*

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

【ネタバレなし解説】『クローバーフィールド パラドックス』サプライズリリースから観る企業戦略

クローバーフィールド パラドックス(2018)
THE CLOVERFIELD PARADOX(2018)


監督:ジュリアス・オナー
出演:ググ・バサ=ロー,
デヴィッド・オイェロウォ,
ダニエル・ブリュール,
エリザベス・デビッキ,
チャン・ツィイーetc

評価:80点

SNS時代、企業のリリース情報や噂が直ぐに伝播拡散してしまう時代。サプライズニュースリリースで企業の秘密保持力=信頼性を誇示することがブームになろうとしている。

先日、任天堂がダンボール工作×Nintendo Switchの新製品Nintendo Laboを突然発表し、世間を驚かせた。

昨日、映画ファンを似たような事例が驚かせた。忘れた頃にやってくる『クローバーフィールド』シリーズ最新作をNetflixがアメリカ最大級の祭典スーパーボールで発表したのだ。しかも配信日が、、、今日(2/5)だと言うのだ。

映画製作となると何百人、何千人もの人が関わっている。しかもチャン・ツィイーなんて大御所も出演しているのに、全くその日まで新作制作の気配すら感じなかった。つくづくバッド・ロボット・プロダクションズ、そしてNetflixの秘密保持力は凄まじいなと感じた。

そして『クローバーフィールド』シリーズは物語の性質上、ネタバレ厳禁&ネタバレ地雷原という非常に語りづらいシリーズ。それ故に、このサプライズニュースリリースは全世界の映画ファンには喜ばしい出来事だ。一方で、Netflix配信につき劇場での鑑賞は絶望的になり、下手すればDVD化もしない恐れがある哀しい側面も持っている。

さて、そんな『クローバーフィールド』シリーズ最新作を今朝観ました。ネタバレしないで語るが、未見の方はこんな感想を読んでる場合ではない。すぐ観ましょう。ネタバレされる前に。

『クローバーフィールド パラドックス』あらすじ

近未来の宇宙ステーションに集められた世界各国のエンジニア。彼らは、人類発展のため、ある装置を開発していた。実験を重ねるがなかなか上手くいかない。そんなある日、ついに実験が成功するのだが…

またしても予想を裏切る作品

まず、『クローバーフィールド』シリーズは毎回、意表を突く作品になっている。一作目は、○○○のスピリットを引き継ぎ、徹底的にリアリズムに拘った○○映画だった。その拘りからお堅い映画誌カイエ・デュ・シネマ ベストテンに選ばれたりもした。

二作目は、まさかの密室劇で、徹底した会話によるサスペンスからの《奴》への展開は斬新だった。

三作目はまさかの宇宙が舞台。全くもって『クローバーフィールド』感の入り込む場所がない。そこが狙いだ。観客の思ったような物語が起きないのだ。だからTwitter,Filmarks,IMDb等のレビューを読むとぱっくり賛否両論分かれていた。一作目好きほど酷評している傾向にあった。確かに、本作の9割はB級C級SFホラーなのだから。

しかし、宇宙空間で繰り広げられる国際事業。それにより巻き起こる超常現象。この次何が起きるか分からない感じ、そしてギミックの面白さによるワクワク感は『イベント・ホライゾン』以来の新鮮さだった。確かに、雰囲気は往年のSF映画のパクリみたいなところもある。しかし、それが吹っ切れている。徹底的に観客を楽しませようとしているからこれらの通俗な描写が愛らしくなるのだ。もちろんあっと驚かされるシーンもある。びっくりする場所から、《あるもの》が出てきたり、腕がグニャングニャンになったりと…おっとこっから先は観てのお楽しみ。とにかく楽しかった。

『クローバーフィールド パラドックス』は21世紀のフランチャイズ映画に新たな発想を与えたエポックメイキングな作品だったと言えよう。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレ】『アナと雪の女王/家族の思い出』は狂気のクリぼっち映画!観客は試される…

アナと雪の女王/家族の思い出(2017) Olaf's Frozen Adventure(2017

続きを読む

【ネタバレ】『ガーディアンズ』ロシア版X-MEN…実は司令官最強説

ガーディアンズ(2017) 原題:Защитники 英題:THE GURDIANS 監督

続きを読む

【アルベルト・セラ特集】『騎士の名誉』テリー・ギリアムのドンキホーテが上映されている裏側で

騎士の名誉(2006) Honor de Cavalleria 監督:アルベルト・セラ 出

続きを読む

【解説】『BPM ビート・パー・ミニット』日本のアクティヴィストに観て欲しい!

BPM ビート・パー・ミニット(2017) 120 battements par minute(2

続きを読む

【ネタバレ解説】『ちはやふる 結び』これぞ究極のさらば青春の光!

ちはやふる 結び 監督:小泉徳宏 出演:広瀬すず、野村周平、 新田真剣佑、上白石萌音、矢本

続きを読む

映画芸術2017ベスト&ワースト映画! ワーストは「三度目の殺人」 そしてベストは石井裕也のアレだった件

2017年「映画芸術」ベスト&ワースト発表 さあさあ、映画人待望の映画芸術のベストテン及びワー

続きを読む

【毎週インド映画5】『PK』アーミル・カーン主演!多宗教が世界を救う

PK(2014) 監督:ラージクマール・ヒラーニ 出演:アーミル・カーン、アヌシュカ・シャル

続きを読む

【アンジェイ・ズラウスキー特集】『夜の第三部分』男は女の幻影を観てシラミ工場へ

夜の第三部分(1972) Trzecia część nocy(1972) 監督:アンジェイ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊵】「男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日」寅さん早稲田大学に通うの巻き

男はつらいよ 寅次郎サラダ記念日(1988) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 三田寛子,

続きを読む

【ネタバレ解説】『ピーターラビット』群兎の血が騒ぎ出す傑作!

ピーターラビット(2018) PETER RABBIT(2018) 監督:ウィル・グラック

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【ネタバレ】『オルエットの方へ』ジャック・ロジエ流《ゆるキャン△》

オルエットの方へ(1971) Du côté d'Orouët (1

【ネタバレ解説】『ワンダー 君は太陽』デッドプールに通じる顔キレイキレイ問題に迫る!?

ワンダー 君は太陽(2017) WONDER(2017) 監督

『ワンダー 君は太陽』原作はサブカル(スター・ウォーズネタ多め)全開だった件

『ワンダー 君は太陽』原作を読んでみた 昨日から、第90回アカデ

【毎週インド映画8】『ボンベイ to ナゴヤ』B級インド映画名古屋で大暴れ

ボンベイ to ナゴヤ(1993) BOMBAY TO NAGOYA

【デプレシャン特集2】『そして、僕は恋をする』フランスのヰタ・セクスアリス

そして、僕は恋をする(1996) Comment je me sui

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑