*

【酷評】『聖なる鹿殺し』ランティモスにしては凡庸な気が…

【酷評】『聖なる鹿殺し』ランティモスにしては凡庸な気が…

聖なる鹿殺し
キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017)
The Killing of a Sacred Deer(2017)


監督:ヨルゴス・ランティモス
出演:コリン・ファレル、ニコール・キッドマン、
アリシア・シルヴァーストーン、
ラフィー・キャシディ、バリー・コーガンetc

評価:40点

『Αλπεις』『籠の中の乙女』『ロブスター』と毎作シュールな傑作を放つギリシャの鬼才ヨルゴス・ランティモス。彼がカンヌ国際映画祭脚本賞を制した新作『聖なる鹿殺し』が日本上陸。ランティモスの前作『ロブスター』が面白かっただけに…

『聖なる鹿殺し』あらすじ

心臓外科医スティーブンは裕福な暮らしをしている。しかし、医者を目指す青年に気を許し家に入れてしまったことから、スティーブンの周りで怪奇現象が起きる…

クドくて煩くて退屈

これが非常に退屈であった。

本作は所謂、怪しい訪問者もの。『歓待』や『ボーグマン』のように、怪しい訪問者により自我の奥に潜む暴力が引き出される様子を楽しむジャンル。

本作は、青年が外科医一家に付き纏うことで起こる悲劇が描かれている。現代版ギリシャ神話、オイディプス王をやろうとしているのは明白なのだが、ランティモスにしか撮れないシュールでバイオレントでセクシャルな世界はそこになく、凡庸なゲテモノ映画に留まってしまった。

しかもタチが悪いことに、やりたいことは明白。前半で展開が読めてしまうのだが、それを長々ともったいぶって撮る。正直睡魔との闘いであった。

確かに、廊下を異様なアングルで撮る《画》を隙さえあれば挿入し、不穏な音楽で煽っていくてくる手法は面白いし、ワクワクするものがある。しかし、2時間この手法ワンパターンで押し切ろうとされると、正直がっかりしてくる。ランティモスはもっと手数があると思っていた。ギリシャ神話を現代に置き換え、他のゲテモノ監督が描けない世界を魅せてくれると思っていた。それが本作にはなかった。なんか未体験ゾーンの映画たちやネットフリックスで上映されるB級映画の域を出ない作品に感じてしまった。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ考察】『それから』ホン・サンス、ついに5次元マスターとなった。

それから(2017) The Day After(2017) 監督:ホン・サンス 出演:ク

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『タクシー・ブルース』ペレストロイカがよくわかる

タクシー・ブルース(1990) TAXI BLUES(1990) 監督:パーヴェル・ルンギン

続きを読む

【賞賛】『ナチュラルウーマン』にアカデミー賞外国語映画賞獲ってもらいたい!

ナチュラルウーマン(2017) 原題:Una Mujer Fantástica 英題:A Fan

続きを読む

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 濱口竜介だけじゃない!シネフィル燃えるオールスター感謝祭だ

第71回カンヌ国際映画祭ラインナップ発表 今年もこの季節がやってきました。カンヌ国際映画祭。今

続きを読む

『30年後の同窓会』リンクレイター版『さらば冬のかもめ』二次創作

30年後の同窓会(2017) LAST FLAG FLYING(2017) 監督:リチャード

続きを読む

【ネタバレなし解説】『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』全映画ファンよ!この卒業式に参列せよ!

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018) Avengers: Infinity War(

続きを読む

【大傑作】『犬猿』ニッチェ 江上敬子にアカデミー賞を!

犬猿(2018) 監督:吉田恵輔 出演:窪田正孝、新井浩文、 江上敬子、筧美和子etc

続きを読む

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表

【男の魂に火をつけろ!企画】お酒映画ベストテン発表 定期的にブログサイト《男の魂に火をつけろ!》で

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】『ユマニテ』目つきがヤバい!3冠を獲得したブリュノ・デュモン映画

ユマニテ(1999) L'humanité(1999) 監督:ブリュノ・デュモン 出演:エ

続きを読む

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミル・カーン、アヌシュカ・シャル

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑