*

【カンヌ国際映画祭特集】『ビューティフル・デイ』ホアキン・フェニックスの演技は凄いが…

【カンヌ国際映画祭特集】『ビューティフル・デイ』ホアキン・フェニックスの演技は凄いが…

ビューティフル・デイ(2017)
YOU WERE NEVER REALLY HERE(2017)


監督:リン・ラムジー
出演:ホアキン・フェニックス、
エカテリーナ・サムソーノフ、
アレックス・マネットetc

評価:40点

ミヒャエル・ハネけの『ハッピーエンド』、サフディ兄弟の『グッド・タイム』と鬼畜監督新作が相次いで、毒っ気たっぷりなタイトルで新作を放った。『少年は残酷な弓を射る』で注目を浴びたリン・ラムジーの新作『YOU WERE NEVER REALLY HERE』もそれにあやかってか、フランス、ドイツ、そして日本で上映する際のタイトルを『ビューティフル・デイ』に変更された。

予告編を観る限り、絶望しかない。少女なんか二度誘拐されている。もはや明日すらないのではと思う鬼畜さ。ゲテモノ枠にも関わらず、第70回カンヌ国際映画祭では脚本賞と男優賞(ホアキン・フェニックス)を受賞した。

そんな日本公開6/1(金)の問題作『ビューティフル・デイ』だが、Filmarksのオンライン試写会に当たり、昨日拝見しました。果たして、、、

※本記事はネタバレ記事ではないのだが、勘が鋭い人が読むと展開が分かってしまう恐れがあります。なので、ネタバレから逃げたい派のそこのあなたは、今すぐこのページを閉じてください。

『ビューティフル・デイ』あらすじ

ジョナサン・エイムズの短編小説『You Were Never Really Here』原作。
元軍人のジョーは、腕っ節の強さを活かして、誘拐された人を救う闇家業を行なっていた。ある日、いつものように少女を救助するのだが、誘拐犯に返り討ちに遭ってしまう。再び誘拐された少女。ジョーは果たして少女を救うことができるのか…

陳腐な幻影に不協和音、そこに煌くフェニックスの影

本作は、劇中でほとんど言及されていないのだが、明らかにPTSDの映画だ。『アメリカン・スナイパー』のように、屈強な軍人が、故郷に帰り、罪意識が増幅することによって精神がぶっ壊れていく軍人を描いた作品だ。前作『少年は残酷な弓を射る』で子育ての苦痛から発生する幻覚を、少年による殺人事件という要素を効果的に使って演出したリン・ラムジーが、今回は軍人のPTSDで似たような話を描いた。そして、音楽にはポール・トーマス・アンダーソン映画でお馴染みレディオヘッドのジョニー・グリーンウッドを起用した。
しかし、『グッド・タイム』という似た作風の作品を前に、本作は風化してしまった。確かに、ホアキン・フェニックスのPTSDによる苦しみを暴力性に変換していく演技は凄まじい。『ザ・マスター』同様、何をするのか分からないサイコパスっぷりの徹底には舌鼓を打つ。カンヌ国際映画祭男優賞は確かに彼以外ありえない。しかし脚本が素晴らしいかといわれたら、正直安直で陳腐だ。何故原題が、『YOU WERE NEVER REALLY HERE(あなたはマジでここにいなかった)』のかが、ジョーがPTSDだと分かった途端理解できる。そのトリックこそ面白いのだが、ラストまでYOU WERE NEVER REALLY HEREというタイトルを語るだけになってしまっている。

ジョーは暴力的なのは何故か?ジョーは何故苦しんでいるのか?それはPTSDだから。それだけで終わってしまているのだ。『グッド・タイム』では、頭が悪いから暴力で解決しようとするのだが、それがいつしか、病気の弟を救うための暴力に変わっていき、その暴力でもって病院に監禁されている弟を救ったら…とドンドン、暴力の意味合いが変化していくツイストがあった。そのようなツイストが『ビューティフル・デイ』にはなかった。

では、演出は上手いのか?これが上手いとは言えなかった。ジョーは、過去の幻影に囚われている。恐らく、子どもを殺したトラウマがあるのだろう。子どもの目がジョーの脳裏を木霊する。その苦痛を演出する為には、ジョーの目線をしっかり映像で表現する必要がある。『グッド・タイム』の逃走シーンの目線のよう、あるいは『サムライ』での車泥棒の場面のように。しかし、どうもカメラはジョーに近づきたがらないらしい。ジョーを遠くから見守るカットばかりなのだ。なので、結局、ジョーの幻想の世界に観客を引きずりこむことができなかった。

ぶつ切り傾向のあるジョニー・グリーンウッドの不協和音もあり、個人的に消化不良な作品でした。

でも、ホアキン・フェニックスの演技だけは素晴らしいので、気になる方は是非映画館でウォッチしてみてください。

6/1(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷、新宿バルト9他にて公開です。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein Blind Date mit d

続きを読む

【ブンブンシネマランキング2017】旧作洋画部門第1位は『早春』童貞映画の大傑作

2017年ブンブン映画ベストテン (旧作洋画編) 今年の旧作洋画部門は、アフリカ映画に力を入

続きを読む

【ネタバレ解説】『スリー・ビルボード』アカデミー賞作品賞当確?VOD時代を象徴する傑作

スリー・ビルボード(2017) Three Billboards Outside Ebbing,

続きを読む

【ネタバレ】『ゲティ家の身代金』人類は堅牢なATMに闘いを挑んだ…

ゲティ家の身代金(2017) All the Money in the World(2017)

続きを読む

『南瓜とマヨネーズ』音を奏でぬ音楽映画、それは毒々モンスターラ・ラ・ランド

南瓜とマヨネーズ(2017) 監督:冨永昌敬 出演:臼田あさ美、太賀、 清水くるみ、光石研

続きを読む

【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里

レインボー(2015) Dhanak(2015) 監督:ナゲーシュ・ククヌール 出演:クリ

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想外国語映画賞×長編ドキュメンタリー賞「サウルの息子」当選確実!?

外国語映画賞ノミネート作品 1.サウルの息子 新宿シネマカリテ他にて公開中 2.裸足の

続きを読む

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO NG LIWANAG

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家洋画部門~

1.ニンフォマニアック ラース・フォン・トリアーはこの映画を作るために今までのキャリアを踏んだらし

続きを読む

【ブンブン速報】金獅子賞は「立ち去った女」ラヴ・ディアス4時間弱映画第73回ヴェネチア国際映画祭受賞結果はコチラ! 

第73回ヴェネチア映画祭受賞結果速報 コンペティション部門 金獅子賞Leone d'Or

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑