*

【MUBI】『天使の復讐』は『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍面白い

公開日: : 最終更新日:2018/06/23 2018映画 , , , , , , ,

【MUBI】『天使の復讐』は『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍面白い

天使の復讐(1981)
Ms.45(1981)


監督:アベル・フェラーラ
出演:ゾー・タマーリス、ピーター・イェーレンetc

評価:100点

MUBIで『101 CULT MOVIES YOU MUST SEE BEFORE YOU DIE』に収録されているカルト映画『天使の復讐(Ms.45)』を見つけたので観てみた。これが大傑作だったぞ!

『天使の復讐』あらすじ

発話障がいを抱えるターナは、1日に2度レイプされてしまう。2度目のレイプ時に、レイプ魔を殺してしまったことから、彼女の中に何かが目覚め、街中の嫌な男を殺して殺して殺しまくる…

『シェイプ・オブ・ウォーター』の100倍面白い!

昨年、期待していた程面白くなかった作品に『シェイプ・オブ・ウォーター』と『ELLE』があった。どちらも確かに傑作ではあったものの、社会的メッセージを全面に出そうとするあまり頭でっかちな作品になっている気がした。特に、前者は『パンズ・ラビリンス』という歴史的凄惨な事件とファンタジーを見事に融合させた作品だっただけに、1960年代というキーワードが薄すぎた今作はイマイチ乗れなかった。(冷戦とか1960年代とか抜きにして描いたら良かったと思うなー)

さて、前置きが長くなったが、今MUBIでは400円で『シェイプ・ウォーター・ウォーター』と『ELLE』を足して、尚且つ不満点が全て解消されている傑作が借りられる。

その名も『天使の復讐(Ms.45)』だ。監督はB級スリラーの鬼才アベル・フェラーラだ。日本では最近中々新作が上陸せず、ビデオスルーにすらならない監督の作品。本作は私の知る限り日本でDVD化されていない。

内容は、発話障がいの女が一日で二度レイプされるところから始まる。哀しみと憎しみに駆られる彼女。彼女はトラウマから逃れるように復讐の鬼と化し、街中でチャラ男にワザと掴まり、人気のない場所で45口径コルトをぶっ放す。

明らかにチャールズ・ブロンソン主演『狼よさらば』からプロットをパクっているのだが、ゾー・タマーリスの演技と銃アクションの魅せ方が素晴らしい。

最初は弱々しい薄幸の乙女のオーラを宿すタマーリスが、段々と『ターミネーター3』のT-Xばりに強靭冷酷な姿へ変貌を遂げていく様はカッコイイ。

そして、円陣を組むように取り囲む野郎。ヌンチャクなんかを振り回す野郎をズガン、ズガン、ズガンと1人1弾で射殺していく姿は痺れる程カッコイイ。

意外と頭でっかちに物語を構築するよりも、本作のように、クールさを突き詰めていった方が、映画としての面白さも持ち合わせつつ、差別への抗議としても素晴らしい代物ができるのではと感じた。

観る機会があれば是非挑戦あれ!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ゴーモン特集】『ファントマ』彼は狡猾か滑稽か?

ファントマ(1913) Fantômas(1913) 監督:ルイ・フイヤード 出演:ルネ・

続きを読む

【ネタバレ解説】『リメンバー・ミー』今年ベスト邦題当確?このタイトルの意味に涙する

リメンバー・ミー(2017) Coco(2018) 監督:リー・アンクリッチ、 エイドリア

続きを読む

【寄稿】GW暇なそこの貴方に贈る映画激ムズクイズ

【寄稿】GW暇なそこの貴方に贈る映画激ムズクイズ 2月に開催予定だった「最終回 映画の“ある視

続きを読む

【毎週インド映画7】『バーフバリ 王の凱旋 完全版』はカッタッパ愛に溢れる別物だった件

『バーフバリ 王の凱旋 完全版【オリジナル・テルグ語版】』観てきた 昨年末にひっそりと公開され

続きを読む

【ネタバレなし】『パディントン2』ウェス・アンダーソンか!ギミックの手数に大満足!

パディントン2(2017) PADDINGTON 2(2017) 監督:ポール・キング 出

続きを読む

【ネタバレ解説】『ザ・スクエア』オストルンド監督の重い槍を受け止めよ!

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017) THE SQUARE(2017) 監督:リューベン

続きを読む

【ネタバレ解説】『映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱』には我々が観たかった『カンフー・ヨガ』がある

映画クレヨンしんちゃん 爆盛!カンフーボーイズ 拉麺大乱(2018) 監督:髙橋渉 出演:矢

続きを読む

【ネタバレ解説】『ブリグズビー・ベア』は『そして父になる』であり『万引き家族』だ!

ブリグズビー・ベア(2017) Brigsby Bear(2017) 監督:デイヴ・マッカリ

続きを読む

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

北千住ブルースタジオに行ってみた♩ 先日、EUフィルムデーズでペドロ・コスタ監督作『ホース

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑