*

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

【映画館】北千住ブルースタジオで激レア映画『アデュー・フィリピーヌ』を鑑賞

アデュー・フィリピーヌ(1962)
Adieu Philippine(1962)


監督:ジャック・ロジエ
出演:ジャン=クロード・エミニ、
ステファニア・サバティニ、
イヴリーヌ・セリetc

評価:75点

『アデュー・フィリピーヌ』あらすじ

兵役を2ヶ月後に控えた男ミシェルは、テレビ局でカメラマンとして働いている。そんな彼は局の前にいた女二人をナンパし、一緒にコルシカへ行く…

ビザールなバカンス映画

とてつもなくビザールで素晴らしいバカンス映画でした。

兵役間近の青年が主人公。テレビ局のカメラマンとして働いている。彼のキャラクターなりを冒頭タイトルロールでじっくり描くのだが、これが面白い。カメラの移動、プロデューサーの罵声、カメラの先に映るパフォーマーの音がジャズのような掛け合いで絡み、独特な、まるでジャズのようなリズム感を生む。ナンジャコリャ!

そして、主人公はやる気がないテキトー人間だということが、このジャズの坩堝に垣間見える。そして、男はテレビ局の外の出待ち女にナンパする。「俺っち、局のもんだが、中みねぇか?」そのまま4人ゲットだぜ!となる予定が結局ゲットできたのは2人。本作のヒロインだった。

男一人、女二人という黄金比。

どういうラブ・アフェアが行われるのだろう?これが、実にシュールな展開を迎える。

そもそも、もし映画学校でこんなのを作ったら、教授からボロクソに言われるだろう。「会話になっとらん」「カット切りすぎ」「結が長すぎ」と。

もはや、ジャック・ロジエは映画作りなんか興味がないのでは?と不安になる程暴力的投げやりな演出で事が運ぶのだ。

会話は全て言葉のドッヂボール。ナンパ男は、女二人と飛行場に行く。女が手相を見るくだりで、「運命線ある?」と疑問文を投げつけた次の瞬間、何故かカフェのシーンになり、男が実家に帰るエピソードが始まるのだ。輩と車に乗って、爆走する、何故かバック走行をする。輩は歌うのだが、唐突に音が消え、そしてまた歌が始まる。アヴァンギャルドだ。この手のミュージカルシーンはさらに続く。

また、女二人が男を巡って愛のバトルが勃発するのもラスト20分くらいと遅く、しかも突如収束する。物語が終始爆走怒りのデスロードなのだ。

ただ、妙にこれが体験したこともない鼓動となり楽しくなってくる。永遠に観てられる。この感覚、どっかで見覚えが、、、と思ったら、『ひなぎく』だった!二人の女の子の立ち振る舞いから、ジェットコースターのような物語展開まで『ひなぎく』だった。これは嫌いになるはずがない。観て大正解でした。

この特集はコンプリートしたいぞ!!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

ページ: 1 2

関連記事

2016年秋岩波ホール上映決定「とうもろこしの島」ジョージア産アート映画パリUGC CINÉ CITÉにて

パリChâtelet-Les hallの駅地下に 映画館がある。 ブンブン切望するUGC系列

続きを読む

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオカ、太賀、 阿部純子etc

続きを読む

【大傑作】『犬猿』ニッチェ 江上敬子にアカデミー賞を!

犬猿(2018) 監督:吉田恵輔 出演:窪田正孝、新井浩文、 江上敬子、筧美和子etc

続きを読む

日本初のバリアフリー映画館シネマチュプキタバタに潜入!「かみさまとのやくそく」を観た

田端駅徒歩10分 日本初のバリアフリー映画館 シネマチュプキタバタ 9/1(木)田端駅徒歩

続きを読む

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018) 監督:行定勲 出演:二

続きを読む

“Ç”アンジェ映画祭潜入レポート1:CORPO CELESTE

チケット入手 ホストマザーから、 アンジェ映画祭の チケット3枚頂いた(≧∇≦) マジで

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【ネタバレ解説】『ダウンサイズ』期待したものはないが期待以上の面白さはある

ダウンサイズ(2017) Downsizing(2017) 監督:アレクサンダー・ペイン

続きを読む

『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』ジョー・ライトとは相性が…

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017) DARKEST HOUR(20

続きを読む

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1971) 監督:ジャック

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

さらに過去の記事





  • follow us in feedly
PAGE TOP ↑