*

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012)
REALITY(2012)


監督:マッテオ・ガローネ
出演:アニエッロ・アレーナ、
ロレダーナ・シミオーリ、
ナンド・パオーネetc

評価:75点

五日物語』のマッテオ・ガローネがカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。2012年は、『ホーリー・モーターズ』や『パラダイス:愛』といった強豪がいたにもかかわらず、一見すると賞と無縁そうな本作や、批評家から酷評されたカルロス・レイガダス『闇のあとの光』が受賞している変な年でした。今回紹介する「リアリティー」はネットの評判こそ悪いが、実はブンブンの心に染みる良作でしたよ!

「リアリティー」あらすじ

リアリティー番組「ビッグ・ブラザー」のオーディションに手応えを感じた男ルチャーノ。いままで冴えない人生を歩んでいただけに、このチャンスばかりは逃すまいと考える。いつしかそれが妄想となり、人生の歯車が狂い始める…

特定の人に刺さる怪作

本作は正直、観る人をかなり選びます。なんといっても、イタリア版テラスハウスにでようと躍起になる男の狂気がドンビキレベルだから。映画だから多少のぶっ飛んだキャラは許容できると思ったそこのあなたも、あまりにもバカで、哀しくなるほどどうしようもない主人公を観ると腹が立ってくるでしょう。

しかし、ブンブンはこの主人公の気持ちにじーんときた。というのも、主人公の必死さが痛いほど分かるから。主人公のルチャーノはナポリで魚屋を営んでいる。貧しく、周りから十分に褒められていない。だからこそ、家族や町の人に認めて貰おうと、頑張る。ただそれに応じて、家族や町の人がヨイショするもんだからもう背水の陣。リアリティー番組に出られなくなったら一生心の傷を負ってしまう恐怖と闘わないといけなくなる。

この、自分で目標を立て公言したは良いものの、周りから見られて引くに引けない状態のいやーな感じ、ブンブン何度も経験したことがある。それだけに主人公の追い詰められていく様子に胸が締め付けられました。

また、本作は美術の凄さも切なさを増幅させる要因となっています。リアリティー番組の豪華絢爛さ。誰も怒らない、希望に溢れる美しき世界をマッテオ・ガローネは徹底的に演出している。正直、「五日物語」以上にファンタジック。あまりに美しい世界だからこそ、主人公の世界が崩壊していく過程が恐ろしく見える。

確かに、『ホーリー・モーターズ』や『パラダイス:愛』を差し置いて、本作がグランプリを受賞するのはないな~と思うのだが、それでも素敵な作品と言えよう。

そんなマッテオ・ガローネの新作『ドッグマン(DOGMAN)』はまたギャングスタ映画だそうなので楽しみだ。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”自宅でヴェネチア映画祭⑤「Wednesday,May 9」お金をあげます広告が…

Wednesday,May 9 監督:Vahid Jalilvand 出演: Niki Ka

続きを読む

【エリック・ロメール特集】「木と市長と文化会館」ロメール異色の政治劇

木と市長と文化会館(1992) L'ARBRE, LE MAIRE ET LA MEDIATH

続きを読む

”Ç”87回アカデミー賞予想7:美術、衣装デザイン、メイクアップ&ヘアスタイリング賞

美術賞ノミネート一覧 ・「イミテーション・ゲーム」 ・「ターナー、光より愛を求めて」 ・「イン

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『カサバ 町』ヌリ・ビルゲ・ジェイランの長編デビュー作

カサバ 町(1997) KASABA(1997) 監督:ヌリ・ビルゲ・ジェイラン 出演:C

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【寅さんフルマラソン⑫】「男はつらいよ 私の寅さん」これぞ日本のホームアローン!

男はつらいよ 私の寅さん(1973) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 前田武彦, 津川雅

続きを読む

“Ç”アメリカの碇シンジ「エンダーのゲーム」

エヴァンゲリオンに影響与えた?「エンダーのゲーム」 エヴァンゲリオンの新作が制作進んでいる、 公

続きを読む

“Ç”ジョニー・デップが怖い??「ブラック・スキャンダル」ブンブン震撼(汗

ブラック・スキャンダル(2015) BLACK MASS(2015) 監督:スコット・クーパ

続きを読む

“Ç”今観ると酷いジョン・フォード映画「捜索者」、しかし映像は…凄すぎる!

捜索者(1956) THE SEARCHERS(1956) 監督:ジョン・フォード 出演:

続きを読む

”Ç”世界観がSEKAI NO OWARI「進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド」

進撃の巨人 エンド・オブ・ザ・ワールド    監督:樋口真嗣 出演

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑