*

「沈黙-SILENCE-」篠田正浩版と遠藤周作の原作を比較してみた!

「沈黙-SILENCE-」篠田正浩版と遠藤周作の原作を比較してみた!

沈黙-SILENCE-(1971)

沈黙
監督:篠田正浩
出演:岩下志麻、
岡田英次、丹波哲郎、
デヴィッド・ランプソンetc

評価:40点

遂にマーティン・スコセッシ監督の
新作「沈黙」
の予告編が解禁した。
遠藤周作の同名小説の映画だが、
台湾での撮影が難航し、
日本では2017年1月21日
に公開が決まりました。

今回は、スコセッシ版を
観る前の予習として、
遠藤周作の原作と
篠田正浩監督が1971年に
撮った作品を比較したので、
それの報告をするぞ~
(スコセッシ版「沈黙」感想はコチラ)

「沈黙」あらすじ

沈黙
島原の乱鎮圧後の日本。
イエズス会のフェイラが日本で
拷問に遭い、棄教したらしいと
噂を聞き、弟子のロドリゴと
ガルペは軟弱なキチジローを
頼りに隠れキリシタンの
たちに出会い手がかりを探すが…

島原の乱直後の日本史

日本史で誰もが習う「島原の乱」
江戸時代、ポルトガルとの交易が
あった日本にとって、招かれざる
輸入品が「キリスト教」だった。

ポルトガルの司祭たちは
キリスト教を布教することで、
勢力拡大及び利益を獲得しようとするが、
日本はかなりの強敵だった。

江戸の階級社会、士農工商制度を
揺るがし貧しい農民から反発が
出るのではと恐れた徳川幕府は
日本各地にいるキリシタンを
弾圧・迫害し始めた。

そこで起こった最大の戦争が、
1637年の島原の乱である。
天草四郎を大将とし、
江戸幕府と壮絶な戦いが起きるが、
結局キリシタン側は敗北。
それにより、徳川幕府は
一国一城令を発令したり、
ポルトガルとの国交を
断絶するなどし、
鎖国への道を歩んだ。

小説版「沈黙」は
そんな閉鎖的な
日本に潜入した
ポルトガル人の視点を
日本人である遠藤周作が
リアルに描写した
ことが評価された作品である。

凄惨さ控えめ、丹波哲郎…?

沈黙2
映画版では、小説版に
比べ拷問シーンが控えめとなっている。
もちろん、キリシタンを縛り
暴行を加える描写は今観ても
目を背ける程キツイ。
%e6%b2%88%e9%bb%993
ラストにかけてエスカレートしていく
暴力シーンや、踏み絵の魅せ方も
なかなかだと思うが、
やはり小説版の描写には
かなわないなと感じた。

特に、本作では描かれなかった
前書きのシーン。
「囚人に服を脱がせ、
両手と両足を縄でくくりつけ、
半カナーラくらい入る柄杓で
熱湯をすくい、各人の上に
ふりかけた。それも一気に
するのではなく、柄杓の底に
いくつか穴を開け、苦痛が
ながびくようにしておいたのである。」

読むだけで背筋が凍る詳細な
拷問について描写されている。

また、クライマックスの
汚物の入った穴に入れられる
キリシタンの叫びをロドリゴ
が聞くシーン。
原作では、
「自分がこの闇のなかでしゃがんでいる
間、だれかが鼻と口から血を流しながら
呻いていた。自分はそれに
気がつきもせず、
祈りもせず、笑っていたのである。」

またフェイラは
「私が転んだ(棄教した)のは、
穴に吊られたからではない。
三日間….このわしは、
汚物をつめこんだ穴の中で
逆さになり、
しかし一言も神を裏切る言葉を
言わなかったぞ。」

「わしは必死で神に祈ったが、
神は何もしなかったからだ」

と述べており、
如何に拷問が凄惨だったかが、
文字で痛い程伝わってくるのだ。

篠田正浩監督版は、
やはり表面上の「痛み」描写
しか描けておらず、
ロドリゴやフェイラの
苦痛が十分表現しきれていないのでは
と感じた。

と同時に、何故フェイラ役を丹波哲郎に
やらせたのかが疑問でしょうがなかった
(スコセッシ版ではフェイラは
リーアム・ニーソンが演じます。)

暴力描写に長けているマーティン・
スコセッシ監督ならそこは改善されている
だろうとは思うが、予告編を観ると、
どうもサムライ映画の美学を引きずり
過ぎているような印象を感じ
一抹の不安を感じる。

果たして吉と出るか凶と出るか、
2017年1月21日に確認したい。

関連記事

“Ç”日本公開決定!?「きっと、星のせいじゃない。」

異色の難病もの「きっと、星のせいじゃない。」 監督:ジョシュ・ボーン 出演:シェレン・ウッドレイ

続きを読む

【ネタバレ】「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」子どもにも魅せたいマクドナルドビジネス映画

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016) The Founder(2016) 監督

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉖】「男はつらいよ 寅次郎かもめ歌」さくら新居へ…

男はつらいよ 寅次郎かもめ歌(1980) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,

続きを読む

“Ç”岩波ホールにて公開決定!エストニア映画「みかんの丘」

EUフィルムデーズ開幕!! 今年もやって参りました、 ヨーロッパ映画大フィーバーな映画祭EU

続きを読む

【実話】10/22(土)公開「奇蹟がくれた数式」テーマとしては面白いのだが…

北欧旅行で観た映画3: 奇蹟がくれた数式(2016) The Man Who Knew Infi

続きを読む

#44【情報科教育】新入社員のIT研修から見る情報科教育

新入社員のIT研修から見る情報科教育 社会人になり早3ヶ月が経ちました。機械メーカーのソフトウェア

続きを読む

“Ç”日本を超えた映画館で「アクトレス~女たちの舞台~」:日本2015年秋公開予定

皆さん、 あけましておめでとうございます! 2014年、どんなステキな映画に 巡り会えたか

続きを読む

【ネタバレなし】「愚行録」えっつ初長編作?バケモノ監督石川慶爆誕!妻夫木聡と満島ひかりがヤバイ汗

愚行録(2017) 監督:石川慶 出演:妻夫木聡、 満島ひかり、 小出恵介etc

続きを読む

“Ç”ムカデ人間がやってくるヤァヤァヤァ!「8月の一押し映画」

8月の一押し映画(ブンブンが観た奴編) いやー夏休みですね~ ブンブン、今シーズン、テス

続きを読む

【ネタバレ酷評】「トランスフォーマー/最後の騎士王」全米が飽きた!ラジー賞シード権獲得案件

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017) Transformer The Last Knight

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【寅さんフルマラソン㉚】「男はつらいよ 花も嵐も寅次郎」沢田研二夫婦出現!

男はつらいよ 花も嵐も寅次郎(1982) 監督:山田洋次 出演

【実話】『ザ・ビッグ・シック(THE BIG SICK)』日本未公開の異文化難病ラブコメディ

ザ・ビッグ・シック(日本未公開/2017) THE BIG SICK

【日本未公開・ネタバレ酷評】『It Comes at Night』“それ”が見えたら、終わり。

イット・カムズ・アット・ナイト(日本未公開・2017) It Com

【ネタバレ考察】『A GHOST STORY』賛否両論A24が放つカルト映画

ア・ゴースト・ストーリー(2017) A GHOST STORY(2

【ネタバレなし解説】『ブレードランナー2049』が一見さんとミーハーお断りな7の理由

ブレードランナー2049(2017) BLADE RUNNER204

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑