*

【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里

【毎週インド映画3】『レインボー』シャー・ルク・カーンをたずねて三千里

レインボー(2015)
Dhanak(2015)


監督:ナゲーシュ・ククヌール
出演:クリシュ・チャブリア、ヘタル・ガダetc

評価:80点

今年はインド映画とポーランド映画に力を入れているブンブン。Netflixには日本未公開のインド映画が沢山あるのだが、俳優もタイトルも知らなければ海外評判すら分からなかったりする作品が多く毎回ミステリーツアーのように楽しんでいる。そんな中、大傑作を引き当てました。その名も『レインボー』だ。

『レインボー』あらすじ

盲目の少年チョトゥは毎朝、面倒見の良いパリと一緒に学校に通っている。そんな二人の楽しみは、おじさんに映画へ連れて行ってもらうこと。大スターのシャー・ルク・カーンに惚れている。パリは、シャー・ルク・カーンのドナー広告を見て思い立つ。彼にチョトゥの病気のことを伝えようと。そして毎日手紙を書いては郵便局に持っていくのだった。そんなある日、近所(とはいっても50km以上先)でシャー・ルク・カーンが映画の撮影に来るという噂を聞く。パリはチョトゥと共にシャー・ルク・カーンへ会いに行くことにするが…

ところでシャー・ルク・カーンって誰?

本作は、インドの大スターことシャー・ルク・カーンがマクガフィンとして使われている。しかし、日本では余程のインド映画ファンでないとあまり聞いたことのない名前だ。日本の場合、『ムトゥ 踊るマハラジャ』『ロボット』のラジニカーントの方が有名だ。ただ、実はネットフリックスのインド映画ラインナップをみると圧倒的にシャー・ルク・カーンの出演作が多い。これはどういったことか?
実は、シャー・ルク・カーンはラジニカーント以上に伝説の存在だったのだ。彼は1995年に公開された『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に』で主演を務めた。この作品はインドで約20年以上ヒットした作品で、インド人の中で知らぬ者はいないほどの伝説的映画なのだ。(『死ぬまでに観たい映画1001本』には、『ムトゥ 踊るマハラジャ』は掲載されておらず、代わりに『シャー・ルク・カーンのDDLJラブゲット大作戦〜花嫁は僕の胸に』が載っていることから映画史的にも重要な扱いを受けている。)
日本でも最近、版権切れ間近による再上映で話題となった『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』で彼の活躍を拝むことができる。

この『レインボー』は有名人とは無縁な田舎に住む子どもが、ヒュー・ジャックマンのようなイケメン&優男&イケボイスの要素を持つシャー・ルク・カーンに一目拝もうと冒険に出るという内容なのだ。

山田洋次のような心がホッコリロードムービー

本作は、山田洋次好きなブンブンには堪らないものだった。確かに演出的におかしい部分もあったりする。イジメのシーンなんかはコミカルに描こうとするあまりに、「どういう状況になったらそうなるんだ?」とツッコミたくなる。なんだけれども、そんな粗も人情という温かさでどうでもよくなる。

パリは、盲目の少年チョトゥを守ろうという気持ちから、近寄って来る人に警戒心を抱く。道にヒッピーが倒れている。パリは、見なかったことにしようとするが、チョトゥは助けなあかん!とパリを引き止める。チョトゥの与えられるものは全て拒まず、困っている人には徹底的に与えるという姿勢にパリは困惑しつつも付き合う。そして、道中徳を積んでいくのだ。

この徳の高い旅が、しっかり後半で活かされていく。盲目だろうと、金がなかろうと、徳を積めば幸せがやってくる。癒しの音楽、汚れなき晴天を行脚する二人に元気をもらいました。

これは『男はつらいよ』シリーズや『十五才 学校IV』好きに観て欲しいインド映画と言えよう。

おまけ


本作は子ども向け映画なのか、テレビ映画なのか、喫煙シーンがあると左下にSmoking is Injurious to Healthという警告文が表示される。劇中5,6回表示されたので驚きました。インドって喫煙シーンに厳しいのかなぁ?

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

【毎週インド映画7】『バーフバリ 王の凱旋 完全版』はカッタッパ愛に溢れる別物だった件

『バーフバリ 王の凱旋 完全版【オリジナル・テルグ語版】』観てきた 昨年末にひっそりと公開され

続きを読む

【ネタバレなし】『Love, Simon』サイモン、ブルーは熱い色

ラブ、サイモン(2018) Love, Simon(2018) 監督:グレッグ・バーランティ

続きを読む

映画芸術2017ベスト&ワースト映画! ワーストは「三度目の殺人」 そしてベストは石井裕也のアレだった件

2017年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術のベストテン及びワー

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『鳥の歌』+『キューバ・リブレ』スライムすら出てこない荒野を勇者は彷徨う

鳥の歌(2008) El Cent dels ocells(2008) 監督:アルベルト・セ

続きを読む

『放浪の画家ピロスマニ』ジョージア版男はつらいよ

放浪の画家ピロスマニ(1969) Pirosmani(1969) 監督:ギオルギ・シェンゲラ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊽】「男はつらいよ 寅次郎紅の花」衝撃の最終回

男はつらいよ 寅次郎紅の花(1995) 監督:山田洋次 出演:渥美清、 吉岡秀隆、倍賞千恵

続きを読む

【MUBI×フィリピン映画】『メランコリア』チャリティシスター対AV監督

メランコリア(2008) Melancholia(2008) 監督:ラヴ・ディアス 出演:

続きを読む

【絶賛】『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編』全日本人注目ナオトのコミュ力!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編(2018) 監督:加藤肇 出演:ナオト

続きを読む

【賞賛】『ナチュラルウーマン』にアカデミー賞外国語映画賞獲ってもらいたい!

ナチュラルウーマン(2017) 原題:Una Mujer Fantástica 英題:A Fan

続きを読む

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

クローバーフィールド パラドックス(2018) THE CLOVERFIELD PARADOX(2

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【後半ネタバレあり】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は教職課程必修科目だ!

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017) 監督:湯浅

【ゴーモン特集】『ファントマ対ジューヴ警部』必見!100年前のZOZOSUIT

ファントマ対ジューヴ警部(1913) Juve contre Fan

【ゴーモン特集】『ファントマ』彼は狡猾か滑稽か?

ファントマ(1913) Fantômas(1913) 監督:ル

『放浪の画家ピロスマニ』ジョージア版男はつらいよ

放浪の画家ピロスマニ(1969) Pirosmani(1969)

『サバイバルファミリー』関西が豪雨被災!東日本の民よ!これを観て備えよ!

サバイバルファミリー(2017) SURVIVAL FAMILY(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑