*

『ザ・シークレットマン』はリーアム・ニーソンは48時間で標的を倒せるのか?

『ザ・シークレットマン』はリーアム・ニーソンは48時間で標的を倒せるのか?

ザ・シークレットマン(2017)
Mark Felt:
The Man Who Brought Down
the White House(2017)


監督:ピーター・ランデズマン
出演:リーアム・ニーソン、
ダイアン・レイン、
マートン・ソーカスetc

評価:80点

ポスターを見て、てっきり『96時間』系の親父アクション映画かなと思いスルーを決めていたのだが、町山智浩がラジオで『ペンタゴン・ペーパーズ』を観る前に『大統領の陰謀』と本作を観ておくと良いとオススメしていたので、急遽ヒューマントラストシネマ渋谷で観てきた。意外と混んでいてびっくりした。

『ザ・シークレットマン』あらすじ

J.エドガーの右腕として長年FBIに尽くしてきた男マーク・フェルト。そんなある日、J.エドガーが亡くなる。てっきり、長官になれると思っていたマーク・フェルトだったが、何故かホワイトハウスが介入してきて、長官の座を奪われてしまう。更に、同じ頃発生したウォーターゲート事件の捜査も打ち切るよう言われる。新長官にマーク・フェルトが文句を言ったところ、こう言われた。「48時間やろう。それで蹴りをつけてくれ」

リーアム・ニーソンは48時間で標的を倒せるのか?

本作の原題は『Mark Felt: The Man Who Brought Down the White House(マーク・フェルト:ホワイトハウスを仕留めた男)』とあるように、最近明らかになったウォーターゲート事件の内部告発者ディープ・スロートことマーク・フェルトを描いた作品だ。親父アクション映画ではなかった…と言いたいところなのだが、実はあながち間違いではなかった。というのも、リーアム・ニーソンの親父アクション映画代表作『96時間』に近いところが見え隠れするのだ。『96時間』では文字通り96時間で誘拐犯を撃退するという話だ。一方、本作は『48時間』でウォーターゲート事件の黒幕及び、FBIと政府との間で起きている陰謀の真相を突き止めるという内容なのだから。こりゃエディ・マーフィーもびっくりですな。

さて、真面目な話をしよう。本作は、『大統領の陰謀』時には明らかにされていなかったFBI内部の視点を映画化したもの。そう聞くとお堅く難解な作品だと思うかもしれないが、ウォーターゲート事件に詳しくない人でも身を乗り出すぐらい楽しめる作品だ。

本作を一般企業に例えるとこういうことだ。長年プライベートを犠牲にして働いてきたサラリーマン。ようやく部長の座を狙えるところまで上り詰めた。そして、部長が不慮の事故で亡くなった。よっしゃ!部長になれるぞ!と思った矢先に、何処の馬の骨だかわからん奴が部長の座を奪った。悔しい!復讐したろう。という話なのだ。

マーク・フェルトはFBIが独立団体であるにも関わらず、政府から強い介入を受けていることに不満を抱いているという表向きの顔こそあれど、「あんやろー、ぶっ殺してやる」とばかりに最強の密告者としてワシントン・ポストやタイム誌に情報を漏洩させまくる。

そして、ホワイトハウスに密告者がいる、FBIのあいつが怪しいと次々に陽動をかますことで自分の正体を隠す。『Death Note』さながらの綱渡り状態に、観ている間ずっとハラハラドキドキしっぱなしでした。

これは、町山智浩も言うように『ペンタゴン・ペーパーズ』を観る前に鑑賞した方が良い傑作と言えよう。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表 定期的にブログサイト《男の魂に火をつけろ!》で

続きを読む

【ネタバレ酷評】『パシフィック・リム:アップ・ライジング』結局、ボイエガだけで十分じゃん!

パシフィック・リム:アップ・ライジング(2018) Pacific Rim: Uprising(2

続きを読む

【クラシック】『霧の中の風景』は壮大な「はじめてのおつかい」だった!

霧の中の風景(1988) 原題:Τοπίο στην ομίχλη 出演:Landscape i

続きを読む

『ペンタゴン・ペーパーズ』は音楽のないオペラ!M.ストリープの熱演に注目!

ペンタゴン・ペーパーズ 最高機密文書(2017) THE POST(2017) 監督:スティ

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキ特集】『シルバー・グローブ』トンデモFPS映画現る!

シルバー・グローブ/銀の惑星(1987) 原題:Na srebrnym globie 英題:On

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『FLIRT/フラート』井之頭五郎さんが医者をやっていた時代

FLIRT/フラート(1995) 監督:ハル・ハートリー 出演:ビル・セイジ、マーティン・ド

続きを読む

【ネタバレ解説】『ライオンは今夜死ぬ』諏訪敦彦のラブレターに隠されたメッセージとは?

ライオンは今夜死ぬ(2018) LE LION EST MORT CE SOIR(2018)

続きを読む

【オリヴェイラ特集】「ノン、あるいは支配の空しい栄光」人類と戦争の関係

ノン、あるいは支配の空しい栄光(1990) 原題:NON', OU A VA GLORIA DE

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『ユマニテ』目つきがヤバい!3冠を獲得したブリュノ・デュモン映画

ユマニテ(1999) L'humanité(1999) 監督:ブリュノ・デュモン 出演:エ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

『ラジオ・コバニ』シリア 半端ないって※アップリンクで上映中

ラジオ・コバニ(2016) RADIO KOBANI(2016)

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映画5選!

【 #ワールドカップロシア2018 】ブンブンが選ぶ必見セネガル映

【7/21公開記念】『暗殺のオペラ』ヴィットリオ・ストラーロの準備運動

暗殺のオペラ(1969) Strategia del ragno(1

【デプレシャン特集4】『魂を救え!』アンドレ・バザンに捧げられた一本?

魂を救え!(1992) LA SENTINELLE(1992)

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑