*

「劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel I. presage flower」をただの映画オタクが観た結果…

「劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel I. presage flower」をただの映画オタクが観た結果…

劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel
I. presage flower(2017)


監督:須藤友徳
声の出演:杉山紀彰、川澄綾子etc

評価:採点不能

先週末、映画界を賑わせたアニメ一本ありけり。その名も「劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel I. presage flower」。シネマトゥデイによると、この土日たった2日間で動員24万7,509人、興行収入4億1,303万840円を記録したとのことだ。この結果は、あの「ラブライブ!The School Idol Movie」のオープニング4億23万5,800円を突破する快挙となった。

そんな本作だが、TYPE-MOONの人気PCゲーム「Fate/stay night」の映画化で3部作の第1作目。ブンブンこのゲーム全く知らないのだが、ある案件で観る羽目となった。元ネタ知らずに観ても「魔法少女まどか☆マギカ」や「魔法少女リリカルなのは」といった傑作もあるので、挑んだのだが果たして…

※警告:本記事は原作も声優も全くもって無知な映画オタク、チェ・ブンブンの戯れ言が書かれています。ファンの方のヘイトを爆稼ぎしそうな記事なので、ファンの方はそっと本ページを閉じることオススメする。

「劇場版 Fate/stay night Heaven’s Feel I. presage flower」あらすじ

聖杯戦争に巻き込まれた元弓道部のぼっちゃん=魔術師(マスター)が英霊(サーヴァント)ことセイバーと共に再び勃発した「聖杯戦争」を戦う…

映画としては酷い

原作であるゲームを遊んだことがないので、一本のアニメ映画として観たのだが、これは典型的なファンムービー、一見さんお断りな作品でした。まず、ストーリー的省略が多すぎてワケワカメだ。いきなり、怪我をした弓道部員である主人公・衛宮士郎の前にDV兄貴から逃げるようにして学年が下の女学生・間桐桜が家に居候を始めるところから始める。衛宮の母の軽い承諾。アニメならではの文法だからしょうがないのだが、ぶっ飛んでいます。そして、士郎と桜の情事が30分くらい続いたところで、いきなり聖杯戦争が始まるのだ!あらすじすら読んでいなかったブンブンは、What’s Happen’?とお口アングリーバードだww

そして息をつくまもなく、小学生ぐらいの女の子出現「ワタシはイリヤスフィール・フォン・アインツベルン!」と言いながら、ゴリマッチョな鬼を召喚して攻撃を仕掛けてくるではありませんか!そして、衛宮士郎はセイバーと呼ばれる美女戦士、あと遠坂凛という惣流・アスカ・ラングレーっぽい女と一緒に戦います…ついてけねぇ

つまりだな、本作はただのアニメ映画として観ると、あまりに観客に不親切な、それも最低限説明描写を入れるべき箇所をもカットしてしまっている「プロメテウス」に近い残念映画なのだ。

ギャップ萌えを最大限活かした作品

流石にバトルシーンは気合いが入っており、 どこか「修羅雪姫」を思わせる。また、今ゲーム界はユーザー数獲得のためにギャップ萌えを非常に意識していると聞いているが、まさにこの映画内のキャラクターを観ると、「ギャップ萌え」を意識せざる得ない。ギャップ萌え博物館として観ると面白い。

例えば、セイバー。あんなにも可愛いのに、話し方は貴族のようにかしこまっており、戦闘はメチャクチャ強い。ティルダ・スウィントンのような雰囲気を出している。これは、「可愛がりたい」と「守られたい」という水と油の欲求を同時に満たせる愛されキャラであろう。

また、イリヤスフィール・フォン・アインツベルンは、小学生ぐらいの少女なのにメチャクチャ強いので、全国のロリコンの皆さんから熱い支持を得そうなキャラクターだ。

徹底して「AなのにB」というギャップ萌えを創り出すキャラクター方程式を、適用していたところは評価に値します。

最後に…

今回は、流石に私が無知過ぎたので評価は致しません。こんな私が観て、感想を語ること自体申し訳ないと思った次第であります。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:自由に追加できるブロトピ

関連記事

【TIFF2017】「ナッシングウッドの王子」知られざるアフガニスタンB級映画の世界

ナッシングウッドの王子(2017) NOTHINGWOOD(2017) 監督:ソニア・クロン

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑬】「男はつらいよ 寅次郎恋やつれ」吉永小百合リベンジマッチ

男はつらいよ 寅次郎恋やつれ(1974) 監督:山田洋次 出演:渥美清,高田敏江, 宮口精

続きを読む

【ホン・サンス特集】「3人のアンヌ」イザベル・ユペール焼酎を呑む

3人のアンヌ(2012) In Another Country(2012) 監督:ホン・サン

続きを読む

【試写会】「怪物はささやく」J.A.バヨナが送る心理学講座!

怪物はささやく(2016) A Monster Calls(2016) 監督:J.A.バヨナ

続きを読む

【ネタバレなし】『ジャスティス・リーグ』はハリウッド版テラフォーマーズだ!

ジャスティス・リーグ(2017) JUSTICE LEAGUE(2017) 監督:ザック・ス

続きを読む

【ネタバレなし】「ブラインド・マッサージ」ロウ・イエpresents盲目だから見えてくる愛の形

ブラインド・マッサージ(2014) 推掌(2014) 監督:ロウ・イエ 出演:ホアン・シュ

続きを読む

【夏休み映画特集】「EL(1952)」ヒッチコックの「めまい」の源泉ここにあり!?

EL(1952) 監督:ルイス・ブニュエル 出演:アルトゥーロ・デ・コルドヴァ、 デリア・

続きを読む

【東京フィルメックス】『ニッポン国VS泉南石綿村』はシン・ゴジラならずシン・カズオだ!

ニッポン国VS泉南石綿村(2017) 監督:原一男 出演:泉南石綿村の方々 評価:95

続きを読む

【ネタバレ】『オリエント急行殺人事件(ケネス・ブラナー版)』ポアロ君,,,それはキモノではない!

オリエント急行殺人事件(2017) Murder on the Orient Express(20

続きを読む

【酷評/ネタバレ解説】「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」が劣化版「君の名は。」ですらなかった10の理由

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017) 監督:武内宣之 声の出演:広瀬す

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑