*

【ネタバレ】『羊の木』はおもてなし課から出向した錦戸亮のエクストリームおもてなし映画だ!

公開日: : 最終更新日:2018/02/05 2018映画 , , , , , , ,

【ネタバレ】『羊の木』はおもてなし課から出向した錦戸亮のエクストリームおもてなし映画だ!

羊の木(2018)


監督:吉田大八
出演:錦戸亮,木村文乃,
北村一輝,優香,
市川実日子etc

評価:65点

吉田大八監督最新作『羊の木』が公開された。山上たつひこ原作・いがらしみきお作画の同名コミックの映画化。富山の片田舎にやってきた6人の殺人犯に振り回される市の役人を描いた作品。映画ファンの集いで、参加者の方からオススメされ、今回観ることにした。これが、『スリー・ビルボード』を観た後に鑑賞したことを非常に後悔した惜しい作品であった。本作は、『スリー・ビルボード』同様、何語ってもネタバレになってしまうので、未見の方は今すぐこのページを閉じて映画館へ向かってください。

『羊の木』あらすじ

過疎化が進む富山県魚深市に6人の男女が一気に越してくる。その6人の面倒を任された役人・月末一。は部長から衝撃の事実を告げられる。「彼らは刑務所から来た奴だ。これは極秘の国家プロジェクトだ。」果たして月末一は6人の犯罪人をもてなすことができるのだろうか…?

錦戸亮エクストリームおもてなし日記

『県庁おもてなし課』で意識高い爽やか役人を務めた錦戸亮が、高知県から富山県に異動。『県庁おもてなし課』時代がイージーモードだとすれば、『羊の木』の富山県魚深市ライフは、ゲーム全クリ後に出現するエクストリームハードモードさながらの難易度だ。

錦戸亮は、部長から今度移住してくる6人の男女をおもてなしするというミッションが与えられる。爽やかシティーボーイの錦戸亮君は爽やか笑顔で、「ココは良いところですよ。人も良いし、魚も美味い。」という。しかし、やってくる人が、狂った大食い魔、バインミーボインミーな姉ちゃん、YASKUZA☆に、ピエール瀧っぽいヤバ男、尾頭ヒロミサイコパス高田と可笑しなピーポーでドン引く。「ココは良いところですよ。人も良いし、魚も美味い。」という必殺台詞もどんどん力が抜けて来て大草原不可避だ。

このシーンだけでこの映画は大傑作だと思った。しかも、何故富山の田舎町に犯罪者が6人も移住するのかという理由が、「過疎化対策と、刑務所維持費の削減で、犯罪者を早めに仮釈放し、田舎町に10年閉じ込めておく国家プロジェクト」だというのだ。このアイデアを考えた原作者すげーな。村上龍の『希望の国のエクソダス』を思わせる狂ったユートピア像に、ブンブンはヨダレが出るくらい気に入りました。

しかし、これが物語が進むに従って残念な映画と成り果ててしまった…

時間切れ!キャラクターの深掘りが甘すぎる!

ココまでの導入で、観客はこう思うであろう。「6人の犯罪者が、巧みに絡み合い、衝撃のどんでん返しが展開される。」と。これが、ないんですよ。6人の特徴的な登場人物が一堂に交差する場面は、のろろ祭の集まりのみ。それ以外は、ピエール瀧っぽい男とサイコパス高田のバトルシーンぐらいでしか、犯罪者は絡まないのだ。狂った大食い魔も折角、呑みの席で暴力性を露わにしたのに、その後はすっかり音沙汰ない。尾頭ヒロミなんか空気でしかない。

これでは、物語前半で語られていた各犯罪者のヤバイ噂が宙に浮いただけだ。恐らく、登場人物の描き方が勿体無い作りになってしまった理由として、上映時間に収めきれなかったことが挙げられるであろう。約2時間に6人もの登場人物の交差を描くのは無理があった。なんたって、本作にはダレるシーンが全くないのだ。吉田大八の軽快な語り口で、ドンドン、この映画はどう動いていくのかと引き込まれていく。めちゃくちゃ面白いのだ。だからこそ3時間ぐらいかけてもいいから、しっかり登場人物同士の暴力性をしっかり見せて欲しかった。ミステリーとしてちゃんと謎を解決して欲しかった。

これでは、ただただ観客の興味を惹くだけの予告編レベルだ。ちょっと原作読んでみたくなったぞ!

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【MyFFF】『1:54』ダークホース!フランスの陸上部スポ根映画はブンブンの人生そのものだった件

1:54(2016) 監督:ヤン・イングランド 出演:アントワーヌ・オリヴィエ・ピロン、

続きを読む

『サファリ SAFARI』現実世界のモンスターハンターに驚愕必至!

サファリ(2016) SAFARI(2016) 監督:ウルリヒ・ザイドル 評価:80点

続きを読む

【クラシック】「家庭」トリュフォーが観た「ふしぎの国のアリス」

家庭(1970) DOMICILE CONJUGAL(1970) 監督:フランソワ・トリュフ

続きを読む

【アテネフランセ特集上映】『マニラ・光る爪』日本映画の貧困描写に足りないものがある

マニラ・光る爪(1975) MAYNILA: SA MGA KUKO NG LIWANAG

続きを読む

【解説】『ジャコメッティ 最後の肖像』歩く男Iを作る映画ではないが彼の彫刻観が分かる一本

ジャコメッティ 最後の肖像(2017) FINAL PORTRAIT(2017) 監督:スタ

続きを読む

【寅さんフルマラソン㊳】「男はつらいよ 知床慕情」竜造入院

男はつらいよ 知床慕情(1987) 監督:山田洋次 出演:渥美清, 淡路恵子, 下條正巳

続きを読む

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演:深川麻衣、山下健二郎

続きを読む

【酷評】『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』キネ旬1位作品は詩と映画を履き違えた最高密度の駄作だ

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2017) 監督:石井裕也 出演:石橋静河、池松壮亮、

続きを読む

【絶賛】『ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編』全日本人注目ナオトのコミュ力!

ナオト・インティライミ冒険記 旅歌ダイアリー2 後編(2018) 監督:加藤肇 出演:ナオト

続きを読む

【実話】『5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生』チアルートも驚愕!盲目でホテルマンを目指した男

5パーセントの奇跡 嘘から始まる素敵な人生(2017) Mein Blind Date mit d

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

第90回アカデミー賞受賞予想②~主演男優・主演女優賞~

第90回アカデミー賞受賞予想2 今回は、主演男優賞と 助演女優賞を

第90回アカデミー賞受賞予想①~外国語映画・長編ドキュメンタリー・長編アニメーション~

第90回アカデミー賞受賞予想① 今日から少しずつ第90回アカデミー賞

『リバーズ・エッジ』グザヴィエ・ドラン譲りのアスペクト比マジックが生む閉塞感の解放

リバーズ・エッジ(2018) RIVER'S EDGE(2018)

【ネタバレなし解説】『パンとバスと2度目のハツコイ』深川麻衣アイドル映画なのに…

パンとバスと2度目のハツコイ(2017) 監督:今泉力哉 出演

【ネタバレ酷評】『グレイテスト・ショーマン』が致命的にダメダメだった8の理由

グレイテスト・ショーマン(2017) THE GREATEST SH

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑