*

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

【カンヌ国際映画祭特集】「リアリティー」ゴージャスすぎて怖すぎるホラー

リアリティー(2012)
REALITY(2012)


監督:マッテオ・ガローネ
出演:アニエッロ・アレーナ、
ロレダーナ・シミオーリ、
ナンド・パオーネetc

評価:75点

五日物語』のマッテオ・ガローネがカンヌ国際映画祭でグランプリを受賞した作品。2012年は、『ホーリー・モーターズ』や『パラダイス:愛』といった強豪がいたにもかかわらず、一見すると賞と無縁そうな本作や、批評家から酷評されたカルロス・レイガダス『闇のあとの光』が受賞している変な年でした。今回紹介する「リアリティー」はネットの評判こそ悪いが、実はブンブンの心に染みる良作でしたよ!

「リアリティー」あらすじ

リアリティー番組「ビッグ・ブラザー」のオーディションに手応えを感じた男ルチャーノ。いままで冴えない人生を歩んでいただけに、このチャンスばかりは逃すまいと考える。いつしかそれが妄想となり、人生の歯車が狂い始める…

特定の人に刺さる怪作

本作は正直、観る人をかなり選びます。なんといっても、イタリア版テラスハウスにでようと躍起になる男の狂気がドンビキレベルだから。映画だから多少のぶっ飛んだキャラは許容できると思ったそこのあなたも、あまりにもバカで、哀しくなるほどどうしようもない主人公を観ると腹が立ってくるでしょう。

しかし、ブンブンはこの主人公の気持ちにじーんときた。というのも、主人公の必死さが痛いほど分かるから。主人公のルチャーノはナポリで魚屋を営んでいる。貧しく、周りから十分に褒められていない。だからこそ、家族や町の人に認めて貰おうと、頑張る。ただそれに応じて、家族や町の人がヨイショするもんだからもう背水の陣。リアリティー番組に出られなくなったら一生心の傷を負ってしまう恐怖と闘わないといけなくなる。

この、自分で目標を立て公言したは良いものの、周りから見られて引くに引けない状態のいやーな感じ、ブンブン何度も経験したことがある。それだけに主人公の追い詰められていく様子に胸が締め付けられました。

また、本作は美術の凄さも切なさを増幅させる要因となっています。リアリティー番組の豪華絢爛さ。誰も怒らない、希望に溢れる美しき世界をマッテオ・ガローネは徹底的に演出している。正直、「五日物語」以上にファンタジック。あまりに美しい世界だからこそ、主人公の世界が崩壊していく過程が恐ろしく見える。

確かに、『ホーリー・モーターズ』や『パラダイス:愛』を差し置いて、本作がグランプリを受賞するのはないな~と思うのだが、それでも素敵な作品と言えよう。

そんなマッテオ・ガローネの新作『ドッグマン(DOGMAN)』はまたギャングスタ映画だそうなので楽しみだ。

ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

“Ç”SW公開間際予習②「スター・ウォーズ エピソードⅤ/帝国の逆襲」

スター・ウォーズ エピソードⅤ/帝国の逆襲 (STAR WARS EPISODE V:THE EM

続きを読む

“Ç”壁ドン三連発!!!!!「ヒロイン失格」

ヒロイン失格 監督:英勉(「はなぶさつとむ」と読みます) 出演:桐谷美玲、高橋メアリージュン

続きを読む

“Ç”30周年記念「バック・トゥ・ザ・フーチャー」特集!全てはここから始まった…

バック・トゥ・ザ・フューチャー 監督:ロバート・ゼメキス 出演:マイケル・J・フォックス、ク

続きを読む

“Ç”「ブルックリン」留学経験者が語る2つの故郷

ブルックリン(2015) BROOKLYN(2015) 監督:ジョン・クローリー 出演:シ

続きを読む

“Ç”玉森 裕太好きの妹のに「レインツリーの国」前売りを買う兄ブンブン

帰国したら妹が... 留学から帰国して、色んなものが変わった。 ブンブンの通う大学近くに、サ

続きを読む

「フィッシュマンの涙」韓国版「何者」は頭がおかしい(褒め言葉)

フィッシュマンの涙(2015) Collective Invention(2015) 監督:

続きを読む

”Ç”東京国際映画祭ラインナップ発表!「FOUJITA」、ボーグマンの監督最新作などずらり!

東京国際映画祭ラインナップ発表!! 日本の映画ファンよ... ついに東京国際映画祭のライ

続きを読む

“Ç”ミケルセンの哀愁すげーデンマーク産西部劇「悪党に粛清を」

悪党に粛清を(THE SALVATION) 監督:クリスチャン・レヴリング 出演:マッツ・ミ

続きを読む

「トゥー・ラバーズ」ホアキン・フェニックスがドストエフスキー感を醸し出す…

トゥー・ラバーズ(2008) TWO LOVERS(2008) 監督:ジェームズ・グレイ

続きを読む

“Ç”87回アカデミー賞予想8:長編ドキュメンタリー賞

短編賞は割愛 今日で予想を最後にします。 というのも、残された短編映画 どれも観ていないし、

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【後半ネタバレあり】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は教職課程必修科目だ!

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017) 監督:湯浅

【ゴーモン特集】『ファントマ対ジューヴ警部』必見!100年前のZOZOSUIT

ファントマ対ジューヴ警部(1913) Juve contre Fan

【ゴーモン特集】『ファントマ』彼は狡猾か滑稽か?

ファントマ(1913) Fantômas(1913) 監督:ル

『放浪の画家ピロスマニ』ジョージア版男はつらいよ

放浪の画家ピロスマニ(1969) Pirosmani(1969)

『サバイバルファミリー』関西が豪雨被災!東日本の民よ!これを観て備えよ!

サバイバルファミリー(2017) SURVIVAL FAMILY(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑