗長な演出も
少なめなので楽しめた。
安定の面白さはあり、
コミカルでアクションもよく、
連携プレーもしっかり魅せてくれるのだが、
脇の甘さが玉に瑕な一本といえよう。

P.S.
水谷豊といえば、今や
特命係の杉下右京の
イメージが強いが、

実は1976年に
「青春の殺人者」
恐ろしい親殺しの
役を演じていましたw

ブンブンはそのイメージが
強いので未だに
右京さんはサイコパスで
実は…と妄想してしまうので
あったww

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”【解説】「栄光のランナー1936ベルリン」リーフェンシュタールを語る

栄光のランナー1936ベルリン(2016) RACE(2016) 監督:スティーブン・ホプキ

続きを読む

“Ç”【悲報】くらら劇場閉館!今は亡き映画館特集

大人気コラムの舞台「くらら劇場」閉館 当ブログで半年以上に 渡りBuzzっている カルト記

続きを読む

【Netflix】チンチン落書き事件「American Vandal」が「三度目の殺人」の100倍傑作だった件

アメリカを荒らす者たち(2017) 別名:ハノーバー高校落書き事件簿 原題:AMERICAN V

続きを読む

“Ç”「ショック集団」B級映画の巨匠サミュエル・フラーの怪作

ショック集団(1963) SHOCK CORRIDOR(1963) 監督:サミュエル・フラー

続きを読む

【映画館】マルタの映画館Eden Cinema 1930年代の映画館を思わせる賑わい

映画館リポート Eden Cinema マルタ島にあるシネコン Eden Cinemaに行っ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録10「オリ・マキの人生で最も幸せな日」カンヌを制すのも納得ヌーヴェルヴァーグっぽさ全開!

オリ・マキの人生で最も幸せな日(2016) 原題:Hymyilevä Mies 英題:The

続きを読む

【ネタバレ解説】「新感染」銃もナイフも使わずしてゾンビ映画最高傑作!ハンカチ必携だ!

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016) 原題:부산행、 英題:Train to Busan

続きを読む

“Ç”「イレブン・ミニッツ」スコリモフスキよ…本当に78歳?

イレブン・ミニッツ(2015) 11 MINITS(2015) 監督:イエジー・スコリモフス

続きを読む

“Ç”隠れた名作「コブラ・ヴェルデ」キンスキー頭おかしい(褒め言葉)

コブラ・ヴェルデ(1988) COBRA VERDE(1988) 監督:ヴェルナー・ヘルツォ

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録8『鳥類学者』そして神になる!ポルトガルの鬼才が送るゲテモノ映画

鳥類学者(2016) O Ornitologo(2016) 監督:ジョアン・ペドロ・ロドリゲ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『垂直のまま(RESTER VERTICAL)』日本公開不可能?局部の国のアリス

垂直のまま(2016) 原題:RESTER VERTICAL 英題

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑