*

“Ç”【歌詞和訳リスト付き】「さらば青春の光」ザ・フーやっぱスゲー!

“Ç”【歌詞和訳リスト付き】「さらば青春の光」ザ・フーやっぱスゲー!

さらば青春の光(1979)
QUADROPHENIA(1979)

QUADROPHINIA
監督:フランク・ロッダム
出演:フィル・ダニエルズ、
スティングetc

評価:80点

久しぶりに、ロックオペラ
っちゅうものを観たくなった。
ということで、
ロックオペラの概念を
作ったザ・フー(THE WHO)の
「四重人格」
の映画化
「さらば青春の光」を観たぞ!

「さらば青春の光」あらすじ

軍隊に入るが、規律に耐えきれず
除隊。実家でNEET暮らしを
しているモッズ族のジミーは、
友人がロッカーズに転身したり、
定職に就いて、昔のように
モッズに情熱を捧げなくなっている
ことに絶望し…

朝井リョウ「何者」
に通じる居心地の悪さ

本作はロックオペラ「四重人格」
の映画化である。
ロックオペラとは、
音楽アルバムひとつで
ある物語を語るという
スタイルのジャンルであり。
ザ・フーの「Tommy」そして
「四重人格」の成功により、

世界中でブームを巻き起こし、
「ロッキー・ホラー・ショー」
「エビータ」
「ジーザス・クライスト・スーパースター」

などといった名作が多数作られ、
どれも映画化までされた。

そんな創始者の作った「四重人格」は
非常に心に刺さる話である。

組織や規律に反抗し、
自意識の高い青年ジミー。
彼は一応企業のメールボーイ
をしているが、
かつてのちょい悪ライフを
忘れられずに衝動で
仕事を辞め、NEET生活を
送ることとなる。

しかし、ジミーは気づいていなかった。
周りは、大人になりきれない
ジミーにドン引いていることに。
高校時代に観たときには気づかなかったのだが、
よく映画を観ていると、
ジミーの友人は表情でさりげなく、
ジミーとの間に壁を作っているのだ!

ジミー以外は基本的に
モッズ時代の郷愁を感じる
為に集まる。いわば同窓会
的なのに、対しジミーだけ
ガチ勢だから、仲間は「えっ」と
顔をする。それすら気づけない
ジミーに泣けてきます。

まさに、朝井リョウの地獄就活小説
「何者」の主人公みたいな
切なさがあります。

故に、冒頭の「The Real Me」の
-Can you see the real me
(ホントウの俺が見えているか?)

が痛いほど伝わってくる。

ところでモッズ族って?

ところで、この文章やあらすじを
読んだ方はふと「モッズ族」って何?
と思うだろう。

モッズ族(MODS)とは、ざっくり
言うならば、ミリタリー
ファッションである。
緑色のジャンパーを着たり、
時にスーツを着たりと、
簡単に言うと、
「ちょい悪ファッション」
って感じかな。
乗り物も、服が排気ガスで
汚れないようスクーターが
メインとのこと。

ちなみにザ・フーの
トレードマークである
アーチェリーの的
みたいなロゴは、
イギリス空軍のラウンデル
シンボルマークから来ています。

それに対して、ロッカーズ
(ROCKERS)は
全身革ジャンや革パン黒ずくめ
のファッションで、
単気筒エンジンのバイクを
乗り回します。

芸人の「さらば青春の光」

お笑い芸人に「さらば青春の光」っていうのがあり、
てっきり「キング・オブ・コメディ」のように
映画が好きで芸名にしたのかなと思ったのだが、
どうやら違うようでした。

ピーマンズスタンダードの南川聡史が、
彼らの芸名を考える際に
「復讐するは我にあり」
「さらば青春の光」どっちがいい?
と訊いて、後者を選んだだけで、
当時は二人とも本作を
観ていなかったとのこと。
「復讐するは我にあり」…
ダサいってかゴロ悪くねぇか??

楽曲和訳歌詞リンク

ぼくは海(I Am the Sea)
リアル・ミー(The Real Me)
カット・マイ・ヘアー(Cut My Hair)
少年とゴッドファーザー(Punk and the Godfather)
汚れた仕事(Dirty Jobs)
ヘルプレス・ダンサー (Helpless Dancer)
5:15
海と砂(Sea and Sand)
溺れるぼく(Drowned)
ベル・ボーイ(Bell Boy)
ドクター・ジミー(Doctor Jimmy)
愛の支配(Love Reign o’er Me)

関連記事

“Ç”【速報】第69回カンヌ国際映画祭受賞結果パルムドールは「I,Daniel Blake」ケン・ローチ渾身の新作

第69回カンヌ国際映画祭受賞結果 パルム・ドール:I, Daniel Blake ケン・ローチ渾身

続きを読む

“Ç” チェ、アデルへの挑戦「アデル、ブルーは熱い色」比較

昨年、カンヌ国際映画祭でパルムドールを受賞した「アデル、ブルーは熱い色」。 これ、友だちと軽いノ

続きを読む

“Ç”「シェル・コレクター」リリー・フランキーが盲目の貝収集家に!

シェル・コレクター(2016) THE SHELL COLLECTER(2016) 監督:坪田義

続きを読む

リニューアル新宿武蔵野館で「エブリバディ・ウォンツ・サム」を観た件

エブリバディ・ウォンツ・サム!! 世界はボクらの手の中に(2016) Everybody Wa

続きを読む

“Ç”ディカプリオの、ぬぁああああああ!「レヴェナント 蘇えりし者」

レヴェナント 蘇えりし者(2015) THE REVENANT(2015) 監督:アレハンド

続きを読む

”Ç”ピエロって怖いよねー「クラウン」フェイク予告編がまさかの映画化!

クラウン(CLOWN) 監督:ジョン・ワッツ 出演:アンディ・パワーズ、ローラ・アレンetc

続きを読む

“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート2:ルック・オブ・サイレンス

「アクト・オブ・キリング」監督とのQ&Aに備えろ! アンジェ映画祭は やたらと監督と話せる機

続きを読む

“Ç”「マネー・ショート 華麗なる大逆転」サブプライムローンをセクシー姉ちゃんが一蹴り!

マネー・ショート 華麗なる大逆転(2015) THE BIG SHORT(2015) 監督:アダ

続きを読む

“Ç”SF映画のヴィジュアル原点ここにあり「アンカル(L’INCAL)」

アンカル(L'INCAL) 原作:アレハンドロ・ホドロフスキー 作画:メビウス 海外の漫画って買

続きを読む

“Ç”「リリーのすべて」アリシア・ヴィキャンデル、主演女優じゃね説!

リリーのすべて(2015) THE DANISH GIRL(2015) 監督:トム・フーパー

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑