*

【ネタバレなし】「ワイルド・スピード ICE BREAK」ジェイソン・ステイサム最高傑作

【ネタバレなし】「ワイルド・スピード ICE BREAK」ジェイソン・ステイサム最高傑作

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017)
Fast & Furious 8(2017)


監督:F・ゲイリー・グレイ
出演:ヴィン・ディーゼル、
ジェイソン・ステイサム、
ミシェル・ロドリゲス、
タイリース・ギブソン、
カート・ラッセル、
シャーリーズ・セロンetc

評価:80点

数年に一度のお祭り「ワイルド・スピード」がやってきました!元々、警官とチンピラのオーソドックスなバディものとして始まったシリーズだが、いつしか車の破壊方法を競う総合格闘技映画に成り果てた数奇な歴史を歩んでいる。主人公であるブライアンを演じたポール・ウォーカーが亡くなり前作「ワイルド・スピード:SKY MISSION」でケジメを付けた以上、もう続編を作らなくてもと思うところもあるが最新作「ワイルド・スピード ICE BREAK」を観てきたぞ!
…それにしてもハゲかセクシーねぇちゃんしかいない気が…

「ワイルド・スピード ICE BREAK」あらすじ

ファミリーのドン、ドムさんが家族を裏切った!
政府からの極秘任務を請け負ったホブスが折角ファミリーと共にあらんことをと特殊兵器を盗み出したのに、それをドムが奪ったのだ!
揺れ動く家族!壊れゆく絆!ファミリーは消えたドムを探しに、前作の宿敵デッカード・ショウことジェイソン・ステイサムと呉越同舟の旅路に出る…

地球最大規模の家族喧嘩

宇宙最大規模の家族喧嘩は「スター・ウォーズ」。ならば地球最大規模の家族喧嘩は本作と言えよう。暴走一家のドンが家族を裏切ったことにより、世界各地を破壊しまくる家族。その勢いは「アベンジャーズ」もドン引くほどです。ニューヨークの街で車の雨を降らせる。ロシアで世界を滅亡させるある兵器を稼働させる、刑務所を荒らす。まるでこの世界では社会情勢や政治などお構いなし、家族が法だといっているような世界観、中学生が考えたようなアクションに腹筋が崩壊した。とにかく、原点回帰もしつつ、今までにないアクションを生み出そうとする気概はステキ。

と同時に、あまりにも家族愛の強い物語に「ワイルド・スピード」ファンは涙なくして観ることはできない傑作でもあります。今は亡きポール・ウォーカー。しかし、「ワイルド・スピード」の世界ではブライアンことポール・ウォーカーは生きている。丁度17年前、粋がっている警官ブライアンと直線レースを仕切っていたドムが出会った頃の友情は今も生きている。そして、ドムが家族を裏切ろうと、決して諦めない。ドムをダークサイドから引きずり出そうとする家族の絆に涙した。

さらに、さらに、前作では敵だったジェイソン・ステイサムがツンデレで荒ぶっていながらも、メチャクチャ良い奴。ステイサムアクションも今回はサイコーレベルにまで格好良く拍手喝采ものでした。

そして、ポール・ウォーカーの代わりにフサフサ警官要因リトル・ノーバディ役として動員されたクリント・イーストウッドの息子ことスコット・イーストウッドがこれまた良い味出していました。1作目のポール・ウォーカーみたいにギラギラ粋がっていました。

【祝】ブロックバスター型ハリウッド映画初!キューバロケ

予告編ではアイスランドロケがフィーチャーされていたが、今回の「ワイルド・スピード」は非常に画期的なことをしている。それはブロックバスター型ハリウッド映画としては初めてキューバロケを敢行しているところにあります。長らくアメリカとキューバは険悪な関係だった為、映画撮影には使えなかったのだが、今回は国交回復に伴いロケとして使用されています。

そして、そこで繰り広げられるアクションが西部劇さながらの胸熱人情ドラマだったりするのでこれまた素晴らしい。

問題提起もある

基本的にこのシリーズは頭を空っぽにしてみる娯楽作品だが、今回はしっかりと問題提起もしている(ひょっとしたら無意識かもしれないが)。というのも、予告編にもある通り、本作ではハッキングにより車が自動操縦されニューヨークの街が大惨事に陥る。

現在、自動車業界では自動操縦技術が注目されている。この技術を使うには、インターネット回線を使って地図や交通情報等を読み取る必要があるのだが、裏を返せば自分の自動車がハッキングされ遠隔操作されてしまう危険性がある。本作では、自動車システムに侵入することでどのようなテロを引き起こせるかを見事に提示していると言える。

もし、自動ブレーキシステムに細工されたら?もし自動車システムに侵入され、遠隔操作で事故を起こされたら誰が責任を取るのか?どのようにして犯人を捕まえていくのか、非常に興味深いシーンがありました。

最後に…

このように、「ワイルド・スピード ICE BREAK」は知能指数が下がるほど楽しい劇場鑑賞必須のお祭り映画である一方、将来起こりゆるテロの可能性にも言及し、キューバとアメリカの友好関係にも協力している素晴らしい映画です。是非劇場でウォッチしてみてください!

関連記事

【「わたしは、ダニエル・ブレイク」公開記念】「SWEET SIXTEEN」:ケンローチの神話

SWEET SIXTEEN(2002) 監督:ケン・ローチ 出演:マーティン・コムストン、

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑦】「男はつらいよ 奮闘篇」珍しい!おつむの弱い女性が寅ガール!

男はつらいよ 奮闘篇(1971) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 田中邦衛, ミヤコ蝶々

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑲】「男はつらいよ 寅次郎と殿様」鯉のぼり事件

男はつらいよ 寅次郎と殿様(1977) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子,前田吟

続きを読む

“Ç”【カンヌ国際映画祭特集】「軽蔑」2016年のポスターにもなったゴダール映画

軽蔑(1963) LE MÉPRIS(1963) 監督 :ジャン・リュック=ゴダール 出演

続きを読む

【ネタバレ解説】「バンコクナイツ」オザワは何故銃を買ったのか問題についての考察

バンコクナイツ解説 先日、空族の話題作 「バンコクナイツ」を観て 絶賛したブンブン。 (

続きを読む

“Ç”え~~~~そんな結末?!「ソロモンの偽証 後篇・裁判」

ソロモンの偽証 監督:成島出 出演:藤野涼子、石井杏奈、佐々木蔵之介etc  先日、ブンブ

続きを読む

【夏休み映画】「星の旅人たち」サンディアゴ・デ・コンポステーラに行きたい!

星の旅人たち(2010) The Way(2010) 監督:エミリオ・エステベス 出演:マ

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「パリ、18区、夜。」クレール・ドゥニのシリアスすぎるパリ事情

パリ、18区、夜。(1994) 仏題:J'AI PAS SOMMEIL 英題:I CAN'T S

続きを読む

【カイエ・ドゥ・シネマ週間】「ジャングルの掟」仏版Mr.ビーンは政治的!

ジャングルの掟(2016) LA LOI DE LA JUNGLE(2016) 監督:Ant

続きを読む

【ネタバレ解説】「何者」2017卒就活生が激白!本作が等身大過ぎる10のポイント

何者(2016) 監督:三浦大輔 出演:佐藤健、有村架純、 二階堂ふみ、菅田将暉、岡田将生

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【Netflixネタバレ考察】『ROMA/ローマ』タイトルから読み解く《家政婦は見た》

ROMA/ローマ(2018) ROMA 監督:アルフォンソ・キ

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか…

【映画館レポート】ココマルシアター、あの事件から1年後どう変わったのか

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ!

【映画館リポート】アップリンク吉祥寺こそバウスの血を継ぐ映画体験施設だ

【東京フィルメックス】『アルファ 殺しの権利』メンドーサ監督作『どん底』の裏返し

アルファ 殺しの権利(2018) ALPHA THE RIGHT T

『北(ノルテ)-歴史の終わり』ラヴ・ディアスのクリスマス映画はいつもとは違う!

北(ノルテ)-歴史の終わり(2013) Norte, the End

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑