*

【カンヌ国際映画祭特集】『グッド・タイム』目線の使い方が素晴らしい!

【カンヌ国際映画祭特集】『グッド・タイム』目線の使い方が素晴らしい!

グッド・タイム(2017)
GOOD TIME(2017)


監督:サフディ兄弟
出演:ロバート・パティンソン、ジェニファー・ジェイソン・リー、
ベニー・サフディetc

評価:100点

ミヒャエル・ハネケの『ハッピー・エンド』に匹敵するパワーワード サフディ兄弟の『グッド・タイム』。

海外の映画メディアが『ゲット・アウト』並にこぞって2017年ベスト映画に入れていた。私は残念ながら劇場で見逃してしまいました。

Netflixにアップされていたので観てみた、、、昨年見逃したのが悔やまれる大傑作でした。

『グッド・タイム』あらすじ

貧しい兄弟は銀行強盗をする。しかし、知的障がい者である弟が逃げ遅れ、警察に捕まってしまう。なんとかして助けたい兄の決死の一夜が幕を開けた!

目線の緊迫感が素晴らしい

何故本作を見逃したのか?それはサフディ兄弟の前作『神様なんかくそくらえ』がダメだったからだ。とはいってもタイトルシーンだけはオールタイムベスト級に好きだ。いつの間にか、自分も黄泉の世界に転送されてしまったのではと思ってしまう、クレイジー走馬灯にノックアウトされた。ただ、本編はサイケデリックになったダルデンヌ映画以外の何物でもなく、凡庸であった。

今回の『グッド・タイム』も予告編観る限り、前作同様サイケデリックなダルデンヌ映画ってイメージを受け避けていた。

ただ、実際に観てみると良い意味で裏切られた。ウォルター・ヒル『ザ・ドライバー』譲りの手汗握る逃走劇をメルヴィル『サムライ』の徹底した目線の美学を用い、サイケデリックにしたような作品だった。

そう、この映画は目線の描き方がSランクで素晴らしい。冒頭、知的障がいを抱えている弟とカウンセラーの会話が繰り広げられる。弟から流れる涙だけで、弟の家庭環境が如何に劣悪かということが分かる。このシーンだけで、傑作感がプンプン匂ってくる。

そして、弟の設定を観客に痛いほど伝えた上で、銀行強盗が始まる。兄弟がキョロキョロと目を動かす挙動不審っぷりに観ている方はハラハラする。そして、筆談による銀行職員との闘いを、心臓の鼓動を反映したサントラで盛り上げる。正直、このサントラの使い方は『ダンケルク』以上。心の揺らぎの繊細さを見事に表現している。

銀行強盗シーンが終わり、ようやくタイトルシーンなのだが、もうこの時点で5億点だ。さて、ここからが本題。ムショから、病院に搬送された弟を兄が救助しにいく話が始まる。兄は指名手配されている。なのに、ポリスマンだらけの病院に潜入する。兄は心優しいが、バカの極みなので本当に怖い。まるで、兄と一緒に弟を救助しに行っているような錯覚を覚える。

この錯覚は、セリフを減らしに減らし、画面のどこかにポリスマンを映す。兄が向く先にポリスマンを配置する目線の美学により成立している。まさにメルヴィル譲りの技法と言えよう。

最後の最後まで、緊張緊張緊張、絶望的な程に悪い方へいかない展開に、「もう許してあげて!」と言いたくなった。

本当に、昨年映画館で観れば良かったと悔やみに悔やみました。

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【ネタバレ解説】『ダウンサイズ』期待したものはないが期待以上の面白さはある

ダウンサイズ(2017) Downsizing(2017) 監督:アレクサンダー・ペイン

続きを読む

【ネタバレなし解説】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』全映画ファンよ!この卒業式に参列せよ!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018) Avengers: Infinity War(

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~衣装デザイン、メイキャップ&ヘアスタイリング賞~

衣裳デザイン賞 ・サンディ・パウエル「キャロル」 ・サンディ・パウエル「シンデレラ」 ・パ

続きを読む

【ネタバレ解説】『触手』は悦楽に溺れたメキシコ社会を反映したエロ映画だ!

触手(2016) 英題:THE UNTAMED 原題:La region salvaje

続きを読む

【ネタバレなし】『フロリダ・プロジェクト』ウィレム・デフォーの愛と哀に涙

フロリダ・プロジェクト 真夏の魔法(2017) The Florida Project(2017)

続きを読む

第90回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画・長編ドキュメンタリー・長編アニメーション~

第90回アカデミー賞受賞予想① 今日から少しずつ第90回アカデミー賞受賞予想をしてきます。

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演:深川麻衣、山下健二郎

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想1:作品賞&監督賞

YOU DO BIRDMAN! 今年もアカデミー賞予想の シーズンがやって来ました(^^)

続きを読む

“Ç”第73回ヴェネチア国際映画祭コンペ作品解説!トム・フォード参戦

第73回ヴェネチア国際映画祭作品リスト次々発表 ベルリン、カンヌと並ぶ世界三大映画祭の

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ考察】『海を駆ける』ディーン・フジオカ扮するLautとはなんだったのか?

海を駆ける(2018) 監督:深田晃司 出演:ディーン・フジオ

【ネタバレ解説】『天国はまだ遠い』濱口竜介の見えざる手

天国はまだ遠い(2016) 監督:濱口竜介 出演:岡部尚、小川

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミ

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑