*

「カフェ・ソサエティ(Café Society)」ウディ・アレンの小粋な1930年代ドラマ

「カフェ・ソサエティ(Café Society)」ウディ・アレンの小粋な1930年代ドラマ

カフェ・ソサエティ(2016)
Café Society(2016)

カフェソサイティ
監督:ウディ・アレン
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、
クリスティン・スチュアート、
スティーヴ・カレル、
ブレイク・ライヴリーetc

評価:75点

フィンランドの映画館
Finnkino Kinopalatsi
で観たのは
ウディ・アレン最新作
「カフェ・ソサイティ」だ!

NYからハリウッドに映画の仕事が
したくて、やってきた青年の物語
とのことだが、どうも生粋のニューヨーカー
だったウディ・アレンがもし
ハリウッドに行っていたら…
と妄想した映画に見えるのだが果たして…

「カフェ・ソサイティ」あらすじ

1930年代、
ハリウッドの映画業界で仕事を
したいと考えNYからはるばるやってきた
青年ボビー。彼の頼みの綱は、
プロデューサーの叔父だ。

右も左も分からない映画業界に
たじろぐが、叔父の愛人ヴォニーや
若手女優ヴェロニカに惚れ、
カノジョのために頑張ることで
業界人へとなっていく…

小粋で何もないのだが、それが良い

映画の脚本には、
99%の映画監督が映像化したとたん
酷い作品になることがある。

この「カフェ・ソサイティ」も
言うなれば、その手の作品だ。
映画業界物といえば、
その時代の映画をサンプリングする
ことで映画史を語っていく
スタイルがオーソドックスだ。

確かに、物語前半では
フレッド・アステアの
「有頂天時代(Swing Time)」や
バーバラ・スタンウィックの
「THE WOMAN IN RED」
などを
ネタとして使っている。

しかしながら、
物語が進む内に、
ジェシー・アイゼンバーグ
扮する青年は映画業界の
仕事らしい仕事はせず、
情事に明け暮れる展開が
待ち受けているのだ。

また、青年の成長譚と
ギャングスタ-物語を
同時並行に描いている
ものの、伏線回収みたいな
連動は希薄だったりする。

しかしながら、
これが役者の演技力で
見事に面白い
心に染みるウイスキーのような
味わいある成長物語となっている。

ジェシー・アイゼンバーグは
ウディ・アレン

ウディ・アレンは「ミッドナイト・イン・パリ」
でオーウェン・ウィルソンに
自身の分身を演じさせた。

同様に今回、ジェシー・アイゼンバーグに
ウディ・アレン自身を投影させている。
なので、早口でおどおどしているのだが、
意外と肉食系って部分をアイゼンバーグ
が演じているのだが、これがもろ
ウディ・アレンの物まね過ぎて
にやりと笑えてくる。

そうか!これはもし、ウディ・アレンが
ハリウッドに行ったら?という話なんだな
と引き込まれる。

そうすると、美しく背も高めな2人の
女性が現れべた惚れ。
叔父に邪魔され、なかなか
秘書のヴォニーと二人にならず
ムカつく様子や、
若手女優にグイグイ攻め入る
初々しさがこれまたたまりません。

最初は、へなちょこ男だったのが、
最終的に立派な業界人に
なって終わる。その時の回想する
場面でのアイゼンバーグの渋い顔が
これまた味わい深い。

決して、「ミッドナイト・イン・パリ」や
「ブルー・ジャスミン」
のように、
大きなテーマを扱っているわけではない。
1930年代の映画業界を描いているように見えて
スケールの小さいプライベートな話なのだが、
どこか憎めず、むしろ心の底まで風味が
染み渡り楽しませて暮れる作品でした。

日本公開は例年のウディ・アレン映画の
雰囲気で言うと、2017年5~6月付近に
ピカデリー系で公開かなー?

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【カンヌ国際映画祭特集】「AMERICAN HONEY」日本公開希望アンドレア・アーノルド新作

アメリカン・ハニー(2016) AMERICAN HONEY(2016) 監督:アンドレア・

続きを読む

【ネタバレ/解説】「ジーサンズ はじめての強盗」タイトルに騙されるな!サイコーの社会派老人ムービー

ジーサンズ はじめての強盗(2016) GOING IN STYLE(2016) 監督:ザッ

続きを読む

【ジャック・リヴェット追悼】アウトワン#最終章 長かった…

アウトワン(1971) OUT1(1971) 監督:ジャック・リヴェット 出演:ジャン=ピ

続きを読む

“Ç”映画化決定!就活生震撼のホラー小説「何者」

映画化決定!「何者」 先日我が法政大学の月刊誌を読んだ。 毎度、この時期の「法大生に読まれて

続きを読む

“Ç”日本公開決定!?「きっと、星のせいじゃない。」

異色の難病もの「きっと、星のせいじゃない。」 監督:ジョシュ・ボーン 出演:シェレン・ウッドレイ

続きを読む

“Ç”AKIRAのあれはこれがモチーフ「ブリキの太鼓」

ブリキの太鼓 (Die Blechtrommel) 監督:フォルカー・シュレンドルフ 出演

続きを読む

【ネタバレ/解説】吉田大八監督「美しい星」は三島由紀夫の原作必読の怪作だった!

美しい星(2017) 監督:吉田大八 出演:リリー・フランキー、亀梨和也、 橋本愛、中嶋朋

続きを読む

“Ç”初心者も大満足「アンフェア the end」篠原涼子事態完結す!

アンフェア the end 監督:佐藤嗣麻子 出演:篠原涼子、永山絢斗、阿部サダヲetc

続きを読む

“Ç”是枝新作カンヌ映画祭コンペ出品!!

第68回カンヌ映画祭シーズン開幕 毎年、5月にフランス南部カンヌという街で 行われる世界三大

続きを読む

“Ç”ブンブン映画ベストテン2015外邦画部門1位は橋口亮輔7年ぶりのあの怪作

ブンブン映画ベストテン2015外邦画 今年は、ミニシアター系作品に恵まれていた。 東京都では

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレなし】『君が君で君だ』カルト映画化必至!松居大悟の体調を心配したくなる怪作

君が君で君だ(2018) 監督:松居大悟 出演:池松壮亮、キム

【後半ネタバレあり】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は教職課程必修科目だ!

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017) 監督:湯浅

【ゴーモン特集】『ファントマ対ジューヴ警部』必見!100年前のZOZOSUIT

ファントマ対ジューヴ警部(1913) Juve contre Fan

【ゴーモン特集】『ファントマ』彼は狡猾か滑稽か?

ファントマ(1913) Fantômas(1913) 監督:ル

『放浪の画家ピロスマニ』ジョージア版男はつらいよ

放浪の画家ピロスマニ(1969) Pirosmani(1969)

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑