*

『映画ドラえもん のび太の宝島』川村元気が描く家族愛にドラ泣き!

『映画ドラえもん のび太の宝島』川村元気が描く家族愛にドラ泣き!

映画ドラえもん のび太の宝島(2018)


監督:今井一暁
出演:水田わさび、大原めぐみ、
かかずゆみ、大泉洋、長澤まさみetc

評価:75点

いつか時が流れて
必ず辿り着くから
君に会えるよ
どどどどどどどどど
ドラえもん!

ってことで、今年もやってきましたドラえもんの季節。ドラえもんは毎回驚きを与え続け、早38作目。もう10年で寅さんに追いつくところまでやってきました。前回の『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は、まさかのプロットが『エイリアンVSプレデター』だった。今回はロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』をベースにしている。てっことでいってみましょう!

『映画ドラえもん のび太の宝島』あらすじ

夏休み!のび太はロバート・ルイス・スティーヴンソンの『宝島』にインスパイア受けて、宝島を探すことにする。最近日本近海に爆誕した島がどうやら宝島であることに気づいたのび太は、いつものメンツで島を目指すのだが…

のび太のカリスマ性に燃えよ!そして家族愛にドラ泣きする

脚本に、あの最強プロデューサー川村元気が配属されている為か、ワクワクドキドキが止まらない名作となった。

例えるならば、今や朽ち果てた『パイレーツ・オブ・カリビアン』シリーズが忘れてしまった高揚感を本作は思い出させてくれる。

冒頭から、これから始まるお話の面白いところを余すことなく描かれる。みんなのピンチをスリリングに助けるのび太に燃える。そして、のび太の必殺の一撃に「かっけー!」と拍手したくなる。この時点で私の胸ぐらはのび太に掴まれ、逃れることはできない。

さて、ここから見えてくる大海原は少年少女のワクワクを掻き立てるスペクタクルという領域を超えてくる。

1にのび太のカリスマ性
2に家族愛

この二つが大人でさえドラ泣きしてしまう美しきドラマとして襲いかかってくる。

本作ののび太はカリスマ性の鏡だ。一見ヘナチョコに見えるが、ネゴシエーターとして最強だ。彼はいじめっ子、女子、大人、外国人、正体不明の生物、ロボットどんな種族でさえ、抜群のパフォーマンス、モチベーションを引き出すことができる。しかも、空気を読み、その時の最適解を瞬時に導き出し、それも藤井六段張りの正確さを持つ。

例えば、仲間が皆ドラえもんをタヌキロボットといじる場面。のび太は、一応周りのムードに乗るが、すぐさまドラえもんをフォローする。ドラえもんをおだて、場を鎮めようとする。非常に上手い。

こんな経営者顔負けの振る舞いを、自覚なしに行い続ける尊さ。それがしっかりと層として積み上がるからこそ、家族愛の描写が美しく、泣けてくる。しかも、その時に星野源の癒しの声(挿入歌『ここにいないあなたへ』、主題歌『ドラえもん』)が劇場を木霊する。サイコーではないか!

確かに、今回悪役描写が弱かった。悪役の海賊がとある出来事から狂気に陥り、地球滅亡の危機へと導くのだが、地球の危機が全く伝わらない。家族愛描写に集中するあまり、悪役の狂気性を表す描写が疎かになってしまったのは正直残念だった。

しかし、本作はあまりに美しい。穢れなく、愚直に夢に向かって旅する者たちにただならぬ高揚感を得た。

是非劇場でドラ泣き体験してみてくれ!

P.S.画面を直視できない程清いしずかちゃん百合シーンもあるぞ!

ドラえもん映画感想

「映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険」がエイリアンVSプレデターだった件
“Ç”「ドラえもん のび太の宇宙英雄記」!「ギャラクシー・クエスト」的展開に熱くなる!
“Ç”「新・のび太の日本誕生」公開直前!「映画ドラえもん のび太の恐竜」を観てみた

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:今日の趣味日記

関連記事

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表 定期的にブログサイト《男の魂に火をつけろ!》で

続きを読む

【酷評】『聖なる鹿殺し』ランティモスにしては凡庸な気が…

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017) The Killing of

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊲】「男はつらいよ 幸福の青い鳥」ドリンクコーナーが!

男はつらいよ 幸福の青い鳥(1986) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 倍賞千恵子, 長

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『クスクス粒の秘密』ココマルシアターの裏側が分かる!

クスクス粒の秘密(2007) La graine et le mulet(2007) 監督:

続きを読む

【myfff】『アヴァ AVA』盲目描写はアウトだが、映像が凄い!

アヴァ(2017) AVA(2017) 監督:レア・ミシウス 出演:Noée Abita、

続きを読む

【ネタバレなし】『パディントン2』ウェス・アンダーソンか!ギミックの手数に大満足!

パディントン2(2017) PADDINGTON 2(2017) 監督:ポール・キング 出

続きを読む

【ハル・ハートリー特集】『ネッド・ライフル』ベタなエディプス・コンプレックスなのだが…

ネッド・ライフル(2014) NED RIFLE(2014) 監督:ハル・ハートリー 出演

続きを読む

『さらば冬のかもめ』リチャード・リンクレイターが続編作ったらしいぞ!

さらば冬のかもめ(1973) The Last Detail(1973) 監督:ハル・アシュ

続きを読む

『サファリ SAFARI』現実世界のモンスターハンターに驚愕必至!

サファリ(2016) SAFARI(2016) 監督:ウルリヒ・ザイドル 評価:80点

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【デプレシャン特集3】『二十歳の死』パトリック、人生やめるってよ

二十歳の死(1991) La vie des morts(1991)

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑