*

【カルト映画】『The Room』駄作界の『市民ケーン』

【カルト映画】『The Room』駄作界の『市民ケーン』

The Room(2003)


監督:トミー・ウィソー
出演:トミー・ウィソー、ジュリエット・ダニエル、
グレッグ・セステロetc

評価:10点(好きです♡)

『THE DISASTER ARTIST』を観て、興味が湧いたので観てみた。駄作界の『市民ケーン』と言われ、『101 CULT MOVIES:YOU MUST SEE BEFORE YOU DIE』にも掲載されているカルト映画だ。7月に入り、やけに夜が暑い。あまりの暑さに深夜1時に起きてしまったブンブンは、ワールドカップ2018ロシア 運命のベルギー戦が始まるまで、この魔界に挑んでみた…

↑『スター・ウォーズ』とのコラ動画が作られるほど海外では人気作ですw

『The Room』あらすじ

ジョニーは婚約者のリサと暮らしているのだが、どうもリサの様子がおかしい。屋上では、ジョニーが可愛がっているデニーが麻薬の売人に襲われている。ボールが周りに周り、悲劇に向かう中、ジョニーは叫んだ。Oh, hi Mark!

テンション高い時に観ましょう

本作はハイテンションな気持ちで観ないと発狂するレベルに酷い。6億円掛かっているのに、無駄なCG合成、カメラ代等に費やされている為、基本的に場面が赤い部屋、ベッドルーム、そして屋上で展開される。玄関から入るといきなりリビングなのはいいが、何故そこで人が行き来し、移動なくシーンが終わるのだろうか。英会話の教材レベルの演出だ。

またトミーさんのハンケツばかり映される長〜い長〜い快楽シーン、物語から退場するギャング描写、やたらと多い球回しシーン等常軌を逸した表現の連続。まともな監督なら、おかしいことに気づくだろう。極め付けは、トミーさんの演技。熱演ながらも棒読みという画期的発明が狂気度を増幅させている。『THE DISASTER ARTIST』を観て、本作に挑むと、アレがトミーさんのベストアクトだったということに驚愕する。

『THE DISASTER ARTIST』を観たあとだから楽しめたが、これをシラフの時に、あるいは数年前に観ていたら、発狂していたことでしょう。この酷さと比べたら、『デビルマン』なんかアカデミー賞作品賞レベルによくできた作品だ。

ただ、何だろう、、、嫌いにはなれないんだよね。

独特のビートを刻みながらトミー・ウィソーが叫ぶ

I did not hit her!
It’s not true!
It’s bullshit, I did not hit her!
I did naaaaaht. Oh, hi Mark!

は映画史に残るセリフ且つ名演技だ。誰もできないようなテクニックが爆誕した瞬間を観た。本作は、ひとりで観てはいけない。友だちと突っ込み入れながら観るパーティ映画と言えよう。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【緊急記事】『A』麻原彰晃に死刑執行された今だからこそ観たい作品

A(1998) 監督:森達也 評価:95点 平成の終焉に向け、次々と信じられない出

続きを読む

【ゴーモン特集】『ファントマ』彼は狡猾か滑稽か?

ファントマ(1913) Fantômas(1913) 監督:ルイ・フイヤード 出演:ルネ・

続きを読む

『ラジオ・コバニ』シリア 半端ないって※アップリンクで上映中

ラジオ・コバニ(2016) RADIO KOBANI(2016) 監督:ラベー・ドスキー

続きを読む

【ネタバレ】『ガーディアンズ』ロシア版X-MEN…実は司令官最強説

ガーディアンズ(2017) 原題:Защитники 英題:THE GURDIANS 監督

続きを読む

【ネタバレ解説】『君の名前で僕を呼んで』忍れど 死のブレード乱れ 苦き淡

君の名前で僕を呼んで(2017) CALL ME BY YOUR NAME(2017) 監督

続きを読む

【デプレシャン特集1】『あの頃エッフェル塔で』回想シーンがくどい

あの頃エッフェル塔で(2015) Trois souvenirs de ma jeunesse

続きを読む

【ネタバレ解説】『マザー!』日本の配給会社が公開を諦めた!アロノフスキーが描く”アレ”

マザー(2017) MOTHER!(2017) 監督:ダーレン・アロノフスキー 出演:ジェ

続きを読む

『モンスター・ハント』気持ち悪い大根妖怪にあなたは涙する

モンスター・ハント(2015) 原題:捉妖记 英題:Monster Hunt 監督:ロマン

続きを読む

【ネタバレ解説】『未来のミライ』ベルイマンの『野いちご』から謎を読み解く

未来のミライ(2018) Mirai(2018) 監督:細田守 出演:上白石萌歌、黒木

続きを読む

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1971) 監督:ジャック

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑