*

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

スウェーデンの映画館に行ってきた

スウェーデン
今回の北欧旅行は、阪急交通社の
ツアー
で行きました。
この手のツアーは基本的に集団行動で、
自由時間もそれほど多くない。
また、今回のツアーでの宿泊場所が
どれも中心街から5km~10kmぐらい
離れているので、なかなか自由に
動けないのだが、
4日目の夜映画館に行けそうだったので、
ストックホルムの隣町
ソルナにあるFilmstaden Scandinavia
潜入してきました。
(Filmstaden Scandinaviaサイト)

このシネコンは日本における
東宝にあたるSF BIA
運営しているシネコンで、
なんと、船橋のららぽーと
を思わせるぐらいバカでかい
ショッピングモール
Mall of Scandinaviaの
中にありましたよ~

早速ホテルから無料トラム
乗って潜入してきました。

映画料金

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a86
今回観たオリバー・ストーン
新作「スノーデン」の
料金は一般130SEK≒
1430円,65歳以上104SEK≒1100円
でした。

やはり北欧も日本よりやや
安いですね~
ただ、この映画館は
作品によって値段が全く異なり、

「ブリジット・ジョーンズの日記
ダメな私の最後のモテ期」は一般
125SEK,老人100SEK。
「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」
は一般135SEK,老人108SEKと
全然違う。

また3D料金はだいたい15SEK,
IMAXは50SEKの課金が必要です。

内観

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a85
%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a84
ロビーはかなり広めです。
丁度、TOHOシネマズ日劇みたいな
感じでしたw

この映画館が面白いところは、
コンセッションフロアのでかさです!

まるでコンビニ1軒入るほどの
スペースを食べ物がひしめき
陳列されているのだ!

しかも、やたらと飴やグミの
種類が豊富で、そこら辺の
スーパーに勝る品揃えで
あります。もちろんポップコーンも
あります。

ただし、日本の映画館にあるような
パンフレットはもちろん、
映画関連グッズは置いて
ありませんでした。

シアター内

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a87
%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a83
超絶美人さんに
チケットをもぎってもらい、
いざ中へ…

19:45とほぼレイトショーにも
関わらず、「スノーデン」は満席
近くまで埋まっていました。

なので、最前列しか空いてなかったのだが、
最前列でも観ていて全然辛くありませんでした。
(ちょっと椅子はかたかったけれども…)

というのも、日本の映画館とは違い
きちんと最前列からスクリーンの
距離を十分に取っており、
またスクリーンサイズも
大きすぎないからだ。

そして、面白い文化を
上映前に発見しました。

なんと、15分ぐらいの予告編が
終わるとチケットもぎりの美人さんが
スクリーン前に現れ、
「みなさんこんばんわ!」と挨拶を
始めたのだ。すると、観客は一斉に
静かになる。
「携帯電話はOFFに」的なことを
スウェーデン語で語ると、
観客から「タック(ありがとう)」の
声と拍手が巻き起こったのだ。

まるで知り合いの小規模演劇
公演を観に来ているかのような
始まり方に興奮しました(*^_^*)

やはり、海外の映画館調査は
面白いですな!
頑張って夜な夜な街に繰り出して
正解でした。
明日は、実際に観た
「スノーデン」(日本公開2017年1月)の
感想をアップします。

「スノーデン」感想
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”手話だけの映画?「ザ・トライブ」を観る

ちょっといい事ありました。 なんと、アンジェにある LES 400 COUPSって映画館 「大

続きを読む

“Ç”地球の急ぎ方~見所多しバルセロナ編9:アンドラへ行ってみよう!(観光編)~

アンドラの歩き方 ついに、到着しましたピレネー山の麓にある アンドラ公国。国っていうか、

続きを読む

「ジョン・ウィック:チャプター2」公開記念!キアヌ・リーヴス暴れる前作ってどんな話?

ジョン・ウィック(2014) JOHN WICK(2014) 監督:チャド・スタエルスキー

続きを読む

【必見】ユーリー・ノルシュテイン監督特集上映@イメージフォーラム レイヤー、奥行き、歴史!

ユーリー・ノルシュテイン監督 特集上映 「アニメーションの神様、 その美しき世界」 先日

続きを読む

“Ç”ハンガーゲームの次はコレだ!「メイズ・ランナー」

メイズ・ランナー(THE MAZE RUNNER) 監督:ウェス・ボール 出演:ディラン・オ

続きを読む

“Ç”「ドラえもん のび太の宇宙英雄記」!「ギャラクシー・クエスト」的展開に熱くなる!

ドラえもん のび太の宇宙英雄記(2015) 監督:大杉宜弘 出演:水田わさび、 大原めぐみ

続きを読む

“Ç”こんなバカンスは嫌だ「パラダイス三部作」特集①「愛」

ウルリヒ・ザイドル監督作に挑戦! オーストリア映画って実はゲテモノ映画を 定期的に輩出している国

続きを読む

“Ç”12thラテン・ビート映画祭に潜入!「ザ・クラブ(EL CLUB)」チリの新鋭暴れる!

第12回ラテン・ビート映画祭に行ったぞ! 映画オタク歴8年目にしてようやく 最近インディーズ

続きを読む

”Ç”伝統芸能に惑わされるな「黒衣の刺客」

黒衣の刺客(聶影娘) 監督:侯孝賢(ホウシャオシェン) 出演:スー・チー、妻夫木聡etc 評価:4

続きを読む

“Ç”イタリアで買った邦画「ヒルコ/妖怪ハンター」

ボローニャで見つけたB級映画 留学中、イタリアのボローニャに 行った時にDVDが安いことに 気づき

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑