*

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

【海外の映画館】スウェーデンにあるFilmstaden Scandinaviaに行ってみた

スウェーデンの映画館に行ってきた


今回の北欧旅行は、阪急交通社の
ツアー
で行きました。
この手のツアーは基本的に集団行動で、
自由時間もそれほど多くない。
また、今回のツアーでの宿泊場所が
どれも中心街から5km~10kmぐらい
離れているので、なかなか自由に
動けないのだが、
4日目の夜映画館に行けそうだったので、
ストックホルムの隣町
ソルナにあるFilmstaden Scandinavia
潜入してきました。
(Filmstaden Scandinaviaサイト)

このシネコンは日本における
東宝にあたるSF BIA
運営しているシネコンで、
なんと、船橋のららぽーと
を思わせるぐらいバカでかい
ショッピングモール
Mall of Scandinaviaの
中にありましたよ~

早速ホテルから無料トラム
乗って潜入してきました。

映画料金

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a86
今回観たオリバー・ストーン
新作「スノーデン」の
料金は一般130SEK≒
1430円,65歳以上104SEK≒1100円
でした。

やはり北欧も日本よりやや
安いですね~
ただ、この映画館は
作品によって値段が全く異なり、

「ブリジット・ジョーンズの日記
ダメな私の最後のモテ期」は一般
125SEK,老人100SEK。
「ミス・ペレグリンと奇妙な子供たち」
は一般135SEK,老人108SEKと
全然違う。

また3D料金はだいたい15SEK,
IMAXは50SEKの課金が必要です。

内観

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a85
%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a84
ロビーはかなり広めです。
丁度、TOHOシネマズ日劇みたいな
感じでしたw

この映画館が面白いところは、
コンセッションフロアのでかさです!

まるでコンビニ1軒入るほどの
スペースを食べ物がひしめき
陳列されているのだ!

しかも、やたらと飴やグミの
種類が豊富で、そこら辺の
スーパーに勝る品揃えで
あります。もちろんポップコーンも
あります。

ただし、日本の映画館にあるような
パンフレットはもちろん、
映画関連グッズは置いて
ありませんでした。

シアター内

%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a87
%e3%82%b9%e3%82%a6%e3%82%a7%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%b3%e6%98%a0%e7%94%bb%e9%a4%a83
超絶美人さんに
チケットをもぎってもらい、
いざ中へ…

19:45とほぼレイトショーにも
関わらず、「スノーデン」は満席
近くまで埋まっていました。

なので、最前列しか空いてなかったのだが、
最前列でも観ていて全然辛くありませんでした。
(ちょっと椅子はかたかったけれども…)

というのも、日本の映画館とは違い
きちんと最前列からスクリーンの
距離を十分に取っており、
またスクリーンサイズも
大きすぎないからだ。

そして、面白い文化を
上映前に発見しました。

なんと、15分ぐらいの予告編が
終わるとチケットもぎりの美人さんが
スクリーン前に現れ、
「みなさんこんばんわ!」と挨拶を
始めたのだ。すると、観客は一斉に
静かになる。
「携帯電話はOFFに」的なことを
スウェーデン語で語ると、
観客から「タック(ありがとう)」の
声と拍手が巻き起こったのだ。

まるで知り合いの小規模演劇
公演を観に来ているかのような
始まり方に興奮しました(*^_^*)

やはり、海外の映画館調査は
面白いですな!
頑張って夜な夜な街に繰り出して
正解でした。
明日は、実際に観た
「スノーデン」(日本公開2017年1月)の
感想をアップします。

「スノーデン」感想
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”死人ゼロだが猛毒・園子温ワールド「ラブ&ピース」

ラブ&ピース 監督:園子温 出演:長谷川博己、麻生久美子、渋川清彦、西田敏行etc 評

続きを読む

【自主ココマルシアター映画祭】「写真家ミック・ロック」バウスのソウルを宿した一本

写真家ミック・ロック ロック・レジェンドの創造主(2017・仮題) SHOT! THE PSY

続きを読む

“Ç”【速報】第72回ヴェネチア映画祭受賞発表、金獅子賞はベネズエラ映画「DESDE ALLÁ(デスデ・アジャ)」

第72回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 コンペティション部門 金獅子賞Leone d'Or

続きを読む

“Ç”エクストリーム、エロ本隠しの話じゃないぞ「やさしい本泥棒」

やさしい本泥棒(2013) THE BOOK THIEF(2013) 監督:ブライアン・パー

続きを読む

【寅さんフルマラソン㉓】「男はつらいよ 翔んでる寅次郎」満男の作文事件勃発

男はつらいよ 翔んでる寅次郎(1979) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,布施

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

【東京国際映画祭特集】「誕生のゆくえ」普遍的すぎて個性がなかったな~

誕生のゆくえ(2016) 英語題:Being Born 原題:Be Donya Amadann

続きを読む

“Ç”5/28公開「エンド・オブ・キングダム」ジェラルド・バトラーの方が悪役だろww

エンド・オブ・キングダム(2016) LONDON HAS FALLEN(2016) 監督:

続きを読む

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2016) Everybody Wa

続きを読む

“Ç”ワインハウスの真実!「AMY エイミー」歌詞をじっくり読んでますか?

AMY エイミー(2015) 監督:アシフ・カパディア 出演:エイミー・ワインハウス

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑