*

“Ç”是枝新作カンヌ映画祭コンペ出品!!

“Ç”是枝新作カンヌ映画祭コンペ出品!!

第68回カンヌ映画祭シーズン開幕

カンヌ映画祭
毎年、5月にフランス南部カンヌという街で
行われる世界三大映画祭のひとつ「カンヌ映画祭」。

ベルリン、ヴェネチアと比べてユニークで
オシャレな作品が多く出品されることから、
ブンブンは個人的に一番好きな映画祭です。
カンヌ映画祭
(カンヌ映画祭サイトより画像引用)

今年はスウェーデン出身の大女優
イングリット・バーグマン生誕100年の記念年。
ポスターはお美しいバーグマンがデザインされていますぞ♡

祝・「海街diary」、「岸辺の旅」出品!


今回コンペティション部門では是枝監督の新作
「海街diary」が、ある視点部門では黒沢清の
「岸辺の旅」が出品されます。

「海街diary」は吉田秋生のマンガ大賞2013を受賞した
コミックの映画化。この映画祭は、結構審査員長の
好みで受賞作が決まる傾向があるため、
今回は厳しそうだ…
コーエン兄弟ああいった話好きですかねぇ~?

一方、黒沢清監督は、「夏の庭」の湯本香樹実の小説を
映画化した「岸辺の旅」をある視点部門にて出品。
変な作品決定戦である「ある視点」部門でどんな
黒沢ワールドを展開するかが見物である。

コンペティション部門

unnamed (8)
(クリックすると大きくなるよ↑)

カンヌのサイトからリストを引用しました。
まだ、予告編、あらすじ等不明なので
なんとも言えないが、
期待度高まるのは、
ドゥニ・ヴェルヌ-ヴ監督のSICARIO。
「灼熱の魂」「プリズナーズ」「複製された男」
と近年快進撃を放ち続け、
遂にハリウッドから「ブレード・ランナー」
続編のオファーが来たアノ監督だ!

映画祭は結構、新鋭発掘の場としても
盛り上がっており、
有名な監督よりもこれから
有名になりそうな監督が
パルムドールを獲る傾向にある
(日本だけの話かもしれないが)。

そう考えると、
ジャ・ジャンクーや
ソレンティーノ、
ジャック・オーディアル
あたりと激戦を
繰り広げるのかな~

審査員長がコーエン兄弟
だけに期待度が高まります。

ある視点部門

ある視点
(クリックすると大きくなるよ↑)
未来のコンペ出品作、新鋭を発掘する場がココ。
アブデラマン・シサコやグザヴィエ・ドラン等、
凄腕監督は結構以前にこの部門で出品してたり
する。まだ、予告編等出てないから、
オススメ教えられないが、
一先ず黒沢清に期待だ。

マッドマックスがアウト・オブ・コンペに!

カンヌ映画祭
(クリックすると大きくなるよ↑)
今回、アウト・オブ・コンペティションに
「マッドマックス:怒りのデスロード」
ウッディ・アレンの新作(まだ作るんかいw)
の「IRRATIONAL MAN(理性を失った男)」
が出品されます。ウディ・アレンの新作は
タイトルからしてコメディっぽいので
気になりますな~

また、予告編やあらすじ等出たら
解説します!
カンヌ映画祭サイト

関連記事

“Ç”「VHSを巻き戻せ!」世界の映像コレクターの凄み!映画だけじゃないビデオの世界

VHSを巻き戻せ!(2013) REWIND THIS!(2013) 監督:ジョシュ・ジョン

続きを読む

“Ç”5/28公開「エンド・オブ・キングダム」ジェラルド・バトラーの方が悪役だろww

エンド・オブ・キングダム(2016) LONDON HAS FALLEN(2016) 監督:

続きを読む

「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場」:戦争会話劇の傑作誕生!!

アイ・イン・ザ・スカイ(2016) Eye in the Sky(2016) 監督:ギャビン

続きを読む

“Ç”ダルデンヌ最高傑作!「サンドラの週末」

deux jours, une nuit 監督:ダルデンヌ兄弟 出演:マリオン・コティヤール

続きを読む

「八重子のハミング」高橋洋子が怪演!介護問題とカフカの「変身」意外な共通点

八重子のハミング(2017) 監督:佐々部清 出演:升毅、高橋洋子、 文音etc 評

続きを読む

「レディー・チャタレー」カイエ・ドゥ・シネマ激推しの官能文芸映画

レディー・チャタレー(2006) LADY CHATTERLEY(2006) 監督:パスカル

続きを読む

“Ç”「シーズンズ 2万年の地球旅行」ネイチャードキュメンタリーと思ってたら…

シーズンズ 2万年の地球旅行(2015) LES SAISONS(2015) 監督:ジャック

続きを読む

『ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命』は『最後のジェダイ』と一緒に観てはいけない件

ユダヤ人を救った動物園 アントニーナが愛した命(2017) THE ZOOKEEPER'S WIF

続きを読む

“Ç”TIFF NO.2「ぼくの桃色の夢」殴られ殴られ、それでも愛を求める!

ぼくの桃色の夢 監督:ハオ・ジエ 出演:バオ・ベイアル、スン・イー 評価:75点 あらす

続きを読む

【ホセ・ルイス・ゲリン特集】「ミューズ・アカデミー」ダンテを巡る議論inバルセロナ大学

ミューズ・アカデミー(2015) La academia de las musas(2015)

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑