*

【ゴーモン特集】『鱒』もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

【ゴーモン特集】『鱒』もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

鱒(1982)
LA TRUITE(1982)


監督:ジョゼフ・ロージー
出演:イザベル・ユペール、ジャンヌ・モロー、
ダニエル・オルブリフスキー、
ジャック・スピエセル、山形勲etc

評価:60点

先日からアンスティチュ・フランセ東京とジャック&ベティで開催中のゴーモン特集。今回、ブンブン最大の目玉はジョゼフ・ロージーの『鱒』だった。タイトルに厨二病心(?)擽られ、またイザベル・ユペールが東京観光する映画だと聞き、極め付けは日本未DVD映画だということで、これは地を這ってでも行かねば!と意気揚々、朝一で並びチケットを確保しました。ジョゼフ・ロージーといえば、カルト映画『召使』の監督だ。

『恋』、『できごと』、『夕なぎ』と文芸チックな邦題の作品が多く、中々食指が動きにくい監督ではあるのだが、知る人ぞ知るカルトな監督だそうです。果たして、『鱒』は…??

『鱒』あらすじ

フランスの片田舎で鱒養殖で生計を立てている夫婦。ある日、ボーリングをしていると大手企業の重鎮らしき者に戦いを挑まれる。妻が、重鎮軍団をフルボッコにすると、「東京に行かんか?」と言われる。かくして、夫をフランスに放置して未知の世界ニッポンを堪能するのだった…

もしもジョゼフ・ロージーが『俺ら東京さ行ぐだ』を映画化したら…

ジョゼフ・ロージーの『召使』に関しては、大好きだが、なんでこれがカルト映画扱いなのかがよく分からなかった。しかし、本作を観ると、「あっロージーってカルト監督だな!」と気がつく。

本作はイザベル・ユペール扮する鱒養殖場で働き、アル中の夫と暮らしている女の狂ったシンデレラストーリーだ。この狂いようにはシンデレラガール、ジュリア・ロバーツ(『プリティ・ウーマン』、『ノッティングヒルの恋人』でシンデレラ・ガールを好演)も嫉妬間違いなしだwなんたって、夫とボーリングしたら、富豪にボーリングバトルを持ちかけられる。そして、ユペールが富豪をフルボッコにしたら、「東京行かんか?」と言われるのだ。夫も行こうとするがお断り、家でお留守番放置プレイだ。

まさしく、吉幾三『俺ら東京さ行ぐだ』の世界観。

テレビも無ェラジオも無ェ
自動車もそれほど走って無ェ
(幸運なことにボーリング場という名の娯楽だけはあります)

俺らこんな村いやだ 俺らこんな村いやだ
東京へ出るだ 東京へ出だなら
銭コァ貯めで 東京で《鱒》飼うだ〜な内容なのだ。

かくして、ど田舎暮らし、トーキョー?何それ?美味しいの?ガールはトーキョーへ潜入する。しかし、特にミッションも何もなく、『ロスト・イン・トランスレーション』が如く彼女もまた放置プレイされるのだ。勝手にドンドン事が進む混沌の中、彼女は世界10ヶ国、3万3千人とヤッタ好色一代女の美魔女から「おやりなさい、西洋の罪意識なんか捨て」と地球の歩き方を教えられ覚醒する。


自由奔放に、カーテレビ、ディスコ、金閣寺もびっくり金色ホテル、味噌田楽、激流下り、ゴールデン街にあるバー『ラ・ジュテ』、スピリチュアルな儀式を片っ端から体験し、勝手に出世していく。

あまりにも、どうかしている描写の連続、時系列、夢と真が入り乱れる世界に困惑しかなかったのだが、妙にダサカッコイイ音楽と長回しのコントラスト、どうした?としか言いようもないセリフの数々に釘付けでした。

ジョゼフ・ロージー流シンデレラストーリー批判

ただ、これはジョゼフ・ロージーのシンデレラストーリーに対する強烈な皮肉と考えると急に腑に落ちる。

急に王子が現れたことで、彼女は夢のような体験と最高の地位を手に入れ、リッチになる。しかし、それは夫を、家族を、自分を棄てることだ。大量生産、大量消費されるシンデレラストーリーが、得られるものだけにフォーカスを当て、失われるものに対しては全力で無視する。失われるものに言及しても、それは物語を盛り上げる塩胡椒、生姜レベルに過ぎない。

『召使』で、地位というフレームに押し込められたキャラクターのフレームを破壊していく事で、通俗を皮肉った。今回は、日本ロケでそれをやってのけている。極端なまでに、それも誰が観ても「どうかしている」と思わずにはいられない御都合主義を、独特の風土ある日本を舞台に描くことで、異様さが際立つ。そして、シンデレラストーリーの普段、さほど気にしない「喪失」の側面が浮き彫りになってくるのだ。ジョゼフ・ロージーおそるべし!

それにしても、イザベル・ユペール、、、ハネケにバーホーベン、サンスと変人監督に好かれまくっているなぁ。そして、変な映画に出まくっているなー。今公開中の『EVA』も娼婦の役だしね(60歳超えているよね、シニアだよねぇ…)。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【デプレシャン特集2】『そして、僕は恋をする』フランスのヰタ・セクスアリス

そして、僕は恋をする(1996) Comment je me suis disputé... (m

続きを読む

【大傑作】『犬猿』ニッチェ 江上敬子にアカデミー賞を!

犬猿(2018) 監督:吉田恵輔 出演:窪田正孝、新井浩文、 江上敬子、筧美和子etc

続きを読む

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデミー賞メイクアップ&ヘアスタイ

続きを読む

【ネタバレ】『ガーディアンズ』ロシア版X-MEN…実は司令官最強説

ガーディアンズ(2017) 原題:Защитники 英題:THE GURDIANS 監督

続きを読む

【デプレシャン特集5】『エスター・カーン』デプレシャン、、、おそろしい子!

エスター・カーン めざめの時(2000) ESTHER KAHN(2000) 監督:アルノー

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『失われた週末』山口達也擬似体験映画(第1回最優秀賞受賞作品)

失われた週末(1945) The Lost Weekend(1945) 監督:ビリー・ワイル

続きを読む

【ネタバレ解説】『万引き家族』勝てる映画が勝利したことへの危機感

万引き家族(2018) 仏題:Une affaire de famille 英題:Shopl

続きを読む

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『トラスト・ミー』は○○○の使い方が凄い※ネタバレ記事

トラスト・ミー(1990) TRUST(1990) 監督:ハル・ハートリー 出演:エイドリ

続きを読む

【ネタバレ解説】『ダウンサイズ』期待したものはないが期待以上の面白さはある

ダウンサイズ(2017) Downsizing(2017) 監督:アレクサンダー・ペイン

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑