*

【ネタバレ酷評】『嘘八百』武正晴も足立紳も大手映画に堕ちた、、、

公開日: : 最終更新日:2018/01/10 2018映画, 映画 , , , , , , , , ,

【ネタバレ酷評】『嘘八百』武正晴も足立紳も大手映画に堕ちた、、、

嘘八百(2018)


監督:武正晴
出演:中井貴一、佐々木蔵之介、友近etc

評価:25点

百円の恋』から約2年、武正晴監督×足立紳脚本最強コンビが帰ってきた!しかも、東映という大手看板をしょって。出世したなーと涙をハンカチで拭いながら観にいった。

『嘘八百』あらすじ

冴えない古美術商はある日、お屋敷で利休の幻の茶碗を見つける。お屋敷の主人を騙し廉価で落とし大満足の彼だったが、実はそれは贋物だった。お屋敷の主人だと名乗るその男は、落ち目の陶芸家で、行きつけ飲み屋の職人仲間と一緒に古美術商を嵌めたのだ。悔しがる古美術商だったが、その陶芸家の過去を知り、彼と一緒に利休の幻の茶碗(贋物)を作り上げ、ライバル老舗古美術商を騙そうとする…

製作委員会方式、大手映画に魂を売ってしまった

かつて、園子温や入江悠が大手という名のダークサイドに堕ちたように、彼らも残念な作品を作ってしまった。中井貴一扮する古美術商が、佐々木蔵之介&愉快な仲間たちによるペテン師に嵌められたことから、共に千利休の茶器の贋物作って大金を得ようとする話。

しっかり、古美術商の世界を調べに調べて作ったような印象を受ける。『スティング』の要素を引っ張ってきつつ、独自色を出そうとしている志も伺える。伏線張りも頑張っている。

ただ、東映や製作委員会方式の言うなりになってしまったのだろう。脚本を守りきれなかったのだろう。実にダサい。素人茶器のような、100均で売っていそうな茶器レベルの作品になってしまった。

まず、ギャグやユーモアを観客の心に届ける為の、演出の強弱、音や間の使い方がコントロールされておらず、シラケにシラケまくっている。

それ自体は、終盤の競りシーンで持ち直すからまだ良い。

今年ワーストシーン確定か!ラストにやらかすトンデモ展開

しかし、競りの見せ場が終わってからダラダラとドラマを続けてしまっているのだ。そして、なんて愚かなことだろうか、目を疑うような茶番、「追いかけっこ」というものなんですけど、これをやってしまうのだ。

無事、老舗古美術商を騙し、大金を得た主人公ら一向。古美術商の娘は陶芸家の息子と結婚式を挙げる。こりゃめでたいシーンだ。しかし、何故か陶芸家の息子には女がいたらしく、その女がナイフ振り回し追いかけてくるのだ。数分に渡り、待てーと大根演技で追いかけるその女。伏線があるわけでもなく、非常に投げやりだ。

そこから繰り広げられるどんでん返しも、正直必要がない。正月映画として、開運映画として宣伝しているにも関わらず、こう後味悪くしてどうするの。

結局大金は、古美術商の娘夫婦が奪って飛行機で逃走したかに見せかけて、エンドロールでは空港の検問に捕まりバッドエンド。誰一人救われてない。結局何がしたかったの?というエンディングになってしまった。

このオークション後の一連のシーンだけで、この映画の評価はマイナス5億点に失墜しました。

足立紳の脚本は『キャッチボール屋』『お盆の弟』『14の夜』と好きだっただけに残念でした。

ただ、これはきっと製作委員会方式や東映の偉い方が悪いんだと思うので、次回作に希望を抱いて待つことにしよう。

ブロトピ:映画ブログの更新をブロトピしましょう!
ブロトピ:映画ブログ更新

関連記事

【ネタバレなし】『ビジランテ』入江悠が描く地方都市のギリシャ悲劇

ビジランテ(2017) 監督:入江悠 出演:大森南朋、鈴木浩介、 桐谷健太、篠田麻里子et

続きを読む

「カフェ・ソサエティ(Café Society)」ウディ・アレンの小粋な1930年代ドラマ

カフェ・ソサエティ(2016) Café Society(2016) 監督:ウディ・アレン 出演:

続きを読む

“Ç”「ザ・ウォーク」3Dど真ん中で狂った世界を楽しめ、ジョゼフ君の仏語にも注目!

ザ・ウォーク(2015) THE WALK(2015) 監督:ロバート・ゼメキス 出演:ジ

続きを読む

“Ç”性転換ロックシンガー、ベルリンを語る「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」

クールで壮絶な映画「ヘドウィッグ・アンド・アングリーインチ」ついに鑑賞! アメリカのカルト映画

続きを読む

【映画遠足】「階段通りの人々」オリヴェイラ版「どん底」

階段通りの人々(1994) A Caixa(1994) 監督:マノエル・ド・オリヴェイラ

続きを読む

“Ç”じじいの討ち入り「龍三と七人の子分たち」

TOHOシネマズ新宿でヤクザ映画「龍三と七人の子分たち」 午前8時の新宿歌舞伎町は、 ゲロとゴミ

続きを読む

“Ç”飲兵衛女警官と虐待児童のゆりゆり「私の少女」

A Girl at My Door 監督:チョン・ジュリ 出演:ペ・ドゥナ、キム・セロン

続きを読む

“Ç”第88回アカデミー賞予想~撮影賞&編集賞~ルベツキ前代未聞3年連続受賞!?

撮影賞 ・エド・ラチマン「キャロル」 ・ロバート・リチャードソン「ヘイトフル・エイト」 ・

続きを読む

「感傷的な運命」幻のオリヴィエ・アサイヤスを観た!現在快進撃中イザベル・ユペール出演作

感傷的な運命(2000) Les Destinées Sentimentales(2000)

続きを読む

【ネタバレ解説】「光りの墓」アピチャッポン監督に質問してみた

光りの墓(2015) Cemetery of Splendour(2016) 監督:アピチャ

続きを読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【重要なお知らせ】サーバー引っ越しに伴う画像が見えない件

先日、ブログ記事「【悲報】ココマルシアター初回「マイ・ビューティフル・

【自己紹介】チェ・ブンブンってナニジン?

チェ・ブンブンとは? 社会人1年目の映画オタク。 年間500本、映

【解説】『リズと青い鳥』カイエデュシネマに観て欲しい!幻滅は愛を囀る

リズと青い鳥(2018) 監督:山田尚子 出演:種崎敦美、東山

『タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜』ソン・ガンホの満面の笑みが光州事件で…

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2017) 택시운전사(201

『いぬやしき』ブリュッセル・ファンタスティック国際映画祭は制したが…

いぬやしき(2018) 監督:佐藤信介 出演:木梨憲武、佐藤健

【ネタバレ解説】『レディ・プレイヤー1』全情報科教員に告ぐ!本作を生徒に魅せるのだ!

レディ・プレイヤー1(2018) Ready Player One(

【寅さんフルマラソン 総括】「男はつらいよ」総選挙 結果発表!※最終回

祝:「男はつらいよ」完走! 「男はつらいよ」シリーズ全48作+1作品

さらに過去の記事

PAGE TOP ↑