*

【カイエ・デュ・シネマ特集】『パーク』新気鋭ダミアン・マニヴェルの公園ファンタジー

【カイエ・デュ・シネマ特集】『パーク』新気鋭ダミアン・マニヴェルの公園ファンタジー

パーク(2016)
LE PARC(2016)


監督:ダミアン・マニヴェル
出演:ナオミ・ヴォクト・ロビー、マキシム・バシュルリーetc

評価:80点

今週末、フランス新気鋭ダミアン・マニヴェルが五十嵐耕平と青森を舞台に共同で撮った『泳ぎすぎた夜』が公開される。それを記念して、アンスティチュ・フランセ東京では、カイエ・デュ・シネマ週間にダミアン・マニヴェル特集が組まれた。4/13(金)に上映される『パーク』ですが、契約しているVODサイトMUBIでレンタルできたので、一足早く観ました。これが非常に面白かった。

『パーク』あらすじ

とある昼下がりの公園でカップルはデートをする。初めは、距離感がつかめずギコチナイ関係だった二人は次第に惹かれ合う。夕方、男は去る。しかし、女はいつまでも公園にいる。そして闇夜を彷徨い始める…

公園という舞台装置

ホン・サンス、フィリップ・ガレル、エリック・ロメールといった、徹底的にミニマルな空間、シンプルな設定の中に深い奥行きを持たせる作品であった。なるほど、そりゃカイエの人が大好きなわけだ(カイエ・デュ・シネマ ベストテン選定者の一人NICHOLAS ELLIOTTが2017年の10位に本作を選んでいた)。

本作は、《公園》という舞台装置を、恋愛感情の揺らぎという哲学を表現するために最大限活用している。まず、冒頭。カップルが待ち合わせをするところから始まる。

男「やあ」
女「ハイ」

と挨拶し、ベンチに座る。しかしながら、どう目線を合わせていいのか、どういう話から切り込んでいいのか分からず、微妙な距離を保ち、キョロキョロと辺りを見回す。これは、デートしたこと人なら誰しもが一度は体験する緊張感だ。それから二人は歩き出す。学んでいること、趣味なんかを語り合う。

男「なんかスポーツやっているの?」
女「体操よ」
男「マジで!俺はカンフーだぜ!」

と本当はどうでもいい話なんだけれども、駄話でなんとか時間を持たせようとするスリル。それを森はこれ以上にない爽やかなグリーンで包みます。なんか、野郎のブンブンからすると『恋人までの距離』を観ているかのように男を応援したくなります。これは爽やかな会話劇なんだ、これは好物だ!と舌鼓を打っていると、本作は思わぬ裏の顔を見せる。

会えない辛さを闇夜に隠し…

夕方、当然ながらカップルは解散する。しかし、女はいつまでも公園に残る。スマホをチラッチラッと観たり、メッセンジャーでとりとめもない会話をする。段々とあたりは真っ暗になる。ただ、女は一向に帰ろうとしないのだ。そして、何故かメチャクチャ苦しそうにしているではないか。しかも、謎の黒人が登場し、一緒に公園徘徊を始めるではないか!

なんなんだこれは!?

そう思った時に、本作の正体が分かる。森を通じて恋愛のメカニズムを描いているということに。初々しい出会い、そして絶頂期は、まさに《青春》の色であるみずみずしい緑が包む。それが、段々と倦怠期になる。なかなか会えない時期が出てくる。そうなった時に、このまま恋愛を続けるべきなのか、自分は本当に相手のことが好きなのかを考え始める。そうなると、『インサイド・ヘッド』のように脳内の別の人格と対話する。その別の人格が黒人だったのだ。そして深く、先の見えない闇を彷徨い、ようやくたどり着いた先。これがメチャクチャ美しい。

てっきり、ロメールかぶれな映画かと思ったら、そんなことは言わせない!と深淵の彼方まで観客を誘拐するトンデモナイ傑作でした。これは、もし時間のある方、MUBIを契約している方は必見ですぞ!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【『万引き家族』パルムドール受賞企画】『奇跡』は是枝裕和監督のマスターピースだった!

奇跡(2011) I Wish(2011) 監督:是枝裕和 出演:前田航基、前田旺志郎、

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

『アレッポ 最後の男』この世界の片隅にある地獄

アレッポ 最後の男(2017) 原題:آخر الرجال في حلب 英題:LAST MEN

続きを読む

第90回アカデミー賞で受賞した短編映画を観てみた

第90回アカデミー賞で受賞した短編映画を観てみた 先日開催された第90回アカデミー賞。アカデミー賞

続きを読む

『サファリ SAFARI』現実世界のモンスターハンターに驚愕必至!

サファリ(2016) SAFARI(2016) 監督:ウルリヒ・ザイドル 評価:80点

続きを読む

【解説】『ジャコメッティ 最後の肖像』歩く男Iを作る映画ではないが彼の彫刻観が分かる一本

ジャコメッティ 最後の肖像(2017) FINAL PORTRAIT(2017) 監督:スタ

続きを読む

【絶賛】『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編』全日本人注目ナオトのコミュ力!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編(2018) 監督:加藤肇 出演:ナオト

続きを読む

【ネタバレなし】『RAW ~少女のめざめ~』思春期の成長を深く洞察した傑作

RAW ~少女のめざめ~(2016) RAW(2016) 監督:ジュリア・デュクルノー 出

続きを読む

【ネタバレ解説】『万引き家族』勝てる映画が勝利したことへの危機感

万引き家族(2018) 仏題:Une affaire de famille 英題:Shopl

続きを読む

GW暇だったのでラヴ・ディアスの10時間半映画『あるフィリピン人家族の創生』を観た結果…

あるフィリピン人家族の創生(2005) 原題:Ebolusyon ng Isang Pamilya

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑