*

12.17 Sat公開「幸せなひとりぼっち」スウェーデン映画史上3位の大ヒット!スターウォーズを倒した老人映画

12.17 Sat公開「幸せなひとりぼっち」スウェーデン映画史上3位の大ヒット!スターウォーズを倒した老人映画

幸せなひとりぼっち(2015)
En man som heter Ove(2015)

幸せなひとりぼっち
監督:ハンネス・ホルム
出演:ロルフ・ラスゴード、
イーダ・エングボルetc

評価:70点

日本ではアニメ
君の名は。」が歴代2位の
大ヒットをしているが、
スウェーデンでは昨年
おじいさんスーサード
ムービーが、
あの「フォースの覚醒
を抜き大ヒット!
スウェーデン映画史上
歴代3位の興行収入

獲得した。

そんな話題作
「幸せなひとりぼっち」
今週末12/17(土)
ヒューマントラストシネマ渋谷

他にて後悔される。

ブンブンは試写会で
一足早く観てきたので
今日はその話をします。

「幸せなひとりぼっち」あらすじ

妻に先立たれ、42年も勤めた会社も
クビになったおじいさんオーヴェ。
彼は頑固で冷たいことから、
住宅街の皆から嫌われており、
ひとりぼっち。

哀しみのあまり自殺を企てる
オーヴェだったが、
隣にイラン人とスウェーデン人の
夫婦が引っ越してきて、
自殺の邪魔されたことから
徐々に心を開いていく…

北欧大手会社が放つ静かな人間観察

本作はスウェーデン
映画ではあるが、
デンマークの老舗映画会社
ノーディスク製作の作品だ。
つまり、所謂東宝や松竹に
あたるところで製作された
作品なのだ。

所謂日本の大手映画会社が
作るお涙頂戴映画とは違い、
非常に静かに
オーヴェという男が
何故、頑固で冷たい
男になったかを紐解いていく。
まさに原題が
En man som heter Ove
(オーヴェという男)

というだけあって
重厚に描かれている。

まるでライアン・ゴズリング
主演の「ブルー・バレンタイン」
のように、奥さんとの
楽しかった日々と、
現在の絶望の日々を
交互に描いていき、
最初は誰が見ても
酷い男にしか思えない
オーヴェが段々と
人間味溢れる良い奴
だったことに気づかされ
シンパシーを抱く。

そして、現代パートでは
移民や同性愛者との
コミュニケーションを
通して、頑固でカチカチ氷
になってしまった心が
解ける様子が描かれる。
移民問題を抱えている
スウェーデンならではの
「移民とどう付き
合っていくか」という
考察も映画の中でされている。

でもコメディです

こうも聞くと、非常に
思い難解な映画に見えるかも
しれないが、
実はコメディです。

自殺しようにも、
毎回邪魔が入り
自殺ができなくなる
コミカルさ。

他人が乗っている車の
会社がボルボかサーブか
で付き合うか否かを決める
オーヴェの心の狭さ、
不器用さに試写会会場は
ブンブンを含め大爆笑でした。
昨年日本でもヒットした
「おみおくりの作法」が好きな
方は特に気に入ると思うので、
是非今週末劇場で
ウォッチしてみてください。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”むちゃくちゃ過ぎる就活、「就職戦線異状なし」2017年卒とはギャップあるが観とこう!

就職戦線異状なし 監督:金子修介 出演:織田裕二、的場浩司、坂上忍etc 評価:20点

続きを読む

“Ç”広瀬すずの本気を観た「ちはやふる 上の句」

ちはやふる 上の句(2016) 監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず、野村周平、真剣佑、上白石萌音

続きを読む

“Ç”「エルム街の悪夢3 惨劇の館」特撮技術に注目!怖くは…ないかな~

エルム街の悪夢3 惨劇の館(1987) A Nightmare on Elm Street 3:

続きを読む

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017) 原題:方繡英 英題:Mrs. Fang 監督:ワン・ビン 出演:

続きを読む

“Ç”祝・アカデミー賞ノミネート‼︎アルモドバル制作「人生スイッチ」

アカデミー賞ノミネート発表 先日、アカデミー賞ノミネート発表が ありました。一般部門は あ

続きを読む

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

坂上忍熱演「アングリーバード」!ゲーム通り目には目を歯には歯をな内容だった件

北欧旅行で観た映画1: アングリー・バード 日本語吹き替え版(2016) THE ANGRY B

続きを読む

“Ç”フランス版キネマ旬報「カイエ・デュ・シネマ」を読もう

映画オタク必読カイエ・デュ・シネマとは? フランス代表の老舗映画批評誌である。 エリック・ロ

続きを読む

“Ç”第18回カイエ・ドゥ・シネマ週間in東京に潜入!「アッシャー家の末裔」35mmフィルムver.

久しぶりにアンスティチュフランセ東京へ... 飯田橋にあるフランス語学校アンスティチュフランセ

続きを読む

「チリの闘い」アジェンデ政権崩壊から観る今の国際戦略

チリの闘い(1975) La batalla de Chile(1975) 監督:パトリシオ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑