*

『イカロス』ダークホース!アカデミー賞ドキュメンタリー賞受賞のネットフリックス映画

『イカロス』ダークホース!アカデミー賞ドキュメンタリー賞受賞のネットフリックス映画

イカロス(2017)
ICARUS(2017)


監督:ブライアン・フォーゲル

評価:75点

昨日行われた第90回アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞に輝いた作品『イカロス』。町山智浩が直前予想で激推ししていた作品だ。今回のアカデミー賞は、アニエス・ヴァルダの『顔たち、ところどころ』や『LAST MEN IN ALEPO』が強かったのだが、それを倒しました。

ここ数年、ネットフリックス制作のドキュメンタリーがアカデミー賞にノミネートされてきたが、遂に受賞。VOD映画がアカデミー賞を受賞できることを証明した画期的な年でした。

さて、そんな『イカロス』。観たら、噂通りトンデモなく面白かったぞ!

『イカロス』概要

ランス・アームストロングのドーピング事件に興味を持っていたアマチュア自転車レーサーのブライアン・フォーゲルは、アームストロングが如何にドーピング検査を切り抜けたかに興味を抱く。そして、自らドーピング服用者になり、自転車レースに挑むことでドーピングを巡る自動車競技界の闇を覗こうとする。しかし、思いの外事態は深刻で、やがて国家レベルの陰謀に巻き込まれていく…

『シチズン・フォー』以来の怪作!

事実は小説よりも奇なりというが、本作はその言葉ですら軽く感じる程恐ろしい。

どれくらい恐ろしいかというと、エドワード・スノーデンの証言と亡命を撮ったトンデモ映画『シチズン・フォー』に近いレベルで恐ろしいことが繰り広げられているのだ。

最初は、ドーピング服用選手に対する興味と嫉妬を抱き、軽いノリで映画を撮り始めるブライアン・フォーゲル。そしてオリンピック分析研究所の創始者であるドン・カトリンに、この映画の企画を持ちかける。しかし、当然ながらドン・カトリンはモラル面と世間体の問題から却下。その代わりにロシアの研究者グリゴリー・ロドチェンコフを紹介される。身の危険をうすら感じたブライアン・フォーゲルとグリゴリー・ロドチェンコフの手の裏の探り合いが始まる。本当に相手を信頼していいのかと。そして段々と、警戒心が氷解していき友情を深めていく二人。

そして、始まる猛特訓。たかだかなんとなく始めた映画制作。なんだけれども、ブライアン・フォーゲルは必死に練習し、追い込みに追い込む。全てはレースに勝利するため。足が気持ち悪いぐらい腫れ上がったり、血が出たりと身の危険を感じることもあるが、グリゴリーの指示に従い奮闘する。

そしてレースが始まった…

ここから先は言えません。この後、ブライアン・フォーゲルとグリゴリー・ロドチェンコフは国家の陰謀に巻き込まれます。ロシア政府から抹殺されそうになります。そこから如何に脱出を図っていくのか?まるでスパイ映画さながらの緊迫感に圧倒されました。

ネットフリックスにて現在配信中。何か観る映画に困ったら鑑賞してみてはいかがでしょうか?

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

第89回アカデミー賞受賞予想⑧~その他技術賞~

第89回アカデミー賞受賞予想8 今回は、撮影賞、編集賞、 録音賞、音響編集賞、 視覚効果賞の技

続きを読む

【TIFFネタバレ】『シェイプ・オブ・ウォーター』のミュージカル映画シーンについて考察

『シェイプ・オブ・ウォーター』を考察 昨日、東京国際映画祭で観たギレルモ・デル・トロ監督作にし

続きを読む

2014年BUNBUNのベスト10映画~家邦画部門~

1.鴛鴦歌合戦 学校の映画の授業で先生が「笑えるけど泣ける」と絶賛していた。 タイトルは厳つ

続きを読む

【東京フィルメックス】「ざ・鬼太鼓座」:Don’t think, Feelな程にトランスする

ざ・鬼太鼓座(1981) ZAONDEKOZA(1981) 監督:加藤泰 出演:鬼太鼓座

続きを読む

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018) 監督:行定勲 出演:二

続きを読む

【ネタバレ】『ゲティ家の身代金』人類は堅牢なATMに闘いを挑んだ…

ゲティ家の身代金(2017) All the Money in the World(2017)

続きを読む

【カンヌ国際映画祭特集】「地獄門」日本で初めてパルムドールを獲った時代劇

地獄門(1953) 監督:衣笠貞之助 出演:長谷川一夫、京マチ子etc 評価:85点

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『夜の第三部分』男は女の幻影を観てシラミ工場へ

夜の第三部分(1972) Trzecia część nocy(1972) 監督:アンジェイ

続きを読む

『アイスと雨音』長回しフェチ必見!松居大悟の慟哭

アイスと雨音(2018) 監督:松居大悟 出演:森田想、田中怜子、田中偉登、 青木柚、紅甘

続きを読む

【告知】「第7回 映画の“ある視点”について語ろう会」にゲスト出演決定

第7回 映画の“ある視点”について語ろう会 ~2017年上半期映画ベスト10をみんなで語り合おう!

続きを読む

Comment

  1. これ一応ネットフレックスのマイリストに入れてるんですけど、まだ観て無かったんですよね。
    せっかくの受賞作なのに
    今度観てみます。

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑