*

【ハル・ハートリー特集】『フェイ・グリム』こんな続編誰も予想つかないw

【ハル・ハートリー特集】『フェイ・グリム』こんな続編誰も予想つかないw

フェイ・グリム(2006)
FAY GRIM(2006)


監督:ハル・ハートリー
出演:パーカー・ポージー,
ジェームス・アーバーニアック,
リアム・エイケンetc

評価:60点

クラウドファンディングで入手した『ヘンリー・フール』三部作DVD-BOX二作目を観てみた。結局何者か分からず空港を去ったヘンリー・フール。彼のその後に迫る話らしいが果たして…

『フェイ・グリム』あらすじ

ヘンリー・フールは去り、サイモンは刑務所。すっかりシングル・マザー同然の生活を送る羽目になったフェイ・グリムは、学校に呼び出され息子のネッドが猥褻物を構内に持ち込んだと先生から苦情を受けたり、サイモンの詩集が絶版になりそうで頼みの印税が入らなくなりそうになったりと散々な目に遭っている。そんな中、ヘンリー・フールが生きているという情報を聞く。しかも何故か、CIAが追っていて…

なんちゅう続編だ!

ハル・ハートリーの作品はどれも狭いコミュニティの物語を描いているのだが、本作は彼のフィルモグラフィー史上珍しい世界規模の壮大な物語だ。そして、スランプ期に作られた作品故か非常にトリッキーな実験映画となっている。まず度肝を抜かれるのは、劇中9割が斜めから撮られたショットで構成されているのだ。通常、斜めから撮られるショットは登場人物の心の不安を表したり、不条理世界を強調するために使われる。なので、ピンポイントでしか使われないような手法だ。しかし、ハル・ハートリーは自身の心の不安を映画にぶちまけたいのか?あるいは『ヘンリー・フール』で作り上げた世界観を破壊したいのか、ほとんどのシーンでこの斜めショットが使われるのだ。

いきなり開かれるシュールな世界に困惑した。そして、その困惑はビッグバンのように広がる。なんと前作を幹として、次々と後出しジャンケン方式で、「実は…」と物語が肉付けされて行くのだ。前作で、結局正体不明だったヘンリー・フール。彼が実はCIAに狙われている凄腕スパイだとわかってくる。これはひょっとしてハル・ハートリー、『華麗なるギャツビー』をやろうとしているのでは?と思う。そして、前作とは、いやハル・ハートリーを知るものにはあまりにも予想を超えたスパイ映画と変貌を遂げる。

では、期待はずれだったのか?ブンブンはそうだとは思わない。続編というしがらみを破壊して自由気ままに作品を撮る。ヒューマンドラマ、ミステリー、スパイアクションとジャンルの垣根を飛び越えて作品を作るハル・ハートリーの度胸。苦悩の末生み出されたこの怪物に惹き込まれたのは間違いない。

さて、最終章『ネッド・ライフル』ではどのような姿を魅せてくれるのだろうか?

ハル・ハートリー感想

【ハル・ハートリー特集】『ヘンリー・フール』ポエムを魅せないポエム映画
【ハル・ハートリー特集】『トラスト・ミー』は○○○の使い方が凄い※ネタバレ記事
【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「シンプルメン」はDON’T MOVEで始まる
【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「愛・アマチュア」ゆる~いサスペンス
【ハル・ハートリー クラウドファンディング応援!】「アンビリーバブル・トゥルース」ハーバードに行く?行かない?

ブロトピ:映画ブログ更新
ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!

関連記事

“Ç”サントラの使い方アルマゲドン「博士と彼女のセオリー」

The Theory of Everything 監督:ジェームズ・マーシュ 出演:エディ・レッド

続きを読む

仏語リスニング強化:グザヴィエ・ドランDVD-BOXその1

フランス語のリスニングを手軽にやるには、「映画」が一番!仏語字幕で映画を観れば良い勉強じゃん^o^

続きを読む

【ネタバレなし】『探偵はBARにいる3』これぞお正月、クリスマス、大泉洋映画だ!

探偵はBARにいる3(2017) 監督:吉田照幸 出演:大泉洋、松田龍平、北川景子、 前田

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞受賞速報!作品賞は「スポットライト」、「マッド・マックス」もV6達成!

第88回アカデミー賞受賞発表 今年は、なんと「マッド・マックス:怒りのデス・ロード」 が

続きを読む

地球の急ぎ方~3/25寅さんのふるさと柴又にさくら像爆誕!~

さくら像完成! 本日3/25(土)11:00に、柴又駅にて「さくら像」が竣工しました。「男はつ

続きを読む

【東京フィルメックス】『ファンさん』DON’T SLEEP〜他界するその瞬間を

ファンさん(2017) 原題:方繡英 英題:Mrs. Fang 監督:ワン・ビン 出演:

続きを読む

TIFF2016鑑賞記録12「アクエリアス」ただの立ち退きバトル映画ではありません!

アクエリアス(2016) AQUARIUS(2016) 監督:クレベール・メンドンサ・フィリ

続きを読む

“Ç”クリスマス、子どもを映画に連れて行くなら…「I LOVE スヌーピー」

I LOVE スヌーピー THE PEANUTS MOVIE(吹替) (THE PEANUTS M

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『タクシー・ブルース』ペレストロイカがよくわかる

タクシー・ブルース(1990) TAXI BLUES(1990) 監督:パーヴェル・ルンギン

続きを読む

『ザ・シークレットマン』はリーアム・ニーソンは48時間で標的を倒せるのか?

ザ・シークレットマン(2017) Mark Felt: The Man Who Brought

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人2年目の映画オタク。 年間500本、映

【後半ネタバレあり】『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』は教職課程必修科目だ!

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017) 監督:湯浅

【ゴーモン特集】『ファントマ対ジューヴ警部』必見!100年前のZOZOSUIT

ファントマ対ジューヴ警部(1913) Juve contre Fan

【ゴーモン特集】『ファントマ』彼は狡猾か滑稽か?

ファントマ(1913) Fantômas(1913) 監督:ル

『放浪の画家ピロスマニ』ジョージア版男はつらいよ

放浪の画家ピロスマニ(1969) Pirosmani(1969)

『サバイバルファミリー』関西が豪雨被災!東日本の民よ!これを観て備えよ!

サバイバルファミリー(2017) SURVIVAL FAMILY(2

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑